ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

<   2014年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

続・ブールーライトの賛否

照明に使われる球(ランプ)の変遷を顧みました。

ロウソク、鯨油や石油ランプ、そしてガス灯等の、実際の炎を
灯りとして利用していた時代があって、1870年代以降にアーク
灯や白熱電球などの電気を利用した照明の使用が始まります。

そして、1950年代以降に家庭にも蛍光灯が使用されるようにな
り、その後HID(水銀灯やメタルハライドランプ)なども一般使用
されるようになりました。

暖かい色温度をもつ光源のなかに、蛍光灯が普及しはじめると、
その人工的な光に嫌悪感をもつ方もいたのではないかと考えま
すが、当時の方々はむしろ、省電力なのに明るくいきわたる白
い光に輝く未来を思い描いたかもしれません?

当方は、ここまでの環境照明とともに現在に至りますが、白熱
灯に比べ、水銀灯や蛍光灯はクールなチープ感の漂う印象を、
幼少期にはもっていました。

しかし、今では蛍光灯ですら親しみや懐かしさを感じます。
d0021969_126186.jpg

この写真は、文京区事務所時代の窓からの街の夕景です。
(8年程前に撮影)

外が薄暗くなり始めるころに街路にある水銀灯が一斉にともる
のですが、夕景の明るさに対して控えめに暫しジワジワ待機す
る様も、情景として当方の脳裏に焼き付いています。

ああ、今日の一日が終わるんだ…いろいろな思いを巡らせ、
気持ちを夜に切り替える時間でもありました。

これからは「もう夜です!」という感じでしょうか。今の時代っぽ
いと言えそうではありますが…。

本日、母子を迎えに病院まで赴き、家族が4人に増えました。
子供達はこのLEDの風景とともに大きくなっていくんだなぁと
思わず考えました。

d0021969_1264876.jpg

この写真は、最近飲んだ後の帰り道で通りがかった都営八雲
1丁目アパート。


(杉浦 充/充総合計画)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-04-30 01:39 | 杉浦 充 | Comments(0)

ブルーライトの賛否

今週は杉浦が担当させていただきます。

建築業界は未だに増税駆け込み需要による影響を引きずって
いるようですが、先週末辺りから大型連休に突入された方も多
いのではないかと思います。

本格的に暑くなる前の、この清々しい気候が期間中続くことを
願います。

そういえば前回のブログ担当期間はお盆休み中でした。そして
今回はゴールデンウィークと、なぜだか連休中続きです。

ちなみに当方の連休の過ごし方は暦どおりとも行かず、打ち合
わせが少々に、実は先週第二子が少し早まって誕生し、公私
ともに充実し過ぎな状況下ということで、今回のブログは程々に
てご容赦いただこうと思います。(笑)

遠出は望めませんので身近なことを扱いましょう。
写真は本日19時頃に事務所脇の路上でカメラを構えて撮影
した通りの夕景です。(大分日が長くなりました)
d0021969_2348257.jpg

つい数週間前からですが、夕景以降の街路に変化を感じまし
た。街が明るくなったようで妙に眩しいのです。その原因は街灯
が一斉にLED化されたことであると、煌煌と発光するドットを肉
眼で確認できたことで理解しました。

LED照明はとにかく輝度に対する省電力がアピールされますが、
グレア/眩輝(げんき)が強いため、スポットライトのように直下は
明るいのですが周囲をある程度均一に照らすような明るさは苦手
のようです。

よって影も強くでてしまうため、道路全体を明るくするためには多
くの光源を一つの照明に集めねばならなくなり、結果として眩し
さも倍増しているようです。

そういえば、先日竣工写真を撮影していただいたカメラマンが嘆
いていました。「街灯が眩しすぎて建物の奇麗な夕景が撮影で
きなくなってしまった」と。

なるほどこのことでしたか。この眩輝感は防犯的には有効な気は
しましたが、心地良い酔いも吹き飛んでしまいそうです。

LED照明に多く含まれる紫外線に近い青色光(ブールーライト)
はメラトニン(睡眠に必要なホルモン)の分泌を抑えるといわれます。

よって目覚めの朝に浴びることは良しとされますが、夕刻以降に
過度に浴びることは体内時計を狂すといわれるようになりました。
(この場ではこれらの専門的な研究内容は敢えて扱いません)

これを浴びながら帰宅することが、少なからず人々の睡眠に影響
するのではないかと少し心配になりました。

ちなみに環境先進国のドイツではその対策として時刻によって色
が徐々に変わるLED照明システムも開発し、体内時計が狂わな
ように配慮した施設や学校もあるそうです。


(杉浦 充/充総合計画)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-04-29 10:37 | 杉浦 充 | Comments(0)

今日のレコード

今日のレコードはベートーヴェンの弦楽四重奏曲全集で、バリリ四重奏団の10枚組のモノラル盤です。
此のレコードも50年近く前に買ったもので、どうしてバリリを選んだのか、当時すでに評判がたかかったブタペストやジュリアードではなかったのか、思い出してみたところブタペストもジュリアードもあまりにも厳しく迫りたてる玄の響きに当時の私には、まだ、そこまで耳が鍛えられていなかったからだといえます。

リーダーのバリリは戦前戦後を通してウィーン・フィルの主要メンバーで、コンサートマスターを務める傍ら、ナチが倒れたその年、1945年にバリリ四重奏団を設立します。
メンバー全員がウィーフィルの団員で、良きウィーンの味を玄の柔らかさと響きに暖かさがあり、ふくよかでかつ洗礼された音の美が魅力であり、力みすぎたり過剰な表現といったところがなく、4人がウィーン風の美の音を楽しみあっているような、実にのびのびとした優雅なベートーヴェンなのです。
残念なことに1960年代になると、バリリの病気のため演奏活動はなくなりわずか10数年でこの名四重奏団は終わりました。

d0021969_1565129.jpg


その後少しずつ私の耳も鍛えられ、後期の弦楽四重奏曲(第12~第16)の演奏には、やはりブタペスト弦楽四重奏団のレコードを欠かすことができないと感じ手に入れました。その後CDで聴いていたのですが、今回レコードに復帰してみると、やはりレコードのほうがトータルに素晴らしく喜んでいます。
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-04-24 09:00 | 十文字 豊 | Comments(0)

今日のレコード

今日のレコードは、モーツァルトの後期交響曲集です。
35番『ハーフナー』、36番『リンツ』、38番『プラーハ』、39番、40番、41番『ジュピター』がカップリングされたカール・ベーム指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のレコードです。

当時モーツァルトの後期交響曲の名盤は少なく、定評のあったベームがまとめて出すとのことで、高額でしたが無理をして手に入れたことを思い出しました。
そこで、ベートーヴェンと同様にモーツァルトを繰り返し聴いているうちに、どうもべートーヴェンの時のように音楽がぐいぐいとこちらに迫ってくるような事にはならず、あらためてモーツァルトの音楽の難しさに直面したことを覚えています。

その後10数年モーツァルトの、ピアノソナタ・ピアノコンツエルト・ヴァイオリンソナタ・室内楽等を聴きこんでいく中で、ベームの指揮する後期交響曲集の真価が見え隠れしていたものが徐々にはっきりとした形で私の前に現れてきたのです。
それは、モーツァルトの音楽の深い愛と無心の美しさ、表面は優美で明るくとても楽しい。
だが、その内面には人間の苦悩や悲しみや激情が潜んでいる後期シンフォニーなのです。

どちらかというと簡素な配置の音の並びに、驚くほど多様な変化とニュアンスのうごきがかくされていて、テンポは同じなのに調性が微妙な色合いで移り変わり、ほんの少しの音の上下で音楽そのものの楽想は一変する。
表面はロココ趣味的だったり、明るく楽しげで人なつこく聴こえるその奥に実はモーツァルトの神童たるゆえんがあるのです。

d0021969_14431872.jpg

[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-04-23 09:33 | 十文字 豊 | Comments(0)

レコード

今週ブログ担当のアルコーブ・Uの十文字です。
先週会に吉報が入りました、『家づくり学校』が2014年建築学会教育賞受賞との知らせです。
泉校長はじめ、学校に係ってこられた皆様良かったですね、係ってこなかった私も会の一員として誇らしくうれしくなりました。

今週のテーマはレコードです。
昨年の10月に長年音楽を聴き合い語り合ってきた竹馬の友からオルトフォンのカートリッジを譲り受けたことが切っ掛けで、30年もの間埃にまみれていたレコードを取り出して聴いてみたところ、予想を裏切ってしっとりとした臨場感があり、やわらかい聴き心地の良い音の再生に我が耳を疑ったほどです。
おそらくCDやLDのデジタル再生に慣れた耳に、アナログでの再生が如何に新鮮に聞こえたことか。
もっとも30年以前の装置ではここまでの再生は無理だったものが、高性能なアンプとカートリッジのおかげで実現できたのだと思います。

今日のレコードは、55年も前中学生の時にお年玉を貯めて、何回かに分けて買った最初のレコードがベートーヴェンの3番、5番、6番、7番です。当時憧れのフルトヴェングラー指揮、ウイーンフィルの赤盤です。
d0021969_14244195.jpg
フルトヴェングラー没後60年、現在も世界中で聴かれている名盤です。
当時の針圧の重いサファイヤ針で繰り返し聴いたためにレコードの溝が消耗 し、10数年後に交響曲全集を手に入れそちらを愛聴していたのですが、いつの間にCDにとって代わり当たり前のようにそれを聞いていたのですが、レコード を引っ張り出して聴いてみたところ雰囲気のある実に素晴らしい音に感激し、レコードを処分しなくて本当に良かったとほくそ笑んでいます。
d0021969_14255485.jpg

[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-04-21 13:28 | 十文字 豊 | Comments(0)

サインの取付け--狛江の写真館--

商業施設でサインの重要性はいうまでもありません。
建て主に、サインの位置や大きさ・色をプレゼンテーションし、了解をもらって施工の段取りを行います。
d0021969_216165.jpg

サインの施工業者さんに図面を渡す前に、自分たちで原寸大の図面を現場に貼り、大きさや字間などをチェック、微調整していきます。
d0021969_217148.jpg

最終的な版下をサイン業者さんに渡し、工場でつくってきてもらいます。そして、取り付けに立会います。
d0021969_2175062.jpg

d0021969_2181156.jpg

[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-04-20 10:00 | 白崎 泰弘 | Comments(0)

内装カラースキーム--狛江の写真館--

d0021969_20524750.jpg
      決定した内装素材.ここに収斂するまでに、倍以上のサンプルを取り寄せ.

木軸の工事が終わり、屋根・外壁が終わりつつある頃、設計者は、内装仕上の細かい指示をするタイミングです。

狛江の写真館は、スタジオと住居があるので、間取りがシンプルでもカラースキーム(=色彩計画)には時間がかかります。
空間がシンプルでも、住み手の生活は単純ではない。そういうとき、カラースキームは大事な役割を果たします。

お施主さんの好みは、明るいほうが好き。でも、お持ちの家具を見る限り、白が基調のライフスタイルではありません。何事もバランスで、お施主さんの馴染むカラースキームにしたいと思いました。

いろいろな素材、いろいろな色が混ざるとき、一つだけを取り上げて「いい色」だと決めてしまうのは早計です。
隣り合う、素材・色と確認しながら、決めていきます。しかし、それだけを考えていると、実は色数が異常に膨れ上がってしまいます。施工者の間違いの元であり、少量多種は施工者の想定コストを上回ってしまい、信頼関係のある現場になりにくくなります。

そこで、私たちのやり方は、一旦バランスで決め、色が多すぎる素材は許容できる範囲で色数が減らないか検討します。
ほとんどの案件で、部分的に修正ではなく、2度カラースキームをやっているような状態です。
おそらく、他の設計事務所の倍近い労力を払っているのではと思いつつも、やはり出来上がりが違うように感じます。
d0021969_20543734.jpg
               白黒の設計図

d0021969_20552249.jpg

    決まった素材を間違いなく現場に伝えるために、白黒の設計図に着色し、色番号の記入.

色を現場で決めるのではなく、設計段階で決めるべきとする建築家もいらっしゃいます。
外観はまだいいのですが、設計段階において、内観は細かい色のことろまで決めている時間がなかったり、お施主さんのイメージも固まっていないことが多く、私たちは現場段階でカラースキームすることが多いと言えそうです。
------------------------------------------------------------------------
白崎泰弘(シーズ・アーキスタディオ
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-04-19 20:59 | 白崎 泰弘 | Comments(0)

「家づくり学校」が建築学会教育賞を受賞しました!

ビッグニュースが飛び込んできました!
「家づくりの会」は、建築家による良質な住宅の普及を目指し、様々な活動を行ってきましたが、2009年より「家づくり学校」という住宅設計を目指す人たちのための学校も運営しています。
その「家づくり学校」が、「2014年日本建築学会教育賞」を受賞したのです!

以下に、受賞内容の抜粋版を記載します。

詳しくは、家づくりの会のHPにて、校長・泉幸甫さんと会の代表・根來宏典さんの連名で紹介しています。

------------------------------------------------------------------------
「家づくり学校」における社会にコミットする設計者養成のための教育プログラム、その実践と継続的取り組み

大学を卒業し憧れを抱いて設計の仕事に就いたにもかかわらず、何年かするとこの仕事を肯定的に捉えられない若者が増えている。
それは学生時代に描いた夢とはかけ離れ、何をしようにも社会のあまりにも利益追求という現実的な仕組みに絡め取られ、身動き出来ない内容が要求されてしまうからである。
そのような世界にいると設計者は、自分がなすべきテーマが何かさえも見えづらくなってしまう。
本来、建築家のあるべき姿としては、フリーランサーとして自由度が保てることである。
このような社会から一歩離れて客観的に見る態度は、建築だけでなく社会の未来にとって貴重なはずである。

そこで、大学を卒業して設計事務所にいる人や、工務店で設計の経験を積んでいる人たちを学生として受け入れ、住宅設計における現代のテーマを様々な形で提示していくことで、それに影響を受けて自己のテーマを持ち、自己の物差しを持てる設計者へと育てていくことを目的とした。
と同時に、住宅設計で生きることの喜びや勇気を持ちながら、住宅設計者として生きるタフな精神をも育てたいと考えた。

このような学校に相応しい講師として、NPO法人「家づくりの会」の中から、様々な分野に秀でた経験豊かな建築家達が務めている。
d0021969_1844244.jpg

[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-04-17 18:44 | 「家づくりの会」全体 | Comments(0)

仕口金物の検査--狛江の写真館--

骨組みが屋根の上まで組まれれば、上棟扱いになります。 昔は、そこまで行けば一安心、もうちょっとで住めるようになるということから、お祝いをする風習だったのだと思います。
でも、現代の木造において上棟は、工事の初期段階です。 現代は、柱・梁を金物で緊結し、建物にかかる力を確実に大地に伝えるようにします。 従来の木造が大工の裁量によって強度の差が著しかったことと比べると、確実に構造強度が保証されています。
この金物緊結は2000年の法改正で義務化しています。比較的新しい法律なので、大工さんによっては、金物を入れるのは判っていても、使う金物を間違えていることがあります。そのため、僕たち設計者が監理することで、是正していくわけです。

この仕口金物はとても重要なものです。柱・梁の仕口全箇所について、1個ずつどれだけの応力が発生するか計算し、それに応じた金物を選定していきます。そして、その金物がインテリアに露出しないよう柱・梁のどの面につけるかなどを、プレカット図の段階で決めておかなければなりません。

上棟後、しばらくしてから、金物取り付け終了の連絡を受け、検査に行くというのが、私たちの監理パターンです。
d0021969_2254788.jpg

仕上前のマンサード屋根.

今回の場合、3階のマンサード屋根の難易度がとても高くなりました。
どういうことかというと、
必要壁量をクリアするために、急勾配の屋根を耐震壁扱いとすることを設計段階で決めました。
そうすると、そこにある柱梁には引き寄せ金物が出てきます。計5本の柱・梁が1箇所に集まり、すべて金物で緊結しなければならない。とてもややこしいことになるので、あらかじめ図面で位置や金物のサイズなどを検証しておく必要がありました。 通常はそこまで図面を描かないので、大工さんもつい見逃しがちになります。結果は2回目の検査で合格となりました。
d0021969_2255537.jpg

        1箇所に5本の柱・梁が集中.
d0021969_2255495.jpg

        マンサード屋根詳細図

私たち設計者からすると、金物の緊結が間違いなく終了した段階で、ようやく上棟気分になります。
でも、ひと安心ではなく、さぁ、ここから仕上げだ! という、ラストスパート感覚なのです。
---------------------------------------------------
白崎泰弘(シーズ・アーキスタディオ
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-04-16 22:00 | 白崎 泰弘 | Comments(0)

プレカット図のチェック--狛江の写真館--

d0021969_22364277.jpg

d0021969_2237729.jpg

    (上)意匠(デザイン)上のプレカットチェック
    (下)構造上のプレカットチェック

木造住宅の軸組みのほとんどが工場でプレカットしてきます。それを現場で組み合わせしていくことで、コストと工期の短縮を図ります。
現場での手仕事が少ないのは、一見さみしいようにも思えますが、品質第一に考えると確実なやり方です。
そうすると、事前のプレカット図のチェックが大事になってきます。

設計図からいきなり木材を切り出すことは不可能です。設計図を元に、プレカット用の図面を工場のほうで作成してきます。それが100%正しいと言うことはまずありません。 設計図の読み間違いもあるし、「いつもならこうしてる」という先入観もあります。

今回の写真スタジオは、狭小敷地の3階建て、かつ、1階に天井が高くて、スパン(=柱と柱の間隔)が飛んでいるスタジオがあります。そのため、構造上の壁を3階から1階まで下ろしてくる箇所がとても少なく、構造事務所には苦労していただきました。

構造上のチェックポイントは、管柱のところで同じ成の梁が直交してぶつかってくるとき、どちらの梁を勝たせるべきか。 梁仕口ほぞ部分の支圧面が適切な面積を確保しているか。
デザイン上のポイントは、柱・梁が内部に出てくるものにプレーナーがかっかているか、それから、ホールダウン金物が壁の中に納まるような関係になっているか。軒の母屋の出寸法を最終仕上面から逆算して幾つにするか。 などなど。
------------------------------------------------------------------
白崎泰弘(シーズ・アーキスタディオ
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-04-15 22:39 | 白崎 泰弘 | Comments(0)