ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

日のあたたかさ

ブログ当番は小野です。
だんだんと冬が近づいて、朝晩は寒くなりましたね。
先日、4月にお引き渡ししたお宅の建て主さんに電話しました。

季節が変わって、何か変化がありましたか?と尋ねたところ、日が落ちてから帰宅しても、家の中が温かくて驚きます、という答えが返ってきました。

床暖房もありませんが、2階の南面に開けた大きな窓から昼間に日が入り、家を温めているようです。

d0021969_19122718.jpg

窓の前には軒が深いテラスがありますが、それでも冬場の陽は入ってくれています。

設計中にパソコンを使って、どれくらい日が入るか、簡単な3Dで日の動きをチェックをします。そうやって確認はしていましたが、実際お話を伺って改めてよかったと、嬉しい話でほっこりです。

d0021969_19124770.jpg

階段も南に配置、大きな窓を取っています。この窓もかなり効いていると思います。


小野育代/小野育代建築設計事務所
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2015-11-13 19:05 | 小野育代 | Comments(0)
<< お掃除テンション上昇中。 二地域居住を応援します! >>