ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

模型と現場の関係

d0021969_19414734.jpg
本日、ブログ当番の 白崎泰弘です。

今、工事が進行中のプロジェクトを紹介します。
用途は、3戸の長屋。
長屋というと貧相なイメージがあるかもしれませんが、窓先空地など法的条件が厳しい共同住宅に比べ、戸建て住宅に近い法規で設計できるので、戸数の少ない集合住宅をつくる時に用いられる設計手法です。

鉄筋コンクリート造ほどお金を掛けられない、だけど木造だと階下への生活音が気になるのではない、という入居者に対するオーナーの心配りを受け、1階RC、2階木造という混構造での提案となりました。

設計中に模型をつくり、画像処理ソフトで周囲を嵌め込んだり、外壁の色を入れたりしたものが上の写真です。模型写真というより、ほぼCGですね(笑)。

今現在の現場状況が下の写真。模型のイメージ通りに出来ているので、オーナーさんも安心してくれています。
d0021969_19420522.jpg
模型では表現しきれないのが、素材感。
d0021969_19423173.jpg
1階の鉄筋コンクリート部分は、杉板を転写しています。実にきれいに転写されていて、職人さんと監督さんの気持ちが伝わってきます。私も現場の監理にもうひと踏ん張り。

白崎泰弘/シーズ・アーキスタディオ

[PR]
by npo-iezukurinokai | 2017-05-22 19:46 | 白崎 泰弘 | Comments(0)
<< 埼玉 おもてなし >>