ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

<   2014年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

設計者冥利

d0021969_17594269.jpg
今日は石神井公園の家の引き渡し。
帰り際に建て主ご夫妻からお菓子と
こんなにステキなカードを頂きました。
(雨で写真に染みが出来てしまいました。
iさん申し訳ありません)

奥様の手つくりのカード
そしてお礼のメッセージ
設計者として、こんなに嬉しいことはありません

建て主のiさん
こちらこそありがとうございます
d0021969_18000975.jpg


[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-11-29 18:04 | 落合 雄二 | Comments(0)

雨の地鎮祭

d0021969_1835392.jpg

本日は妙蓮寺の家の地鎮祭。
あいにくの雨ですが、
工務店がテントを張ってくれたので安心です

上棟は雨だと危険なので延期になりますが
地鎮祭の場合は天候に関係がなく執り行われます。
いやいや、雨の日はかえって吉日と言われます。
「雨降って地固まる」
雨の地鎮祭の時、
神主さんが決まって話される言葉です。

Sさん、おめでとうございます
U設計室・落合雄二
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-11-26 18:36 | 落合 雄二 | Comments(0)

ポタリングⅡ

d0021969_18462081.jpg

連休の日曜日、自転車で小金井公園にいってきました。
井の頭公園の中を通って、
玉川上水沿いの道を行く気持のよいコース。
家から公園まで往復約40キロ、運動には丁度よい距離です。

実は小金井公園内の江戸東京建物園内で
スタジオ・ジブリの展覧会をやっていて
模型が凄いという噂を聞いたので見に行ったのですが
案の定この連休で超満員。
好評につき期間延長で3月までやっているそうなので
出直すことにしました。

その代わり、紅葉の景色をゆっくりと見ていました
すれ違う小さい子供達がお母さんに向かって
「きれいなだねえ」と言うのを聞いて
心がほっこりしましたよ。
d0021969_18463571.jpg

U設計室・落合雄二
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-11-25 18:47 | 落合 雄二 | Comments(0)

山口・島根の旅 Ⅲ 船の倉庫

萩で印象に残ったのは、 毛利藩主の船を格納していた建物。
かつてこの場所は海に面して、自由に船を出し入れできたらしい。
お城の石組みのようなところまでは水が入り、
たやすく船を入れることができたのだろう。

d0021969_18415012.jpg


内から入口方向を見ると、

d0021969_18431015.jpg


ヨーロッパでは似たような造りの建物を見たことがあるが、
日本では珍しいのではないか。

ところで、萩では萩在住の建築家、山本道善君がいろいろと面倒を見てくれ、、
その上に、超美味しい日本酒のお土産までくれた。

d0021969_18451530.jpg


このお酒、超美味しい!
ビンもかっこいいけど、開けたらあっという間になくなってしまう美味しさ。
大峰酒造と言うところが作っているらしいが、
ホームページも美しく、
「ミシュラン3つ星レストランや様々なブランドのパーティなどで、その芳醇さが評判となり、
生まれ変わって間もなくニューヨークや香港など、世界6 か国で展開されるように。
遂にはスイスで開かれた「ダボス会議2013」での日本政府主催の晩さん会にて各国首脳に振る舞われ、・・・・・」というお酒らしい。。
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-11-21 18:45 | Comments(0)

山口・島根の旅 Ⅱ 四角い竹 ☆

山口市の瑠璃光寺五重塔を見た後、萩へ。
萩の街に入る手前に、毛利家の墓所がある大照院に寄る。
大照院は重要文化財で、現在保存修理工事中、その工事現場の見学。

d0021969_17121779.jpg


この瓦は「切り落とし」と言って、先っちょのエッジを直角に落としてある。
最近の瓦はこの先っちょが丸みを帯びていてダラッとし、締まりがないが、
この瓦はエッジが立つことで、陰影がはっきりして美しい。
瓦らしい燻(いぶし)瓦。

大照院は保存修理中で全容を見ることはできなかったが、
ついでのことと思って見た、毛利家の墓所に、ビックリ。

d0021969_17132657.jpg


アンコールワッやトボルブドール程ではないかもしれないが、、
石、石、石の灯籠がいっぱい!
この風景、灯籠好きにはたまらないだろうな。
後でわかったのだけど、この墓所、国指定史跡に指定されているそうだ。

もう一つこの大照院で、またビックリしたことは、四角い竹に出くわしたこと。
竹の断面って当たり前のように○と思っているが、何と、四角いのが自然に生えていたのだ。

d0021969_1714126.jpg


(写真ではわかりにくいけど、肉眼だとはっきりと四角)

この四角い竹、生えている場所はほんの2~3坪ほどしかないが、
知ってる人は知ってる、チョッとしたものらしい。

数年前に亡くなった左官の名人、榎本新吉さんも、
この四角い竹を求めて、わざわざ東京からここまで来たそうだ。
思わぬところで、我が尊敬する、榎本新吉さんの名を聞いた。
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-11-20 17:14 | Comments(0)

山口・島根の旅 Ⅰ 瑠璃光寺五重塔 ☆☆

ここ十年、秋になると日本各地で開かれる「木の建築賞」の審査会に出かける。
今年は山口県宇部市にある村野藤吾が設計した建物「ヒストリア宇部」で開かれた。
その審査会のことはいずれ書くとして、
審査会の翌日に周辺地域の木造建築の見学会が開かれるが、いつも有意義で楽しい。
今年はバス貸し切りで、歴史的建造物と町並みを周る「山口・萩めぐりツアー」

まずは山口市にある瑠璃光寺(るりこうじ)五重塔。
国宝で室町時代の創建、日本三名塔の一つに数えられる傑作。
この塔をいつか見たいと思っていた。
というのは、周りの何人かに「あれはいいよ、エ~ッ 泉さん見てないの?、」と言われたこともあったし、、
それに、何年か前「見残しの塔-周防国五重塔縁起」という話題になった小説があった。
書いたのは久木綾子さんという方で、この瑠璃光寺の美しさに心を奪われ、
70歳の頃、この小説を書くために宮大工に弟子入りし、パソコンを習い、
書き上げたのがなんと89歳の時だった、とかいう本。
だから瑠璃光寺五重塔の写真を見て、とかではなく、
人をこれだけ虜にする建物ってどんなものだろう、ということからだった。

d0021969_2072662.jpg


で僕の感想だが、屋根の曲線は深く周辺の山々にとけ込んで確かに見事!な造形だとは思ったが、
僕の好みではないなー、と思った。
あまりにも日本の塔らしい良くできた塔、そうだからこそ日本の三名塔の一つに数えられるのだろう。

塔で言えばやはり薬師寺東塔、がいい。
三重塔だけど全体にリズムがある。
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-11-18 20:10 | 泉 幸甫 | Comments(0)

銀杏並木

今日は金曜日。
今日も昨日に続いて、快晴で気持ちが良いです。

昨日は建築確認検査機関まで歩いて向かいました。
歩いて20分〜30分くらい掛かるんですが、この時期は気持ち良く、散歩気分で歩けます。
d0021969_9411651.jpg

日本大通りの銀杏並木はまだ完全には黄色くなっていませんでした。

その後、夕方から設計仲間と色々と作戦会議。
野毛に繰り出して、立ち飲み屋でフライを食べながらビールを飲んだり、、、、。
ちょっと寒いですけど、なかなか面白かったです。

BUILTLOGIC・石黒隆康
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-11-14 09:44 | 石黒 隆康 | Comments(0)

家づくり学校

先日、家づくり学校の3年生「屋根」の後半授業でした。講師は徳井先生です。
前半は、徳井さんの本拠地・高崎でいろいろと見て廻りました。
前半の授業で出題された課題は「雨仕舞いで気になった所の原寸図を描いてみよう」というテーマです。

後半の授業では、受講生から事前に提出された図面を添削してもらい、
プロジェクターで見ながら解説とディスカッションを行いました。
b0061387_18131636.jpg

みんな、いろいろと気になっているんですね。
それぞれの図面をみて、とても興味深かったです。

私たちが設計する住宅は、毎回毎回、いろんな条件や要望に沿って作っていくので、
いつもいつも、その条件に答えて行かなければならず、難しい仕事だな、、、とつくづく感じたのでした。

そして、その後、場所を移して懇親会へ向かったのでした。
懇親会レポートはコチラです。

BUILTLOGIC・石黒隆康
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-11-13 09:20 | 石黒 隆康 | Comments(0)

ロフトの利用

東京23区や横浜で住宅を計画すると、限られた面積でクリアしなければならないことが多く、
ロフトを積極的に利用することが度々あります。
ロフト=小屋裏収納で、原則としては収納利用です。
また、下階の面積の半分以内で、天井の高さを1.4Mにしなければならないなど、制限が掛かります。
それでも、階数に算入されないということは大きなメリットになります。
d0021969_10332126.jpg

下の階と吹抜を介して連続させたり、通気性をもたせることで、
明るく広がりを感じる場所にもなりそうです。
1.4Mの天井高も、包まれた感じで意外といいものです。

BUILTLOGIC・石黒隆康
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-11-12 10:37 | 石黒 隆康 | Comments(0)

植栽工事に立ち会いました

先日、植栽の工事に一日立ち会いました。
春に竣工して、しばらく経ってからの植栽工事となったのですが、
工務店さんから紹介してもらった植木屋さんと、何度かやり取りをして、
建主さんの好みとイメージを探りながら進めてきました。
b0061387_837491.jpg

建物の奥の小さなスペースと、道路の面したスペースが今回の植栽エリアでした。
写真の道路側スペースには、アオダモをメインの樹として植え、グランドカバーとして、
エアープランツ、ヒメウツギ、ギボウシ、クリスマスローズ、おまけでアガパンサスを植えました。
植木屋さんから一日中、いろんな事を聞いて、とても勉強になりました。
雑草だった土のスペースが、良い雰囲気になって、楽しい時間でした。
忙しい毎日から、ちょっとだけ解放されたような気がします。

BUILTLOGIC・石黒隆康
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2014-11-11 09:19 | 石黒 隆康 | Comments(0)