ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

現場監理のこと

ある現場でまとまった数の大形建具が入りました。大形ゆえか?面材が途中で接がれていて、パテ処理などを行いましたが1日考え、建て主に一部工期延期の承諾をいただき、辛い事ですが全て交換することにしました。当初は良くても、これから数十年使い続ける事を考えると使用者はもちろん、作り手にとっても早く対応する事が大切だと考えました。施工者も理解していただき気持ちよくその後の対応をしてくれました。このような時の①時機を逸しない決断と、少しでも行違いを無くす為の②図面への書込み③職種別の事前打合わせ、の大切さを再認識させられた出来事でした。

赤沼 修/赤沼修設計事務所NPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2010-08-20 21:13 | 赤沼 修 | Comments(0)
<< 沖縄 等々力スタジアム >>