ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

<   2015年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

陶芸の線のひきかた




d0021969_101133.jpg





図面をひくときには基本的に水平・垂直の線で描いてゆくので、直線や直角には慣れ親しんでいるつもりなのですが、これが陶芸となると勝手が違ってきます。

手ひねりなので、四角や多角形の器をつくろうとすると途端に難しくなり、思うようにメリハリのある線や角が出せなくなってしまいます。

形を上手くつくるには、少し頭を切り替えて、設計の線とは違う、陶芸ならではの線のひきかたを学ばなければならないようです。


濱田 昭夫/TAC濱田建築設計事務所
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2015-05-28 10:07 | 濱田昭夫 | Comments(0)

初めての家型

先週の土曜日に、去年の暮れに竣工した家の撮影をしました。

150軒近く住宅を設計する中で、
初めての家型です。
なんだか、若返った気がします・・・・・。
d0021969_2151518.jpg


ブライシュティフトの本間でした。
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2015-05-26 21:09 | 本間至 | Comments(0)

マンションリノベ


本日ブログ当番の水口です。

昨日はマンションリノベーションの物件の建て主さん完了検査の立会いでした。
最近は年に1件はマンションリノベーションの仕事をやっている感じですが、今後はさらに増えそうな気がしています。

今回の物件は築年数も10年ちょっとと新しく、大きく間取りを変更するわけでもないのでリノベーションというほどでもないのですが、面積が広め(90㎡超)の割にはLDKの間取がとても使いにくくて、それを少しいじって改善して、水廻りと内装も一新しています。

既存のキッチンはLDのど真ん中にあって狭苦しかったのですが、
d0021969_1230347.jpg


設備のパイプスペースをそのままでキッチンの位置を変えてキッチンを対面式に、
d0021969_1230463.jpg


天井も高くして、内装は白く仕上げ暗かった部屋を明るくしました。
d0021969_12305789.jpg



築30~40年ほどのマンションに比べると床下の空間も天井の懐も十分余裕があって給水管も更新しやすいさや管ヘッダ方式で、リフォームしやすい構造となっていてそれはとても助かりました。



水口 裕之/水口建築デザイン室NPO法人家づくりの会所属)

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2015-05-25 12:43 | Comments(0)

住まいの出来事など

ギャラリー窓口当番のために、本日も半蔵門から歩いて向かいます。
朝の雨は止みましたが、今日はどんより曇り空。
それでもいつものように目に入るこのマンション。
d0021969_145705.jpg

どうですか。この意匠!? 昭和の臭い、いや匂いプンプンです。
マンション名は「NK麹町コータース」1,969年に建てられています。
当方と同世代といって良い建物です。

学生の頃はこの手のマンションに対し、本質から少し逸れた見せかけの演出が却ってダサいように写っていたように思います。

しかし、今見返しますと、このあり得なそうな色使いや装飾に、この時代の希望や元気のみなぎを感じ、歳と共になぜだか懐かしさがこみ上げてくるように。

歳ですかね?いや、現代がどのような方向に向かっているのか、掴み所のない不安定な時代に対して、明確な一時代を感じるデザインです。
それが気持ちよいんですね。

-------------------------

さて、それでは先週の土曜日のレポートでも。

午前中の所用を終えて、午後一は先月にお引き渡しました、調布市の薪ストーブのある2世帯住宅に伺いました。
d0021969_14595280.jpg

先月から保留となっていました、薪ストーブの2回目の試験炊き及び、お施主さんへの使用説明をストーブ屋さんに行っていただくためです。

竣工写真撮影時には未完了であった、外部駐車場の土間コンクリートや外部収納の扉も施工されています。
d0021969_1504347.jpg

焚き始めの煙の様子を子供達と確かめるため外に出ましたが、きちんと乾燥した薪であり、曇り空という事もあって、よくよく見ないと煙が分からないほどの良好な燃焼状況でした。
d0021969_1513548.jpg

「煙突といえば煙」を期待していた子供達にとってはあまり面白くなかった様子で、ご長男は直ぐに室内に戻ってしまいました。(笑) そこで、ご次男のみでの記念撮影となりましたが、大変いい笑顔です!
d0021969_153773.jpg

季節は春。少々の暑さに耐えながら(笑)、梁と梁の間にオーダー設置した通称「懸垂バー」を実際に試してみて、体は更にヒートアップ!

アイスコーヒを頂きつつ、炎を眺めながら一時を寛ぎました。

我々が帰った後に、お施主様は3回目の試し焚きまで完遂されたそうです。

次は、秋までに薪置き場が目標でしょうか。
駐車場の一部か建物の北側にでもスペースがとれそうです。

-------------------------

一旦、事務所まで戻り、夕方には1年半前に引き渡しをしました、玉川学園の2世帯住宅へ向かいます。
d0021969_154565.jpg

竣工後、間もなく生まれたご次男も1歳になり少し落ち着かれたこの時期に、ご招待いただく運びとなりましたが、6歳のご長男にも久しぶりに会えるので成長が楽しみです。

お施主様からは、「地下のオペラルームの音響システムが整っているので、好きなDVDやCDを持参して愉しんでください」とのお話でしたので、お酒を嗜みながら堪能することをとても楽しみにしていました。

CDを準備しに我が家に一旦戻ると、家の中で息詰まっていた、5歳の娘が「私もどうしても行きたい!」と叫くので、急遽お施主さんに、一人増えても良いでしょうか?と相談したところ、どうせなら家族4人でということに。

準備の都合上、大変申し訳ありませんでしたが快くご対応くださいました。
同じく1歳になる我が息子としては、初の同世代対面となります。
d0021969_1573016.jpg

最初はお互い何ものか?と敬遠し合うような素振りでしたが、途中からは触り合うまでに。初のお友達です!
d0021969_15821.jpg

我が娘に対し、ご長男は恥ずかしがってか、しばらくは見向きもしない状態で、娘もつまらない様子でしたが、途中からは住まいを案内してくれたり、2人で地階にアニメ鑑賞に行ったりと徐々に打ち解けてくれました。
d0021969_1582999.jpg

挙げ句の果てには、半階スキップする上階より、おもちゃのピストルで大人達が狙撃されたりと、本来のやんちゃ振りを発揮するまでに。(苦笑)
d0021969_1510451.jpg

最後に、ご次男さんがとっても素敵な笑顔を見せてくれました!
(CD鑑賞はまたの機会にお預けに…)


(杉浦 充/充総合計画)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2015-05-19 11:24 | 杉浦 充 | Comments(0)

「東京国立近代美術館へ」

ゴールデンウィークも過ぎ、夏に向かってまっしぐらな時期になりました。
真夏のような陽気や肌寒い日、この時期にはめずらしい台風接近、いくつかの火山での不穏な様子など、自然の偉大さと共に人の手には負えない大きな力というものを改めて感じるこの頃です。
d0021969_21255953.jpg

昨日、東京国立近代美術館へ「大阪万博1970 デザインプロジェクト」という展覧会へ行ってきました。
大阪万博はもう45年も前の出来事なのですね。私が生まれるちょっと前です。

だいぶ前から、なぜか「大阪万博」に心惹かれるものがあります。テレビや雑誌などでも特集があると見たり、実際に万博公園のEXPO`70パビリオンにも行きました。
d0021969_21263747.jpg

その後も日本ではいくつかの万博が開催されましたが、やはりなぜか「大阪万博」が気になります。
なぜでしょうか?

リアルタイムで体験していない出来事ですが、高度経済成長の真っ只中の興奮と熱気をまとっていたであろう巨大な祭典は、近未来への人間の欲望が渦巻いていました。
人間が求める未来を作っていくという大きなテーマのもと、その可能性の実験場だったのです。

建築やデザインの面でも、その後今日に繋がる大切な時代であったのは言うまでもないです。

しかし、様々な自然災害が起きている昨今、自然とどう向き合っていくかを問われている私達にとって、今振り返るとこの祭典はどう写るのか。そんなことをいろいろと考えながら見てしまいました。

宮野 人至  ㈲宮野人至建築設計事務所
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2015-05-16 21:27 | 宮野人至 | Comments(0)

目黒区総合庁舎建築ガイドツアー

少しさかのぼってGW前のことですが、「目黒区総合庁舎建築ガイドツアー」に参加してきました。
この庁舎はかつて千代田生命保険相互株式会社の本社ビル(設計/村野藤吾)でしたが、同社の破綻により、2003年から今の用途で使われているそうです。
d0021969_15101597.jpg

外観を特徴付けているのは、格子による彫りの深い表情です。
これはアルミ鋳物製で、今の金額にすると1ピースで240万円ほどとか!

他にも、村野藤吾らしい造詣があちこちに見て取れます。
d0021969_1595726.jpg

玄関ホールの特徴的なかたちの開口部。
d0021969_15111255.jpg

天井には8つのトップライトがあり、内側に作野旦平制作のガラスモザイクで四季が表現されています。
d0021969_15105423.jpg

翼を広げたようなアプローチの庇。
d0021969_15112961.jpg

正面と妻壁との取り合い。
正面はガラス鋳物で、妻壁は大理石です。
このように、異なる仕上げ材が隣り合う場所の納め方と言うのは、設計では常についてまわる問題ですが、楽しいところでもあるのです。

最後に、ボランティアでガイドを務めてらした建築家の若原一貴さん(右)と記念撮影。
この階段も見所満載です。
d0021969_1572046.jpg

建築を見学するときは、設計者の目線に立ち、平面・断面のプランニングから材料の選定、デザイン、納まりを意識するように心がけています。
じっと観察して、気付き、考えることが大切なんでしょうね。
今回は、若原さんの確かな観察眼に触れられて、とても有意義な時間を過ごせました。

このガイドツアー、今年はもう定員になっているようですが、来年も開催されると思います。
少しでも興味を持たれたら、ぜひ参加してみてください。
おすすめです。

村田淳/村田淳建築研究室
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2015-05-14 15:45 | 村田淳 | Comments(0)

共同作業

横浜の家が完成し、今月初旬に御引き渡しでした。

d0021969_11255369.jpg
d0021969_11261740.jpg


写真は、間接照明の調整をしたり、
竣工写真を撮ったり、、、最後の詰めをしているところです。

間接照明は照明デザイナーと、
撮影はカメラマンと、その道のプロと共同作業でした。


小野育代建築設計事務所/小野育代
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2015-05-14 11:29 | 小野育代 | Comments(0)

圓融寺

GWの少し前になりますが、目黒の碑文谷にある圓融寺で第一回オーガニックマーケットが開催され自転車で行ってきました。
家づくりの会の忘年会で、建築編集事務所を主宰している中村謙太郎さんから編集されたパンフレットをいただき近い事もあり楽しみにしていました。
d0021969_1362249.jpg

参道の出店は竹と白布でテントが組まれ健康に良さそうな食材や品物が良く引き立ちます。
お祭りの派手な出店も良いですが、素朴でまた違った良さを感じました。
d0021969_1311986.jpg

本堂内や東屋からはライブステージの音楽が流れ、普段入れない社務所の塀の向こう側、客殿ではヨガや座禅のワークショップが開かれています。
塀を抜け、旧庫を利用した休憩所に入ると参道のにぎやかさとは打って変わって素晴らしい静かな庭が広がり、琴の演奏をしていました。
出店でタイの中古太鼓を息子たちに買って帰りましたが、これがとても好評で気が付くと良くポンポン叩いています。

赤沼修/赤沼修設計事務所 (家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2015-05-09 23:45 | 赤沼修 | Comments(0)

お引越し半年後のOさん宅訪問

今回は、白崎泰弘 が当番です。
先日、お引越し半年後のOさんのお宅に伺ってきました。
年賀状でも、住み心地の良さを書き記してくれていたので、安心して伺ったのですが、奥様が満面の笑みで迎えて下さいました。

以下、奥様からの引越してからのエピソード。( )は白崎の応答。
「テレビはマンション当時のまだ使ってるんです。遊びに来る友達からは『テレビの大きさで家の格が表れる』って言われるんです。」
(なるほどー、最近の薄型テレビはデザインが洗練されてて、空間に見合ったテレビは確かに格をあらわすかも)

「リビング脇のスタディコーナー。ご覧のとおり、娘に占拠されてて。引越して1週間でもうこの状態です。」
(いいんじゃないですか、女の子ですからね、みんなのいるところで勉強したいんですよね)
「でも、いざとなればコーナー建具で仕切られるから。便利ですよ。」
(でしょ)
d0021969_21164327.jpg
「せっかく中庭型にしたんだから白崎さんたちが設計当時提案した通り、大きな木を植えればよかったです。1回引越してきてしまうと、なかなか手が回らなくて」
(でしょ。でもまあ、予算調整で削ろうと思うと仕方なかったですよね)

「娘の友達が遊びに来るなり、パジャマに着替えて日中からお風呂に入るんですよね、ほら、日当たりが良いから」
(小さい子って素直だから、小さい子にそういう風に使ってもらえるのは嬉しいです)

「シュークローク脇の手洗いは本当便利。こういうの提案してもらって本当良かったです」
(やっぱり?)
d0021969_21172335.jpg
という感じで、大満足Oさんちの訪問は、こちらも大満足の1日となりました。


[PR]
by npo-iezukurinokai | 2015-05-01 21:23 | 白崎泰弘 | Comments(0)