ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

近江八幡

先日、近江八幡に立ち寄りました。近江商人発祥の地と言われておりますが、ヴォーリーズさんが手がけた洋館が残る街でもあります。ウイリアムメリルヴォーリーズさんは明治の終わり頃、英語教師として日本に来たとのこと。建築は好きだったけれど宣教師の活動を選び建築の専門教育は受けなかったらしいですが、日本で次から次へと1500とも1600ともいわれる数の建物を作っています。1900年代前半期にどうやってそんなに多くの件数を作ることができたのでしょうか。興味深いところです。
d0021969_15374065.jpg

旧ヴォーリーズ自邸

d0021969_15415628.jpg
旧八幡郵便局

ヴォーリーズさんの代表作ともいえる大阪心斎橋の大丸は来年解体されてしまうそうです。
一度見ておきたいと思っていますが間に合うのかどうか?
近江八幡には他にも気になる建物がありました。
d0021969_155445.jpg

かわらミュージアム。瓦についての展示が多数あります。

d0021969_15564568.jpg

和菓子たねやさんのショップ。芝生の勾配屋根は初めて見ました。冬はどうなるのでしょうか?
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2015-09-30 16:01 | 久保木保弘 | Comments(0)
<< 職場体験その後 沖縄 >>