ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

カテゴリ:赤沼 修( 49 )

12年目のメンテナンス

今週のブログ担当は赤沼です、よろしくお願いします。

先日、竣工して12年目のお宅のメンテナンス工事を行いました。
外壁は今回も竣工当時と同じベンガラ色にし、屋根には遮熱塗装、軒裏や木製玄関扉なども塗替え、サッシ廻りのシーリングを打ち直しています。
d0021969_18161042.jpg


ウッドバルコニーは手摺や梁の天端、雨が落ちる庇先の傷みが特に目立ったため、新たに架け直し、天端を板金唐草で保護して木材保護塗料を塗り、庇には横樋を設けました。
庭先の桜は12年で軒先を超えるまでに成長し剪定も行い、気持ちのよい木漏れ日のバルコニーになっていました。
d0021969_1816318.jpg


この他に、汚れたプリーツスクリーンを交換し部屋を整理したり、天窓に電動ブラインドを設置したり、キッチン面材の補修塗替えなど・・・
メンテナンスは建物の維持はもちろんですが、普段なかなか手を付けない事柄や暮らしを見直す良い機会にもなります!

赤沼修/赤沼修設計事務所NPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-10-20 18:29 | 赤沼 修 | Comments(0)

竣工後3年目

昨日の大雪で本日予定されていた「第二回家づくり大賞・公開審査」は延期となりました。
運営担当の方々は準備や手配で大変なところ、さらに変更の確認や連絡などご苦労様でした。
今日はその様子をお知らせしようと思っていたので残念ですが多くの応募作品が集まる中、一般投票数も第一回を上回ったようです、今後のイベントを是非ご期待ください。

先日、竣工後3年が経つお宅へ雑誌の取材で伺う機会がありました。
お引渡し後1年点検以降なかなか伺う機会もなく、雑誌などの取材や撮影は住まい手のご負担にもなりますので、実際の暮らしの様子を拝見したりお聞き出来る大変貴重な機会です。

中庭を挟んで前面道路側に位置する2階ダイニングキッチンの様子。
横長窓上のブラインド受けを兼ねた小棚に絵や思い出の小物が飾られ楽しい雰囲気になっていました。
d0021969_21575955.jpg

2階中庭と南に面した階段ホールの様子。
ベンチの下はソーラー横引きダクトで冬の陽射しが良く入り暖かく昼寝や読書をするお気に入りの場所になっていました。夏は3階バルコニーの軒に加えてゴーヤカーテンを植え遮光していますが、少し地下に入った1階アトリエの方がより涼しいそうです。
d0021969_21595868.jpg

中庭を挟んで一番奥にあるリビングの様子。
比較的交通量の多い道路からの影響もなくダイニングキッチンよりも落ち着いた雰囲気が実感できました。
d0021969_220663.jpg

左は1階アトリエとトップライト、右は3階階段ホールと物干しバルコニーの様子。
d0021969_2201785.jpg

竣工から3年、いつもの居場所には家具やクッション、白い壁には奥さま自作の絵や写真、思い出の品々が飾られすっかり住まい手の個性で彩られていました。

赤沼修NPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-02-15 22:02 | 赤沼 修 | Comments(0)

上棟式

今日はこの冬2回目の積雪になり、現場の方々は大変ご苦労様です。

先日、高齢のご両親と娘さんご夫婦のための2世帯住宅の上棟式を行いました。
現場では外壁と床をシートで囲い寒さ対策と仮設テーブルの準備を、建て主さんにはお赤飯に折り詰、寸胴鍋に暖かい汁物を全て自家製でご用意いただき、皆さんで安全祈願のあとお昼にいただき和やかな上棟式になりました。
d0021969_16154750.jpg


鳶職の方が羽織っているのは梯子乗りの半纏で上棟式にはあまり着ないそうですが色彩や帯ラインの太さの変化が絶妙で素敵です、今もそれぞれの地域に組があり上棟の時にはご挨拶するそうです。背中には四番と書かれています。
d0021969_1616131.jpg


お土産に奥さまと息子さんの手作りクッキーをいただきました、家型クッキーの煙突の話題から薪ストーブへと夢が広がっています。
d0021969_16161377.jpg


赤沼修NPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-02-14 16:19 | 赤沼 修 | Comments(0)

LEDペンダント照明

照明設計の時に困るのがシンプルで比較的コストも安く定番にしている機種が毎年のように入れ替わり廃盤になることです、それに LEDが加わり益々複雑になっています。
いつまでも変わらず使われ続けている器具は貴重で選択する時の目安の一つにしています。

今までペンダントは白熱灯を使っていましたが使用時間が長いこともあり今回の設計ではLEDの中から機種を選び、大きさや、質感、明るさ(特にLEDの場合は表記があいまいで実感しづらい)を確認するためショールームへ行ってきました。

斜め天井吊と言う事もあり当初引掛けシーリング2灯で設計していましたが、実施では将来3灯にも増設できるよう配線ダクト仕様の埋め込みに変更しています。

d0021969_1954275.jpg

実際に2灯と3灯で確認してみました、器具間を離せば2灯でも行けそうです。

赤沼修NPO法人家づくりの会所属
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-02-12 20:05 | 赤沼 修 | Comments(0)

家づくり学校「4年生発表会」

今週のブログ担当は赤沼です、よろしくお願いします。

一昨日は前日降った雪の残る自由学園で行われた「家づくり学校」4年生の最終発表会に参加しました。
4年生は座学、素材や技術の見学、課題を学んだ後、具体的な敷地を設定し1年間各スタジオで基本構想から実施設計までまとめ上げます。
課題となる敷地や家族構成など基本条件は同じですが、各スタジオ講師と受講生の考え方が反映され様々な切り口で設計案が提示されていました。
学んでこられた受講生は仕事や設計の経験も様々ですが確実に建築力は伸びています、その中で特に伸び代の大きい設計案が優秀賞に選ばれたようです。
d0021969_1792581.jpg

d0021969_1710898.jpg
川崎スタジオから発表が始まりました。

d0021969_17105921.jpg
優秀賞選考にあたり真剣に議論する講師スタッフの様子。

d0021969_17223514.jpg
優秀賞の皆さん、おめでとうございました。

受講生、講師スタッフのみなさま1年間大変お疲れ様でした。

赤沼修/赤沼修設計事務所
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-02-11 17:27 | 赤沼 修 | Comments(0)

お引渡し

本日は建て主さんの出張などで延びていた完成建物のお引渡しを行いました。
完成からお引渡しまで時間が取れたため十分な換気や気が付いた不具合部分の調整などを入居前に行うことが出来ました。お引渡しの時には建具や家具、内外装、設備の操作やメンテナンス方法、注意事項をご説明しながら全体を見て廻ります。その様子の写真をご紹介して今週の私のブログを終わりたいと思います。

d0021969_16345293.jpg

木製引込み建具の操作方法や注意事項の説明と確認。

d0021969_16353768.jpg

パッシブソーラー床吹出し部分の操作及びメンテナンス方法の説明と確認。

d0021969_16355690.jpg

設備機器コントローラーの操作方法の説明と確認。

d0021969_163685.jpg

造作家具の動きや棚の移動方法などの説明と確認。

d0021969_1636372.jpg

シャッター、サッシ、プリーツスクリーンの操作方法の説明と確認

d0021969_16365458.jpg

ベランダ物干金具の取付け位置と高さの確認及び転落防止のため物を置かないよう注意説明。

d0021969_1637264.jpg

床のメテナンス方法の説明及び2階廻りの確認。

d0021969_16373939.jpg

小屋裏パッシブソーラー機器のメンテナンス方法の説明と確認。

d0021969_16375542.jpg

2階階段廻り仕切り戸の操作方法の説明と確認。

d0021969_16381433.jpg

外部雨水タンクの操作及びメンテナンス方法の説明と確認。

d0021969_16384286.jpg

外構廻りのメンテナンス方法の説明と確認。

d0021969_16385914.jpg

建て主さんに施工者、設計者で機器説明書、保証書、その他必要書類や鍵を提出し恙無くお引渡しが完了しました。

赤沼修/赤沼修設計事務所<家づくりの会所属>
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2013-06-01 16:47 | 赤沼 修 | Comments(0)

建築知識8月号

今日は家づくりの会有志で共同執筆中の「建築知識8月号」特集記事の内容をまとめています。
私の担当テーマは寝室で「夫婦の寝室をゆるやかに分ける」です、共働きご夫婦の事例の図面や写真、解説文を目薬打ちながらパソコンに打ち込んでいきます。大変ですが自分の仕事を改めて見つめなおす良い機会でもあります。7月20日発売予定です、是非ご覧下さい。
d0021969_23972.jpg


赤沼修/赤沼修設計事務所<家づくりの会所属>
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2013-05-31 02:07 | 赤沼 修 | Comments(0)

打合わせ模型

昨日は建て主さんと基本プランの打合わせを行いました。
西側隣地の東南に10メートルを超えるシラカシ(区指定保存樹)があり、東南には遠くまで視界の抜ける道路があります、南隣地建物からの視線も気になります。計画上大切な特徴となる周辺環境と計画建物との関係を理解していただくため模型を作りました。図面を読み解くことが難しい高齢のご両親にも分かりやすく高評でした。
d0021969_19283219.jpg

赤沼修/赤沼修設計事務所
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2013-05-28 19:33 | 赤沼 修 | Comments(0)

植木見学

今週のブログを担当します、赤沼修設計事務所/赤沼です。

昨日は家づくり学校2年生の授業に参加しました。私が今期スタッフとして担当する2年生は建築素材の生産現場や古建築などを見学します。
第1回は「植木」がテーマで調布市深大寺にある「曼珠苑」さんの植木畑を造園家の佐伯さんと引率講師の村田さん(家づくりの会)午後から泉校長(家づくりの会)も加わって様々な樹の性質や特徴、具体的な植栽方法について植木を見ながらお話いただきました。
d0021969_0173755.jpg

昼食後、「曼珠苑」親方の内田さんのご自宅(茅葺屋根の素晴らしい家)で植木と農作物では適する土壌が違うことや長年の経験に裏打ちされた貴重なお話をお聞きすることが出来ました。
d0021969_0174897.jpg


赤沼修設計事務所
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2013-05-26 23:49 | 赤沼 修 | Comments(0)

システムキッチン vs 造作キッチン

今週のブログ担当も最後になりました、今日はキッチンについてお話します。

殆どの住宅では様々なクラスがあるとは言えシステムキッチンが使われています、その方が建て主は選びやすいし、設計者は考えて図面を書かずにすみ、施工者はメーカーに任せるだけで楽に施工できるからです。一方造作でキッチンを作るには設計も施工も大変手間が掛かります、それでも様々な可能性に気が付きその良さを勧めずにはいられなくなるのです、例えば使用されている基材強度の違いや引手の質感であったり、引出しであれば高さや幅、奥行きなどスペースの使い方の違い、様々な家電や食器の収納方法や使われている金物など・・・
言葉や写真で説明してもなかなか理解してもらうことが難しいと感じていましたが、今回造作で計画しているキッチンと似た内容(引出しは2割減)のシステムキッチン(中の上クラス)の見積を取る事が出来ました。メーカー掛率を6掛けとしても結果は造作の方が若干安く内容も加味すれば決して高くはない、またガスレンジやレンジファン、食器洗機、キッチン水栓などの付属機器の価格が1/3以上を占めていて価格に大きく影響している事も実感でき、今後のコスト調整や説明の良い参考になりました。
d0021969_2324816.jpg
上はシステムキッチンの見積図面、下は造作キッチンの実施設計図面

赤沼修/赤沼修設計事務所 (家づくりの会)所属
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2012-09-29 23:19 | 赤沼 修 | Comments(0)