ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

碌山美術館と生徒達

こんにちは。
本日の当番は山下和希です。
今朝、長野県安曇野市から高速バス「草間弥生号」(我が家では  弥生ちゃんバス と呼びます)に乗車し、事務所にやってきました。

長野県は多くの名だたる芸術家の出身地でもあります。
私が暮らす安曇野市近隣ですぐに思い出せるのは、草間弥生氏はもちろん、漆芸術家の高橋節郎氏彫刻家の萩原碌山氏

中でも萩原碌山氏は穂高地域に暮らす子供たちに最も身近な芸術家だと私は思います。
次女が通う穂高東中学校の敷地内に「碌山美術館」があり、毎日の清掃の時間には生徒たちが清掃をし、夏休みには「碌山美術館」を訪れ鑑賞し課題をこなすのです。時には授業中に見学に行ったり、学芸員の方のお話を聞く事もあるとか。
豊かな自然に囲まれ、郷土の偉大なる芸術家の貴重な作品を目にすることができるこの地域の子供たちは恵まれていると思います。

d0021969_1646195.jpg
安曇野観光の代表的なこの写真、見た事ある方も多いのではないでしょうか?

d0021969_16453142.jpg
水玉模様が特徴の弥生ちゃんバスです
d0021969_16455884.jpg


これからは紅葉の時季、皆さん弥生ちゃんバスに乗って信州にお越し下さい!
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2016-09-06 16:58 | 山下 和希 | Comments(0)
<< 軽井沢建築散策 気になる線 >>