ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

許されざる者

少し変わった西部劇です。
クリント・イーストウッド監督の映画の中で一番好きな映画でもあります。
黒澤明の「用心棒」のような
ディック・フランシスの小説のような。

d0021969_1945811.jpg

何が善で何が悪なのか、
主人公達もこれが果たして「義」のあることなのか
悩みながらクライマックスへと突き進んでいきます。
相方のモーガン・フリーマンも
敵役のジーン・ハックマンもとても味のある演技をしていて、
同監督の「ミリオンダラー・ベイビー」の余韻と同質の感慨が最後に残る
とてもよい映画です。

クリントイーストウッドといえば
今公開している「チェンジリング」も是非見に行かなくては!

まだまだお話ししたい映画はつきないけれど
今日で映画の話はおしまいです。

映画も小説も充実した人生のスパイスとしてとても有効なものだと思いますが
「住まい」は満足行く人生を過ごしていくのには更に大切なものだと思います。
仕事から帰って英気を養う生活の「港」として、
居心地のよい住まいはとても重要ですし
日々暮らす生活の場所としての住まいが、どこよりも居心地がよいことは
人生をより豊かにしてくれるはずです。
これから住まいを建てられる方々も、相性のよい設計者を選んで
是非居心地のよい住まいをつくってください。

一週間お付き合いくださってありがとうございました。

落合 雄二/U設計室NPO法人家づくりの会所属)

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2009-03-21 19:44 | 落合 雄二 | Comments(0)
<< こんな住宅作りたいんだけど・・・ フィールズ・オブ・ドリームス >>