ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

目黒区総合庁舎建築ガイドツアー

少しさかのぼってGW前のことですが、「目黒区総合庁舎建築ガイドツアー」に参加してきました。
この庁舎はかつて千代田生命保険相互株式会社の本社ビル(設計/村野藤吾)でしたが、同社の破綻により、2003年から今の用途で使われているそうです。
d0021969_15101597.jpg

外観を特徴付けているのは、格子による彫りの深い表情です。
これはアルミ鋳物製で、今の金額にすると1ピースで240万円ほどとか!

他にも、村野藤吾らしい造詣があちこちに見て取れます。
d0021969_1595726.jpg

玄関ホールの特徴的なかたちの開口部。
d0021969_15111255.jpg

天井には8つのトップライトがあり、内側に作野旦平制作のガラスモザイクで四季が表現されています。
d0021969_15105423.jpg

翼を広げたようなアプローチの庇。
d0021969_15112961.jpg

正面と妻壁との取り合い。
正面はガラス鋳物で、妻壁は大理石です。
このように、異なる仕上げ材が隣り合う場所の納め方と言うのは、設計では常についてまわる問題ですが、楽しいところでもあるのです。

最後に、ボランティアでガイドを務めてらした建築家の若原一貴さん(右)と記念撮影。
この階段も見所満載です。
d0021969_1572046.jpg

建築を見学するときは、設計者の目線に立ち、平面・断面のプランニングから材料の選定、デザイン、納まりを意識するように心がけています。
じっと観察して、気付き、考えることが大切なんでしょうね。
今回は、若原さんの確かな観察眼に触れられて、とても有意義な時間を過ごせました。

このガイドツアー、今年はもう定員になっているようですが、来年も開催されると思います。
少しでも興味を持たれたら、ぜひ参加してみてください。
おすすめです。

村田淳/村田淳建築研究室
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2015-05-14 15:45 | 村田 淳 | Comments(0)
<< 「東京国立近代美術館へ」 共同作業 >>