ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

カテゴリ:赤沼 修( 47 )

婦人之友

婦人之友9月号「健康往来」在宅介護を支える住まいについて執筆協力をしました。
介護しやすい住まいのポイントや介護保険サービスの利用方法について事例図面を紹介しながら分かり易くまとめられています。
d0021969_23411231.jpg

また、今月の座談会は、柏木博、染谷正弘、鈴木弘恵の御三方で、デザインからモノや社会、建築や暮らしに広がるとても興味深いお話です。
その他にも読み応えのある豊富な内容には驚きました、B5版の小冊子で様々な場所で読むことができます。
興味のある方は是非ご覧ください。
詳細はこちら

赤沼修/赤沼修設計事務所 (家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2015-08-19 23:56 | 赤沼 修 | Comments(0)

「家づくりカフェ」@市ヶ谷

土曜日は「在宅で共に暮らす」というテーマでお集まりいただきました。

私自身の体験談をかわきりに、皆さんそれぞれの課題や想いを自由にお話しいただき3時間のカフェもあっという間に終わってしまいました。
テーマは似ていても、皆さんそれぞれの条件や課題、想いの違いに家づくりの奥深さと楽しさを感じることが出来ました。
お集まりいただいた皆さんも、きっと住まいや暮らしのヒントを見つけていただけたと感じています。
d0021969_1236224.jpg

詳細はこちら

家づくりカフェは会の建築家がそれぞれのテーマを設け、毎月2回ほど土曜日の午後に開店しています、来週27日は吉原さんのカフェがあります、ご興味のある方は是非ご参加ください。

赤沼修/赤沼修設計事務所
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2015-06-21 12:46 | 赤沼 修 | Comments(0)

圓融寺

GWの少し前になりますが、目黒の碑文谷にある圓融寺で第一回オーガニックマーケットが開催され自転車で行ってきました。
家づくりの会の忘年会で、建築編集事務所を主宰している中村謙太郎さんから編集されたパンフレットをいただき近い事もあり楽しみにしていました。
d0021969_1362249.jpg

参道の出店は竹と白布でテントが組まれ健康に良さそうな食材や品物が良く引き立ちます。
お祭りの派手な出店も良いですが、素朴でまた違った良さを感じました。
d0021969_1311986.jpg

本堂内や東屋からはライブステージの音楽が流れ、普段入れない社務所の塀の向こう側、客殿ではヨガや座禅のワークショップが開かれています。
塀を抜け、旧庫を利用した休憩所に入ると参道のにぎやかさとは打って変わって素晴らしい静かな庭が広がり、琴の演奏をしていました。
出店でタイの中古太鼓を息子たちに買って帰りましたが、これがとても好評で気が付くと良くポンポン叩いています。

赤沼修/赤沼修設計事務所 (家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2015-05-09 23:45 | 赤沼 修 | Comments(0)

薪ストーブでランチ

先日、お引渡しを終えた建て主さんからランチのお誘いを頂きました。
薪ストーブの暖かさと、ストーブで焼いたピザやお料理は格別に美味しく、お酒もいただきとても楽しいひと時でした。
通り土間でのランチは初めてとの事でしたが春風の季節も楽しめそうで、様々な使い方ができそうです。
楽しい宴をありがとうございました。
d0021969_9385677.jpg


赤沼修/赤沼修設計事務所 (家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2015-03-09 23:38 | 赤沼 修 | Comments(0)

区民講座「家づくり教室」

今週末は、私が所属する東京建築士会大田支部の活動で「家づくり教室」を行います。
「家づくりの基本知識」「建物の構造と耐震」「家とくらしのリノベーション」の講座があり、私は3時半から1時間ほど「リノベーション」講座を担当します、ご興味ある方は是非お越しください。
大田区後援の区民講座ですが区外からの参加も可能ですのでお問い合わせください。
d0021969_0182861.jpg

日時:1月31日(土)13:30~17:00
場所:大田区消費者生活センター2階第6集会室
(JR蒲田駅より徒歩3分)
受講ご希望の方は、申込書又は赤沼修設計事務所までお問い合わせください。詳細はコチラ>>

赤沼修/赤沼修設計事務所
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2015-01-28 23:14 | 赤沼 修 | Comments(0)

一卓多用テーブル

このテーブルは、食事だけでなく休息や家事作業もこなせるように通常のダイニングテーブルよりも奥行きがあり低めに製作しています。
椅子も座面が低く広めで多用性のあるものを選びました。長手の二脚は豊口克平さんデザインのトヨさんの椅子、肘掛けのある方が秋岡芳夫さんデザインのあぐらのかける男の椅子です。
大勢集まった時には箱脚を倒せば座卓に早変わりし、同じく製作したテレビ台を組み合わせると1.5倍の大きさになる、一卓多用のテーブルです。

d0021969_23523051.jpg

引込み戸を納めれば隣の寝室とワンルームに繋がりベッドで寛いだり・・・
狭くても家具やプランを工夫して物をあまり増やさずに、ゆったり広々と暮らせます。

赤沼修/赤沼修設計事務所NPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-10-25 23:52 | 赤沼 修 | Comments(0)

原稿準備

家づくりの会、会員による書籍が来春ごろ発刊される予定です。
私も幾つかの項目を執筆させていただき、原稿や写真、図面の準備をしています。
普段設計をしながら考えていることを分かり易い文章にして伝えるのはなかなか難しく、読み直しては何度も書き換えています。
発刊の折には是非ご覧ください。
d0021969_23522823.jpg


赤沼修/赤沼修設計事務所NPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-10-24 23:55 | 赤沼 修 | Comments(0)

東急病院

今日は母の通院の付き添いで東急病院へ行ってきました。
在宅で介護を始めて3年半になります、複数の科を掛け持ちでの受診ですが、2階フロア―に診療室や検査室がまとまっているのでとても助かります。

d0021969_19232340.jpg

旧東急病院は私が小さい頃からお世話になり、子供たちが生まれた思い出のある建物でしたが、駅の地下化と建物の老朽化を契機に、敷地を近くの大岡山駅の上に移し2008年に建替えられました。
電車の振動や電磁波、騒音が伝わらないような工夫や、外観はツタによる壁面緑化がされています。外観デザインは道路を挟んでお迎えにある東工大の安田幸一研究室+安田アトリエです。
1階下層部分が病院のエントランスホールにあたり、視線や癒し効果を意識してか、土壌の影響もあると思いますが、上層階よりもツタが良く茂っていました。

d0021969_19234062.jpg

2階休憩コーナーから西の方角に、東工大の百年記念館(設計:篠原一男)が見えます。
以前は駅前広場からも富士山に夕日が沈む景色が見られました、高い建物が建ち富士山ポイントは減りましたが今でも澄んだ日には綺麗な夕日が見えます。

赤沼修/赤沼修設計事務所NPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-10-22 19:32 | 赤沼 修 | Comments(0)

12年目のメンテナンス

今週のブログ担当は赤沼です、よろしくお願いします。

先日、竣工して12年目のお宅のメンテナンス工事を行いました。
外壁は今回も竣工当時と同じベンガラ色にし、屋根には遮熱塗装、軒裏や木製玄関扉なども塗替え、サッシ廻りのシーリングを打ち直しています。
d0021969_18161042.jpg


ウッドバルコニーは手摺や梁の天端、雨が落ちる庇先の傷みが特に目立ったため、新たに架け直し、天端を板金唐草で保護して木材保護塗料を塗り、庇には横樋を設けました。
庭先の桜は12年で軒先を超えるまでに成長し剪定も行い、気持ちのよい木漏れ日のバルコニーになっていました。
d0021969_1816318.jpg


この他に、汚れたプリーツスクリーンを交換し部屋を整理したり、天窓に電動ブラインドを設置したり、キッチン面材の補修塗替えなど・・・
メンテナンスは建物の維持はもちろんですが、普段なかなか手を付けない事柄や暮らしを見直す良い機会にもなります!

赤沼修/赤沼修設計事務所NPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-10-20 18:29 | 赤沼 修 | Comments(0)

竣工後3年目

昨日の大雪で本日予定されていた「第二回家づくり大賞・公開審査」は延期となりました。
運営担当の方々は準備や手配で大変なところ、さらに変更の確認や連絡などご苦労様でした。
今日はその様子をお知らせしようと思っていたので残念ですが多くの応募作品が集まる中、一般投票数も第一回を上回ったようです、今後のイベントを是非ご期待ください。

先日、竣工後3年が経つお宅へ雑誌の取材で伺う機会がありました。
お引渡し後1年点検以降なかなか伺う機会もなく、雑誌などの取材や撮影は住まい手のご負担にもなりますので、実際の暮らしの様子を拝見したりお聞き出来る大変貴重な機会です。

中庭を挟んで前面道路側に位置する2階ダイニングキッチンの様子。
横長窓上のブラインド受けを兼ねた小棚に絵や思い出の小物が飾られ楽しい雰囲気になっていました。
d0021969_21575955.jpg

2階中庭と南に面した階段ホールの様子。
ベンチの下はソーラー横引きダクトで冬の陽射しが良く入り暖かく昼寝や読書をするお気に入りの場所になっていました。夏は3階バルコニーの軒に加えてゴーヤカーテンを植え遮光していますが、少し地下に入った1階アトリエの方がより涼しいそうです。
d0021969_21595868.jpg

中庭を挟んで一番奥にあるリビングの様子。
比較的交通量の多い道路からの影響もなくダイニングキッチンよりも落ち着いた雰囲気が実感できました。
d0021969_220663.jpg

左は1階アトリエとトップライト、右は3階階段ホールと物干しバルコニーの様子。
d0021969_2201785.jpg

竣工から3年、いつもの居場所には家具やクッション、白い壁には奥さま自作の絵や写真、思い出の品々が飾られすっかり住まい手の個性で彩られていました。

赤沼修NPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-02-15 22:02 | 赤沼 修 | Comments(0)