ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

産地から現場まで

窓口当番の後藤です

先日の丸石さんと同じく
家づくりの会メンバーと共に和歌山へ木を見に行ってきました
d0021969_874115.jpg

何故、山まで登って
木を見に行くかというと、分業制が進む中で
なかなか
家づくりの材料の産地を。加工する姿を。眼にする機会が減ってきて
それはちょっと寂しい世界でもあり
d0021969_8143521.jpg

料理人の人が、畑に行って農家の人と話して
食材となる作物を触って、そのままガブリと味わって
これなら!と料理を思い描くような感じで

設計する人間も、山の人と話して
加工する姿を見て、これなら!と建物を思い描く事もあるんですね
(もちろん、丸太をガブリとする訳にもいかないですけど。。。)

そんな素材の産地から、建物に使えるように
最終の加工する姿も見えにくいのが、昨今の現状ですが
今、動いてる現場の大工さんは何かと自分でやらないと気が済まない
(それだけ自分に自信を持ってる証拠で、頼もしい限りですね)
現場に機械を持ち込んで、材料を加工してくれてます
d0021969_8192975.jpg

こやって自分の眼で見て、手で触れて加工された素材は
ピタッと、天井に納まるのでした
d0021969_820337.jpg

産地から現場まで、自分たちの家が
どこで、誰に育まれて
どうやって、誰が造ったか解る家づくりは本当に良いですね

後藤孝/後藤建築設計
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2016-10-24 08:01 | 後藤 孝 | Comments(0)
<< 補助事業検査 虎ノ門ヒルズ >>