ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

<   2014年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

傘のような屋根

d0021969_1135472.jpg

正方形の平面形の部屋にどんな屋根を掛けようか、と考えたとき、いろいろな形の屋根が考えられます。
この模型写真では二方向の片流れ屋根がかかっているのがお分かりでしょうか。この場合、対角線上に折れ線ができて、斜めにのぼっていく感じになり、その下の空間は強い方向性を持ちます。
この家は二つの正方形の平面形をもつ建物が寄り添いあっています。しかも少しずれながら並んでいます。

d0021969_1151888.jpg

これは傘亭、時雨亭というふたつのお茶室です。京都の高台寺にあります。この二つのお茶室は渡り廊下でつながっていて、それぞれが非常に個性的な空間をもっています。手前の時雨亭は、跳ね上げ式の建具で開放的な空間で、外へ外へと意識が広がっていくようです。一方の時雨亭は唐傘をパッと広げたような構造をしていて求心的な、内面へ意識が向かうような空間になっています。

d0021969_1374320.jpg

この家の設計途中に、せっかく二つの建物が寄り添いあっているような建物なのだから、まったく性格の違う対照的な空間にしたほうが楽しいのではないか、と思うようになり二階建てのほうの屋根を傘亭のような放射状に垂木が広がっているような、構造にすることに変更しました。

施工は大変です。一本一本角度が違ってきますから、現場に材料を持ち込む前に、工場で仮組みをしながら接合部の加工を進めました。岐阜県中津川市加子母の中島工務店のプレカット工場の一画をつかって手刻みと仮組みを行っていただきました。こういう難しい仕事にも、一生懸命付き合ってくださる工務店はありがたいものです。

d0021969_1383893.jpg

出来上がった空間はとても力強く、二階に登る前からちらりと見える骨組みが期待感を高めてくれると思いませんか?

d0021969_1163941.jpg

日本の丸太を削った梁がのうえに一本の束が立ち、屋根の中央を支えています。
ここは子供部屋、この屋根を支える木々のようにのびのびと育っていってほしいと願うような気持ちです。
安井正/craftscienceNPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-09-28 01:46 | 安井 正 | Comments(0)

視線の先にある窓

d0021969_085183.jpg

この写真は、玄関からLDKに入るところですが、ここに立ったときに自然と視線が向かう先に窓を設けています。やや上向きの視線なので、この窓からは、空が見え、流れる雲も見えます。
d0021969_091057.jpg

違う角度からみたときも、同じようにやや上向きの視線の先に窓があります。
こちらから見ると縦長ですね。先ほどは横長。どちらもFIX窓で、アルミサッシなどを使わずに、木製の枠にガラスをはめ込んでいます。耐久性には十分に配慮した細部の設計になっています。
d0021969_093641.jpg

この窓から差し込む光、空の色、雲の表情。どれも変化に富んでいて、その時々、瞬間瞬間に違った質の空間になります。自然を写しこむ窓にしたいと思い、こんな窓のデザインにしています。
もちろん、日常的にいつもここを通るたびにこの窓を意識してみるわけではないと思いますが、
自然の「うつろい」や「ゆらぎ」が感じられる仕掛けとして、この窓をデザインしています。
安井正/craftscienceNPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-09-27 00:30 | 安井 正 | Comments(0)

京都 イノダコーヒーのモーニング

d0021969_053337.jpg

今日は休日。
ひょんなことから、今朝は外で朝ごはんを食べようということになって、
家族でイノダコーヒーの本店に行ってきました。
イノダコーヒーは創業1940年。戦前から70年以上、京都の人々に愛され続けてきた老舗の喫茶店。
かつて、京都の三条堺町界隈の旦那衆が、朝仕事始めに一杯、午後の一服に一杯とコーヒーを飲みに通ってきていたという人気店。
この本店で、朝に来たのは初めて。
奥の離れのような建物にきたときに、ワーっと感激。
少し床レベルが下げられたフロアに低い椅子とテーブル。そこに縦長の窓が天井までのび、R状の壁に赤いカーテンとともに並んでいる。窓から見えるガーデンは木漏れ日が、いかにも心地よく見えます。
かつて家づくりの会で住宅雑誌に連載していた「良質空間探訪」を思い出しました。
その連載がまだあったなら、ぜひこの空間の心地よさについてあれこれ文章を書いてみたい衝動に駆られました。
とはいえ、こんなところで朝食が食べられるのは最高の気分です。
皆さんもぜひ、京都に来たときにはイノダコーヒー本店でモーニングを注文されるのをお勧めします。

安井正/craftscienceNPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-09-24 00:47 | 安井 正 | Comments(0)

京都

先日、京都へ行ってきました。
まだ見学していなかった宇治平等院の宝物殿。京都の中心から少々離れているのでつい見損なっていましたので、今年こそは!っと。
d0021969_7505310.jpg

アルミパネルの屋根に写った庭の景色が美しかった!

栗生明氏設計の近代建築が昔からの平等院となじんでいて良かったです。なじむといっても使われている素材や形態は現代建築なのですが、上の写真のようにアルミパネルの天井も日本的な感じを醸し出しています。

次に訪れたのが石庭で有名な龍安寺。こちらは韓国、中国からの観光客が多く海外での評判がよくわかりました。雨の降った後でしたから庭がとても綺麗でした。
写真奥、黄色い塀の向こう側が石庭です。

d0021969_7571916.jpg



もろずみけい/studioANPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-09-19 07:58 | 諸角 敬 | Comments(0)

EV、電気自動車

夏の話になりますが、機会があって最新のEV(電気自動車)に試乗してみました。アメリカのテスラ社のものですが、見た目は高級サルーン、イタリアのマゼラッティーのような車です。
d0021969_753167.jpg

当然ですが、エンジンはありません。空っぽのボンネット

d0021969_7542866.jpg

排気管が無いのも当たり前のこと・・・ですね

驚いたのは後続距離や動力性能、燃費?の良さです。
1回の充電で500km走れ、加速性能はスカイラインGTR並み、500km走る充電にかかる電気代が1500円程度、急速充電スタンドだと只。充電時間は急速スタンドのとき1.5時間で、一般家庭ですと40Aで充電して10時間で400km走れると言いますので普通のガソリン車以上と言っても良いのではないでしょうか?特に燃費に関してはガソリン車の1/10程度ですよね。
世の中、ハイブリッド車が多くなってきていますが、供給の問題が解決されると一気に電気自動車の世界に変わる予感を感じさせてくれる体験でした。仕様にもよりますがちなみにお値段は1000万円前後です。

もろずみけい/studioANPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-09-18 07:58 | 諸角 敬 | Comments(0)

地震、雷・・・

今日、お昼に地震がありましたねぇ。
最近、地震だけでなく大雨も多くなってきていますが、温暖化の影響なのでしょうか?
今年の夏のある日の話になりますが、雷が落ちるところを見てしまいました。
それこそバケツをひっくり返したような雨が降っていた時の話しなのですが、何となく東の方向を見ていたら、40m向こうにあるお向かいさんの屋根に立っているテレビアンテナに雷が落ちたんです。
実際に落ちるのを見たのは初めてでした。
アンテナからコブシ大の火の粉が転げ落ちましたが、たぶんアンテナの配線がもえたものだと思います。
雨が激しかったので火事の心配はありませんでしたが、衝撃的な体験でした。
ということで急な話しでしたので、残念ですがきょうは写真も映像もありません。

翌日昼過ぎ、電気屋さんが屋根に登って何か作業していましたので、見間違いではないと思います。
いやあー、怖いですね。
地震も
雷も
オヤジは最近それほど怖くはないようですが・・・


もろずみけい/studioANPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-09-16 21:25 | 諸角 敬 | Comments(0)

東京・イカモクケン #2

d0021969_1416561.jpg


糸井重里さんのウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」が開いたお店TOBICHI(とびち)を見てきました。「店舗」であり「ギャラリー」であり「イベント会場」なのだそうです。実は空き家の時にこのオンボロ建物に入ったことがあったので外観を見てビックリしましたよ。何とも褒めようのないデザインなのですが、でもあのボロ家をここまで再生させたと言うことで東京イカモクケン(いかした木造建築)としたいと思います。

TOBICHI http://www.1101.com/tobichi/about.html

森 博/森ヒロシ建築設計所NPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-09-12 14:16 | 森 博

東京・イカモクケン #1

d0021969_15322997.jpg


家づくりの会のKINOIE SEVENで東京イカス木造建築研究会、別名「東京イカモクケン」を発足しました。木造名建築放浪記としてイカしている木造建築を紹介して行きます。第1段は家づくりの会の役員会を兼ねて南青山に建つ隈研吾さん設計の凄い建物を見てきました。台湾のパイナップルケーキのお店です、とてもおいしかったですよ。日本の木造建築にある「地獄組み」と呼ぶ接合方法で組み上げた木造3階建ての建物だそです。「地獄組み」など聞いたことがありません、たまげました!

森 博/森ヒロシ建築設計所NPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-09-11 15:47 | 森 博 | Comments(0)

古民家の改修

d0021969_15111139.jpg


古民家の改修で浴室を新しくつくりました。十和田石とモザイクタイル、桧の天井の浴室はこのように完出来上がりました。外に面する建具と脱衣室側の建具はともに古材を再利用、どちらもガラスは歪んで気泡のある貴重な年代物の透明ガラス。鎌倉の谷戸を見ながらの入浴は気持ちいいでしょうね。浴槽の蓋は厚い杉板の無節6枚、浴槽の縁は青森ヒバで奢りました!

森 博/森ヒロシ建築設計所NPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-09-11 15:10 | 森 博

ゴーヤに覆われたアトリエ

d0021969_11324656.jpg


秋らしくなってきましたね。西日が差すアトリエの窓に植えたゴーヤがびっしりと覆い茂っています。今日も実が2つ付いていたのでまたチャンプルにしていただきます。今年初めて植えたのでこの後どうなるのでしょうか、一年草なのでそのうち枯れるのでしょうね。こんなに上手くいくとは思ってもいなかったので毎年植えることにします。白い漆喰の壁から見える緑のカーテンは気持ちが和らぎ心地いいですよ。

森 博/森ヒロシ建築設計所NPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-09-09 11:34 | 森 博 | Comments(0)