ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

<   2007年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

展示会をしています

    地域密着型の活動として多摩市のコミュニティセンターギャラリーで
    展示会をしています。

   「建築」と「ガラス」

    住まいを楽しく   光り・日差し・ガラス

   として、私とステンドグラス作家とのコラボレーションです。
 住まいに日差しや明かりを効果的に取り入れた住宅のパネルと模型

 窓辺や室内のコーナーを演出するランプシェード

 ステンドグラスパネルと木材のオブジェ 等

  地域の人の目を楽しませながら、生活をちょっと振り変えるきっかけになれば
  と思います。

  多摩市内  ゆう桜ヶ丘コミュニティセンターギャラリーで11月3日まで

           長谷部 緑    長谷部建築設計事務所
                         家づくりの会 会員

d0021969_23501677.jpg

d0021969_23513790.jpg

[PR]
by npo-iezukurinokai | 2007-10-31 23:41 | 「家づくりの会」全体 | Comments(0)

設計 施工 メンテナンス

 写真は静岡住宅見学ツアーで拝見させて頂いた、大正時代の住宅を改修+増築した例です。「古きに学び 新しさに生かす」をモットーにしている私にとって、多くの事を学ばせて頂きました。旧家と新築部を繋ぐ土間仕様のダイニングキッチンがこの家の核になっていました。もちろん耐震補強改修工事も一緒に行われていました。
d0021969_7161222.jpg

通り庭の向こうに見えるのがダイニンギキッチン

d0021969_7165229.jpg


私の仕事場であり居住地でもある横浜市では、今年の9月から木造住宅耐震診断事業に意欲的に取り組んでいます。(木造住宅耐震診断事業は10年前から行われていますが、それをさらに強化したのです)昭和56年以前(つまり建築基準法改正以前)に建てられた家の耐震状態を調べて、その数値によっては耐震補強改修工事を勧めるという方針です。私もこの9月から診断士として数件診断に携わりました。
 建築基準法は大きな地震が発生する毎に、丈夫な造りへと改正されてきましたから、昭和56年以前の住宅には、当時の建築基準法に適合していても、現在必要な金物等が無かったりしますから、耐震評価で「倒壊の危険はありません」という「1.0以上」の値を得る事は、なかなかハードルが高いものがあります。その中では、新築時にきちんと設計されて、設計図や確認番号が有り、メンテナンスが良くされている家は、耐震評価の数値も良くなることが分かります。
 改めて設計の大切さ、メンテナンスの大事さを噛みしめています。もちろん確かな施工が基本にありますが。

菊池邦子/テリトプラン(NPO法人家づくりの会所属)

1日(木)の家づくり相談窓口担当者→古川 泰司/アトリエフルカワ
2日(金)の家づくり相談窓口担当者→植木 秀視/植木設計事務所
建築家面談コースはこちらへ
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2007-10-31 18:50 | テリトプラン | Comments(0)

雨だれの美しさ

 今週、ブログ当番の菊池邦子です。もう2日目になってしまいましたが、どうぞよろしくお願い致します。
 27日、28日と家づくりの会の静岡住宅見学会に参加しました。家づくりの会では年に1度、地方でガンバっている設計者の住宅を見学させて頂いて、その地域の設計者との交流をはかっています。今年も会員の川口通正氏のはからいで、元スタッフ在住の静岡県下の住宅を見せて頂きました。
 1日目は台風真っただ中の掛川市内見学となりましたが、市立美術館の樋なしの庇から伝い落ちる雨の曲線の美しさに見とれてました。
 設計をしていて雨樋をどう付けるかに気を使います。現在進行中の現場でも、玄関庇の雨樋の納め方に四苦八苦しているので、この十分に計画された樋なしの雨の流れが一層気になりました。
d0021969_16512487.jpg

雨の流線を捉えたかったのですが・・・どうでしょうか?

菊池邦子/テリトプラン(NPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2007-10-30 18:35 | テリトプラン | Comments(2)

川越の家 中庭

d0021969_19191673.jpg5人家族で40坪の平屋となると、どこかに中庭をとらないと各部屋の通風が上手くゆきません。平屋ですから採光はトップライトでカバーできますが、夏の暑さを考えるとどこにでも付けられる訳ではありません。

上の写真はLDKの北に続く茶の間からさらに北側の中庭を見たところです。北の庭はこんな陰翳を愉しむことも出来ます。
d0021969_19273625.jpg
この中庭をはさんでむこうが浴室です。〈明るいうちに入りたくなる浴室〉がいつものテーマです。

もう一方は廊下で角を斜めに隅切りしました。Fixガラスの下はローテク通風窓の無双窓です。これくらいの高さなら開けっ放しで大丈夫。

d0021969_19275593.jpg

川崎 君子/川崎君子建築事務所(NPO法人家づくりの会所属)

30日(火)の家づくり相談窓口担当者→森博/森ヒロシ建築設計所
31日(水)の家づくり相談窓口担当者→坂東 順子/J環境計画
建築家面談コースはこちらへ
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2007-10-29 19:30 | Comments(1)

家事スペース

d0021969_22325680.jpg写真は1段高い茶の間からLDK方向を見たところ。食事のあと茶の間でテレビを見る人と、
ソファーでくつろぐ人のどちらにも対応できるようにお手持ちのソファーの置き場所を
こんな風にしました。





d0021969_22331359.jpg

 そのソファーの後ろ側が右の写真です。一見廊下ですが実はこの家で一番活躍しているのがこの家事ペースなのであります。今はここにウスベリが敷かれています。突き当たりのサッシの外に物干しがあり、取り込んだ洗濯物はまずはウスベリの上にドン。食後、誰かがウスベリに座り、たたみます。冬も床暖房でおしりも洗濯物もぬくぬくです。横に渡した板は必要なときこのようにセットしてアイロン台やミシン台になります。女性なら向こう側に布が下がるのが便利!とお気づきでしょう。アイロンがかかったYシャツは左上のハンガーパイプに。その外、洗濯籠や・ミシン・アイロンすべて納まる棚があり、右の腰板のフックにはハンガーなど。

 便利さもさることながらこの家事スペースの良いところは、LDKの一部ですから家族の団欒から隔離されない位置であること。さらに、LDKの一部であるにもかかわらず、散らかっていても
目に入らない位置でもある点です。不意のお客様も大丈夫。でもこれっていつまでも畳まれない洗濯物が山になるって事?!

川崎 君子/川崎君子建築事務所(NPO法人家づくりの会所属)

27日(土)の家づくり相談窓口担当者→長谷部 緑/長谷部建築設計事務所
29日(月)の家づくり相談窓口担当者→泉 幸甫/泉幸甫建築研究所
TEL:03-5771-6051(午後2時ー6時:無料)(ギャラリーで直接話しもできます。担当者が変更の場合もございます。ご了承ください)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2007-10-26 22:41 | Comments(2)

川越の家

d0021969_1871720.jpgきょうから数回、川越に完成したM邸を紹介します。

埼玉県産材を豊富に使った平屋の住宅です。まずは玄関。土間の奥行きを少し深くとって、奥が家族用の内玄関。間の壁の裏側には傘や濡れたコートを掛けるバーを付け、表の玄関はいつもすっきりで急な来客があっても安心です。

共働きの多忙な主婦にとってはこれだけでもストレスが軽減出来るものですよね。
この住宅は家事の効率を十分考えて設計しました。

d0021969_1873395.jpg


川崎 君子/川崎君子建築事務所(NPO法人家づくりの会所属建築家)

26日(金)の家づくり相談窓口担当者→田中 ナオミ/田中ナオミ アトリエ
27日(土)の家づくり相談窓口担当者→長谷部 緑/長谷部建築設計事務所
TEL:03-5771-6051(午後2時ー6時:無料)(ギャラリーで直接話しもできます。担当者が変更の場合もございます。ご了承ください)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2007-10-25 19:54 | Comments(0)

秋桜

 今週担当(もう半ば)の川崎君子と申します。

突然ですが、庭の山桜に花が咲き秋に桜?と思わずカメラに収めました。そしたら
次の日、NHKで今年は全国で十数か所で桜が咲いたというニュース。台風で葉が落ちた
のが原因とのこと。
もう一枚は家の前の休耕田に咲くコスモス。期せずしてどちらも秋桜でした。

d0021969_2217268.jpg

d0021969_22172415.jpg



川崎 君子/川崎君子建築事務所(NPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2007-10-24 22:20 | Comments(0)

家具をつくる6

今日の写真は、台所の特注の作業用多機能カウンターです。
このカウンターには、ステンレスの流しと、IHクッキングヒーターと、オーブンレンジと、皿洗い機と、食器収納庫が用意されています。このカウンターの両サイドには4つのコンセントがありますので、炊飯器やポットの接続やコーヒーメイクなどにたいへん便利。

d0021969_771478.jpg


上の写真は内側、下の写真は外側からのものです。カウンターは人造大理石、下部の収納は、米松と米松ベニヤ製で、比較的安価。
笠原の設計図を家具工場にもって行き、数回の打ち合わせを経て作成しました。


d0021969_772823.jpg


      笠原顕司/笠原顕司建築創作所 (NPO法人家づくりの会所属)

20日(土)の家づくり相談窓口担当者→十文字 豊/アルコーブU
22日(月)の家づくり相談窓口担当者→松本 直子/松本直子建築設計事務所
TEL:03-5771-6051(午後2時ー6時:無料)(ギャラリーで直接話しもできます。担当者が変更の場合もございます。ご了承ください)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2007-10-20 07:19 | Comments(0)

家具をつくる5

写真は外部のテラスで使う丸テーブル。
このテーブルは、カウンター部分と、真ん中のガラスの部分と、下の脚の部分の3つのパーツに分解することができ、持ち運びに便利です。
分解するには、固定ボルトをはずすだけです。
大きさは直径が1・1メートル、高さが68センチ。

材料は、カウンターがヒノキの合わせ板(2枚の板をを背面張りにしています)で、下の脚が栗材です。


d0021969_7104835.jpg



上の写真は、上から見たもので、下の写真は上部のカウンターを2つに折りたたんだところです。

d0021969_711586.jpg



          笠原顕司/笠原顕司建築創作所 (NPO法人家づくりの会所属)

20日(土)の家づくり相談窓口担当者→十文字 豊/アルコーブU
22日(月)の家づくり相談窓口担当者→松本 直子/松本直子建築設計事務所
TEL:03-5771-6051(午後2時ー6時:無料)(ギャラリーで直接話しもできます。担当者が変更の場合もございます。ご了承ください)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2007-10-19 07:19 | Comments(0)

家具をつくる4

写真は浴室の洗面所のガラスの洗面カウンターです。
ガラスの厚みは15ミリ。シンクはCELLAです。


d0021969_6244421.jpg


上の写真はシンクのディテールで、下の写真は俯瞰。両サイドの方立ては
家具屋さんに作成を依頼し、電気の配線などが収納されています。シンクもカウンターも設備配管も混合水栓も方立てもすべて見せる事を意識して設計しました。

d0021969_6245923.jpg



         笠原顕司(NPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2007-10-18 06:33 | Comments(0)