ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

<   2014年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

顔合わせ

昨日、メールソフトご誤操作してしまい、大切なメールが消えてしまったりしたので、
今日の午前中も、メールの整理などをしていた。

午後、以前からメールを頂いていた方のところにお約束をして行って来た。
建て替えのお話しである。

どんな建築にしたいかのお考えを、まずはお聞きした。
こちらからは、今後のスケジュール、設計の進め方、予算のことなどをお話しした。

私に設計をさせて下さると嬉しいのだが、まだ分かりません。
さて、どうなりますか。

荒木毅(荒木毅建築事務所
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-02-20 18:59 | 荒木 毅 | Comments(0)

家づくりの会 ギャラリー

本日私は、家づくりの会ギャラリーでの当番です。

こちらに来て頂ければ、当番の設計者と気楽に話すことが出来ます。
現在の事務所は千駄ヶ谷にあるのですが、来週お引っ越しで、三月二日より三番町に移ります。

この部屋ともお別れかぁ。

d0021969_15422691.jpg


















荒木毅(荒木毅建築事務所
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-02-18 15:42 | 荒木 毅 | Comments(0)

春の気配

このところ週末毎に雪が降りましたが、大分解けてきましたね。

出社時に通る道にある家の近くの梅の木は、雪が降る前から花を付けていたのですが、今朝は久し振りに青空を背景にその姿を見ることが出来ました。

今週は、私がブログ担当です。
荒木毅(荒木毅建築事務所)



d0021969_17373723.jpg
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-02-17 17:40 | 荒木 毅 | Comments(0)

竣工後3年目

昨日の大雪で本日予定されていた「第二回家づくり大賞・公開審査」は延期となりました。
運営担当の方々は準備や手配で大変なところ、さらに変更の確認や連絡などご苦労様でした。
今日はその様子をお知らせしようと思っていたので残念ですが多くの応募作品が集まる中、一般投票数も第一回を上回ったようです、今後のイベントを是非ご期待ください。

先日、竣工後3年が経つお宅へ雑誌の取材で伺う機会がありました。
お引渡し後1年点検以降なかなか伺う機会もなく、雑誌などの取材や撮影は住まい手のご負担にもなりますので、実際の暮らしの様子を拝見したりお聞き出来る大変貴重な機会です。

中庭を挟んで前面道路側に位置する2階ダイニングキッチンの様子。
横長窓上のブラインド受けを兼ねた小棚に絵や思い出の小物が飾られ楽しい雰囲気になっていました。
d0021969_21575955.jpg

2階中庭と南に面した階段ホールの様子。
ベンチの下はソーラー横引きダクトで冬の陽射しが良く入り暖かく昼寝や読書をするお気に入りの場所になっていました。夏は3階バルコニーの軒に加えてゴーヤカーテンを植え遮光していますが、少し地下に入った1階アトリエの方がより涼しいそうです。
d0021969_21595868.jpg

中庭を挟んで一番奥にあるリビングの様子。
比較的交通量の多い道路からの影響もなくダイニングキッチンよりも落ち着いた雰囲気が実感できました。
d0021969_220663.jpg

左は1階アトリエとトップライト、右は3階階段ホールと物干しバルコニーの様子。
d0021969_2201785.jpg

竣工から3年、いつもの居場所には家具やクッション、白い壁には奥さま自作の絵や写真、思い出の品々が飾られすっかり住まい手の個性で彩られていました。

赤沼修NPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-02-15 22:02 | 赤沼 修 | Comments(0)

上棟式

今日はこの冬2回目の積雪になり、現場の方々は大変ご苦労様です。

先日、高齢のご両親と娘さんご夫婦のための2世帯住宅の上棟式を行いました。
現場では外壁と床をシートで囲い寒さ対策と仮設テーブルの準備を、建て主さんにはお赤飯に折り詰、寸胴鍋に暖かい汁物を全て自家製でご用意いただき、皆さんで安全祈願のあとお昼にいただき和やかな上棟式になりました。
d0021969_16154750.jpg


鳶職の方が羽織っているのは梯子乗りの半纏で上棟式にはあまり着ないそうですが色彩や帯ラインの太さの変化が絶妙で素敵です、今もそれぞれの地域に組があり上棟の時にはご挨拶するそうです。背中には四番と書かれています。
d0021969_1616131.jpg


お土産に奥さまと息子さんの手作りクッキーをいただきました、家型クッキーの煙突の話題から薪ストーブへと夢が広がっています。
d0021969_16161377.jpg


赤沼修NPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-02-14 16:19 | 赤沼 修 | Comments(0)

LEDペンダント照明

照明設計の時に困るのがシンプルで比較的コストも安く定番にしている機種が毎年のように入れ替わり廃盤になることです、それに LEDが加わり益々複雑になっています。
いつまでも変わらず使われ続けている器具は貴重で選択する時の目安の一つにしています。

今までペンダントは白熱灯を使っていましたが使用時間が長いこともあり今回の設計ではLEDの中から機種を選び、大きさや、質感、明るさ(特にLEDの場合は表記があいまいで実感しづらい)を確認するためショールームへ行ってきました。

斜め天井吊と言う事もあり当初引掛けシーリング2灯で設計していましたが、実施では将来3灯にも増設できるよう配線ダクト仕様の埋め込みに変更しています。

d0021969_1954275.jpg

実際に2灯と3灯で確認してみました、器具間を離せば2灯でも行けそうです。

赤沼修NPO法人家づくりの会所属
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-02-12 20:05 | 赤沼 修 | Comments(0)

家づくり学校「4年生発表会」

今週のブログ担当は赤沼です、よろしくお願いします。

一昨日は前日降った雪の残る自由学園で行われた「家づくり学校」4年生の最終発表会に参加しました。
4年生は座学、素材や技術の見学、課題を学んだ後、具体的な敷地を設定し1年間各スタジオで基本構想から実施設計までまとめ上げます。
課題となる敷地や家族構成など基本条件は同じですが、各スタジオ講師と受講生の考え方が反映され様々な切り口で設計案が提示されていました。
学んでこられた受講生は仕事や設計の経験も様々ですが確実に建築力は伸びています、その中で特に伸び代の大きい設計案が優秀賞に選ばれたようです。
d0021969_1792581.jpg

d0021969_1710898.jpg
川崎スタジオから発表が始まりました。

d0021969_17105921.jpg
優秀賞選考にあたり真剣に議論する講師スタッフの様子。

d0021969_17223514.jpg
優秀賞の皆さん、おめでとうございました。

受講生、講師スタッフのみなさま1年間大変お疲れ様でした。

赤沼修/赤沼修設計事務所
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-02-11 17:27 | 赤沼 修 | Comments(0)

プレゼン

今日は、吹雪いているので事務所にこもって仕事。新しい計画のプレゼン作業です。光風舎では、設計相談があり、案を見たいということになれば、要望書を纏めて頂きプレゼンをするようにしています。
d0021969_18244776.jpg

内容は、平面、立面、断面図と模型と概算書(大まかな家の概要と予算、スケジュールなどがわかる内容)。2〜3週間程お時間頂き費用は5万円です。(その後、設計契約となればプレゼ費は、設計費より差し引くようにしています)プレゼンは家づくりを進める為の叩き台のようなもので、ここからまた色々な案が広がってゆくのです。

吉原健一NPO法人家づくりの会所属
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-02-08 18:24 | 吉原 健一 | Comments(0)

リノベーション

午前中は、リノベーションの現場打合せでした。2階建ての住まいの1階部分を、賃貸として貸せるように出入り口や間仕切りなど大きく変更し直す、という計画です。
d0021969_17403455.jpg

既存の間仕切りを解体してみると、早速問題発生、な、なんと部屋の真ん中に2階の配管が通っているではありませんか。困ったなー。
土台が腐っていたり、断熱材がずり落ちていたりと、リノベーションは壊してみないとわからない部分が多いのです。

吉原健一NPO法人家づくりの会所属
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-02-07 17:42 | 吉原 健一 | Comments(0)

見晴抜群

先日上棟した現場にて建て主さんと打合せ。現場は、床は所々、壁はなく、半端なく寒い。大工さんには頭が下がります。住む人つくる人が、協力しながら現場は進んでゆくのです。
d0021969_18381460.jpg

都心密集地の住まいでも、この時ばかりは見晴抜群。

吉原健一NPO法人家づくりの会所属
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-02-06 18:40 | 吉原 健一 | Comments(0)