ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

愛知

本日の窓口当番の丸石です。
d0021969_10475864.jpg

炎上する名古屋城天守。

さきの戦争の空襲によって、昭和20年の5月に、江戸時代のお城の遺構は 多くが焼け落ちてしまったようです。

戦前、名古屋城は 天守はもちろん、本丸御殿など、24棟にものぼる建物が国宝に指定されていたそうです。もし、今でも残っていれば、日本一! 姫路城を超えるものだったに違いありません
d0021969_1134432.jpg

そんなことで、昨年のことですが、愛知は、名古屋に行ってきました。お仕事の帰りに、話題の復元されつつある、本丸御殿の見学です。お堀のかなたに見える、天主が遠い。入口が見つからず、何人かの地元の方に、行き方をお聞きしながら お堀を1時間近くかけてまわりました。
さすが、尾張徳川家が誇った 巨大なお城です。
d0021969_1118099.jpg

上の写真は、本丸御殿の復元工事前の 現代の名古屋城の様子です。天守は 昭和34年にSRC造で 外観復元されたそうです。
d0021969_1120327.jpg

こちらは 焼失前の名古屋城の様子です。建物がぎっちり詰まっています。人力で作られた巨大建造物。「すごいなぁ。」です。
d0021969_11443194.jpg

お目当ての、復元中の本丸御殿です。伝統工法にのっとり、飾り金具、障壁画、和紙にいたるまで、忠実に再現しようとしているそうです。ヒノキの香りが、室内にあふれています。

案内係の方にお聞きしたところ、現在名古屋市では、名古屋城天守閣も 木造で復元(!)される話しが持ち上がっているそうです。
d0021969_123302.jpg

天守閣が木造で 復元されるようになれば、現在の このSRC造の天主を貫く、中央階段も姿を消すことになります。 6層、18mを超える吹き抜けなので、なかなかの迫力です。
 
上から見下ろしています。お城の案内のおじさんに、お話しをお聞きすると、「待ってました!」とばかりに、いろいろとお話しをしてくださります。

もう、ご自分の孫自慢をするように、熱く、熱く、お話しされる姿を見て、名古屋の方の 名古屋愛は 半端ではない。ということが よく よくわかりました。 

丸石隆行/techtohook 丸石隆行一級建築士事務所
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2016-01-21 23:47 | 丸石 隆行 | Comments(0)
<< 受験シーズン。 姿をあらわした建物 >>