ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

台湾紀行Ⅴ 植物

台湾にも帝大があったとは知らなかった。
日本による統治時代に帝国大学として設立されたもので、日本の敗戦まで台北帝国大学としてあったそうだ。
ただ、内地の帝国大学が文部省の管轄であったのに対し、
台北帝国大学は台湾総督府の管轄だった、というのが違う。
現在は国立台湾大学と言って、台湾きってのエリート校。
このキャンパスは東大の配置計画とよく似ている。
東大には本郷通の正門から安田講堂に至る軸線と、
それに直行する道が何本かあるように、台湾大学も同じ配置計画。
日本の統治時代に帝大として作ったのだから似ることになったのだろう。
しかし規模が全く違う。台湾大学の方がはるかにデカイ。
この正門から講堂に至る軸線の両サイドには、南国らしくヤシの木がズラリと植えてある。
d0021969_17233415.jpg
このヤシの木はとっても立派。
名前を見たら、
d0021969_17233505.jpg
成る程、名前に相応しい。
このキャンパスをさらに進んでいったら、
d0021969_17233519.jpg
すごいトゲトゲがある。
恐る恐る触ってみたら、これは凶器になるくらい先が痛い程に硬く尖ったトゲだった。
名前が、すごい。
よく付けたもんだ、座布団一枚。
d0021969_17233520.jpg
さらに奥へと進んでいくと、根元の形が面白い樹があった。
d0021969_17233592.jpg
横から見たら、
d0021969_17233644.jpg
何だ、そういうことなのかと、感心したような、だまされたような。
こういう植物もあった。
d0021969_17233691.jpg
台湾大学のキャンパスは植物を見学するだけでも楽しい。
それは、台湾が亜熱帯と熱帯に属しているからだろう。
よく雨も降り植物は青々と茂っている。

これは台湾大学のキャンパスの中ではないが、
d0021969_17233684.jpg
何という名のシダか知らないけどデッカイ、凄いの一語。
最後に、台北の街中で見た、可憐な白い花。
d0021969_17233409.jpg
白い花は可憐でとっても好きなのだが、
根元に貼ってあった看板です。
d0021969_17233454.jpg
これも美人樹!
「海のマンゴー」という名前らしい。

泉 幸甫/泉幸甫建築研究所

[PR]
by npo-iezukurinokai | 2017-08-04 17:29 | 泉 幸甫 | Comments(0)
<< 台湾紀行Ⅵ 食事 台湾紀行 Ⅳ 建築街並み編 >>