ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

カテゴリ:小川 任信( 4 )

鎌倉 つづき

ここ幾日か、出かけることが多くて書き込みが出来ませんでした。ところで先日の鎌倉の散策にはもうひとつ素敵な場所を見学できました。それは建長寺です。鶴岡八幡宮から道沿いにしばらく歩くと、それは立派なお寺が現れてきました。みればわかるように塀のかべに5本のラインが入っています。これは確か寺院の格式から行って最上級の位だと記憶しています。門をくぐると立派な伽藍の構成が徐々に現れてきます。昔、何かを参考にしてつくったにしても宗教の力とその信心の深さを目の当たりにするにつけ、圧倒されるものがあります。何かに対する畏怖のこころや他人への思いやりの心など昔僕たちの小さかったころ、ごくごくあたりまえのように話題になった。いまはどうだろうか?いらつくから人をナイフでキズつけてもかまわねえんだ、と言う。社会が悪い回りが悪い。。。人のせいにするな。「怪我と弁当は手前もち」こんな言葉はいまどこへいってしまったのだろう?
小川任信建築設計事務所;小川任信d0021969_1573469.jpg
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2008-06-23 02:01 | 小川任信建築設計事務所 | Comments(0)

鎌倉にて

昨日、鎌倉に行ってきました。小学校の江ノ島鎌倉旅行以来だと思います。行って見ると何故か覚えのある風景がありました。昔のことなのに良く覚えているものだと。鎌倉駅でおりて食事をしたあと小町通りをぬけて鶴岡八幡宮に向かった。確か昨日は火曜日。ものすごい人出でまるでお祭りのようなにぎわいでした。いまの鎌倉は紫陽花の観光シーズン人の列がだらだらと続くひとまたひと」、途中、喫茶店でアイスコーヒーを飲みながら、そこに身をおく自分のことをしばし考えた。日本人ってブームに乗りやすい,そしてさめやすい。いつまで続くかこの騒ぎ。流れに逆らわずに建長寺にたどり着き大伽藍を見学。暫らく歩くと明月院に着いた。いわゆる、ここがあじさい寺である。普段人のいない時だといい雰囲気なのかもしれませんがなにせひとだらけ、昼間ではなく夜に月明かりの下でその風情を観賞したら素敵なのかもしれませんね。
d0021969_16421257.jpg
d0021969_16423679.jpg


小川任信建築設計事務所:小川任信
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2008-06-18 16:45 | 小川任信建築設計事務所 | Comments(0)

コンクリートが危ない

小川 任信/小川任信建築設計事務所((NPO法人家づくりの会所属)

あの事件はいつだったのだろうか?つい最近のような気もすれば、ずっとむかしのようなきもする。耐震偽装問題だ。人のうわさも75日というが、そろそろ気にかけなくなったころ6月26日を境にたいへんな事態になった。建築確認制度というものが変な具合に改正施行されました。

姉歯事件を糊塗するかのように厳しい法改正で範を示し、国民の信を得ようとしたとしか考えられないような法の施行、それも準備d0021969_13271472.jpg不足のままで。検査機関の混乱ぶりはひどいものです、書類を事前審査と称して受け取り内容の不備がなくなるまでチェックし正式受理後の訂正を一切うけつけないとする骨子である。つまり内容の審査が必要以上に厳しくなると言うことです。木造2階建て以外で3号建築の事前審査をだしたところ、給排水設備図、電気設備図を添付のうえガス器具のカタログや雨水、排水桝のカタログ等の添付まで、これでは従前の二倍は時間がかかると言うのもわかります。こんなことをしてもなーにも変わりはしないのがなぜ解からないのか、理解に苦しみます。

確認申請許可をもらってもそのおりに建築しなければ全く意味がないからです。一部の悪意の持ち主のために善良な施工者が白い目で見られてしまう。それには責任を持ちたがらないお役所がすべきことは、設計者、施工者が保険にはいって仕事をするような体系をつくれば自己責任名の元においてそれが行われることでしょう。さらに中間なり抜き打ちなりに立ち入り検査を行い不備があれば工事中止の措置がとれるようにすれば変なことをしなくなるのではないでしょうか。

話は変わりますが表題の「コンクリートが危ない」小林一輔著 岩波新書を読んでみてください。1999年に出された本です。8年前に書かれたものですがなかなか読みでのあるものです。責任の所在をいうまえに、してはいけないことを国のトップが平然とお役所仕事としてやって、なんの反省もないことが良くわかります。

4日(木)の家づくり相談窓口担当者→濱田 昭夫/TAC濱田建築設計事務所
5日(金)の家づくり相談窓口担当者→田代 敦久/田代計画設計工房
TEL:03-5771-6051(午後2時ー6時:無料)(担当者が変更の場合もございます。ご了承ください)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2007-10-03 14:40 | 小川任信建築設計事務所 | Comments(0)

ロマングラス


小川 任信/小川任信建築設計事務所(NPO法人家づくりの会所属)


 NPO法人 家づくりの会ホームページの表紙の建物は7年前に建てた自社ビルです。新築祝をするつもりが、ついそのままになってしまい、今に至っています。そのときお返しにとある作家に頼んでつくった品が写真の作品です。

ローマングラスと同じ製作方法で作られています。一作品にひとつの型をつくり、ガラスの粉を溶かしたものを流し込んで作ります。45個も作りましたが、いまだに事務所の箱の中に眠っています。皆に楽しんでもらおうと思いついたものの残念でなりません。どこかのガラス工藝館でみた古代のローマングラスの、その素朴な形や色に惹かれて現代風になったらどうかと思い、作っては見たものの、いままさに日の目を見ない化石になろうとしている。

d0021969_17192326.jpg

[PR]
by npo-iezukurinokai | 2007-10-01 17:53 | 小川任信建築設計事務所 | Comments(0)