ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

<   2015年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

古材をいかに生かせるか?

5月中旬に和歌山に出かけました。10年以上空き家だった、築200年の曾祖父の家を解体するので、現在計画中の住宅のどこかに、その記憶を残せないだろうか・・・という建主さんの希望で、現地を見に行ったのが昨年の11月。間取り図と使えそうな梁・柱に番付して帰ってきました。4月に解体終了。再利用ができそうな古材を保管してもらっていたので、今回はそれをさらに選ぶために出かけました。
さて、横浜の住宅でどんな風になるか・・・・
d0021969_21272989.jpg

藁葺き屋根の天井に使われていた竹 長年掛けた煤は貴重
d0021969_21281949.jpg

柱や梁は虫食いや曲がりを診て仕分け
d0021969_21285530.jpg

帰りに寄った談山神社の新緑が五感に滲みました
 
         菊池 邦子(テリトプラン一級建築士事務所)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2015-06-30 21:35 | 菊池邦子 | Comments(0)

「家づくりのこだわり」とは

d0021969_15343180.jpg

今日はもうすぐ発売される本のお知らせです。

「こだわりの家づくりアイデア図鑑」
 NPO法人家づくりの会/編著
 7月3日(金)発売 ¥ 1,728  → amazon

以下、amazonの商品説明より抜粋です。
こだわるべきところは間取り、
収納、設備、構造といった
大きな部分だけではありません。
ドアノブや、キッチンのタイルといった
小さな部分もこだわりぬき、
十分に吟味することで、
住まいの質はぐっと向上するのです。

本書はベテラン設計者がオススメする
こだわりの家づくり手法の数々を
イラストを使って分かりやすく紹介したものです。

家づくりの会にはいろんな人がいて、設計の方法や考え方も様々です。
それは各人の生き方にもつながっているのですが、そこから生まれたこだわりを集めて一冊の本になりました。
家づくりに興味がある方向けの本なので、やさしく読みやすくなっていると思います。
書店で見かけたらぜひお手にとって眺めてみてください。
(そのままレジに行っていただけると、なおよいと思います・・・笑)

ついでなのでもう1冊ご紹介。
d0021969_1535026.jpg

「実践的家づくり学校―自分だけの武器をもて」
 家づくり学校講師室/著 ¥ 2,700 → amazon

以下、家づくりの会HPより
NPO法人家づくりの会が2009年に、高い志を持った住宅の設計者を育てようと開校した「家づくり学校」。住宅設計の現実のなかで、何をテーマに自分らしく自分しかできないことを持って生きていくのか? そうした自分の道を探し出すきっかけをつくるのが、この学校の狙いです。
この書は、家づくり学校の1年生・座学と2年生・見学の講義内容をこれまでの授業に基づきまとめたものです。諸事情により学校に入学できない人にも、この本を通して私たちの考えを遺伝子のように伝えることができたら幸いです。

こちらはこだわりとは謳っていませんが、実は同じように設計者のこだわりをまとめた本です。
「こだわりの家づくりアイデア図鑑」は一般の方向け、「実践的家づくり学校」の方はプロ向けという違いはありますが、より幅広く住宅設計に必要な視点をまとめたもの。
各章は、その道を追求している人が担当していますので、内容も充実しています。
(自分も担当していますが、そこは置いておいて・・・。自画自賛したい訳ではありません。念のため。)

2冊の本は、形は違えど表裏一体のようだなぁと、新刊の発売を迎え思いを巡らしたのでした。

村田淳/村田淳建築研究室
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2015-06-29 16:19 | 村田淳 | Comments(0)

家づくりカフェ

今日は、「小さくても広がりのある家」というテーマで家づくりカフェをおこないました。参加された皆さまありがとうございました。

d0021969_23164315.jpg

事例を見ながら、都心の密集地においても心地よく暮らせるアイデアなどお話しました。画像は住まいの中に坪庭を取り入れた事例です。2畳ほどの小さな庭ですが、緑が入りこむと生活にも潤いが出てきますね。

次回の家づくりカフェは、7/4(土)pm2:00~「要望の伝え方と間取りのカンドコロ」というテーマでシーズ・アーキスタディオの白﨑さんのお話です。ご興味のある方は是非ご参加くださいませ。

吉原健一/光風舎一級建築士事務所
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2015-06-27 23:19 | 吉原健一 | Comments(0)

飽きない車窓の風景

先日、岡山から実家のある出雲へ、在来線の特急やくも号に乗って帰りました。実に10数年振りの列車の旅です。(普段は羽田から飛行機なので。。。)約3時間、山間のグネグネとした線路を走ります。今はかなり良くなりましたが、私が子供の頃は列車の揺れが大きく、酔ってしまう人が大変多い列車でした。

岡山から北へ、中国山地を越えて鳥取県米子まで。米子からは西へ向い、中海・宍道湖沿いを線路が走り、終点の出雲市駅へ。。。
石積みの棚田、山を背負った赤瓦屋根の集落、そして宍道湖と、飽きることなく車窓の風景を満喫、贅沢な3時間となりました。

d0021969_1272224.jpg


d0021969_1352846.jpg


d0021969_1285159.jpg



小野育代/小野育代建築設計事務所
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2015-06-26 05:50 | 小野育代 | Comments(0)

電気屋さんはすごい

本日、ブログ担当の石黒です。

現在、現場がいくつか平行して進行しています。
その時その時で、現場のシーンが変化して楽しみでもあります。
d0021969_1933388.jpg

写真は電気配線です。
天井に隠れてしまいますから、この時期にしか分かりませんが、整然とキレイに並んでいます。
電気屋さんは、各職種の中では、大工さんに次いで長く現場に関わるような気がします。
イイ感じです。

BUILTLOGIC・石黒隆康
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2015-06-22 19:38 | 石黒隆康 | Comments(0)

「家づくりカフェ」@市ヶ谷

土曜日は「在宅で共に暮らす」というテーマでお集まりいただきました。

私自身の体験談をかわきりに、皆さんそれぞれの課題や想いを自由にお話しいただき3時間のカフェもあっという間に終わってしまいました。
テーマは似ていても、皆さんそれぞれの条件や課題、想いの違いに家づくりの奥深さと楽しさを感じることが出来ました。
お集まりいただいた皆さんも、きっと住まいや暮らしのヒントを見つけていただけたと感じています。
d0021969_1236224.jpg

詳細はこちら

家づくりカフェは会の建築家がそれぞれのテーマを設け、毎月2回ほど土曜日の午後に開店しています、来週27日は吉原さんのカフェがあります、ご興味のある方は是非ご参加ください。

赤沼修/赤沼修設計事務所
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2015-06-21 12:46 | 赤沼修 | Comments(0)

1年検査

 昨年完成した医院の1年検査が先日ありました。1年はあっという間に過ぎる今日この頃。塗り壁のヒビやら建具の動作不良やら、材料の乾燥収縮、反りのよる不具合はどこかに生じてしまいます。自然素材を使う場合は避けられない現象と思いますが、それが生じない作り方を考えておきたいところです。
d0021969_1253325.jpg

 この医院では保育園が併設されているのですが、床材は長尺塩ビシートを貼っています。当初設計では無垢のフローリングでした。自然素材の上で育って欲しいなぁという単純な思いでいたのですが、幼児の転倒時の衝撃緩和と消毒清掃を考慮すると変更せざるを得ずで、塩ビシートの下にフエルトを貼ったちょっとフワフワした床になりました。なかなか難しい今日この頃です。
d0021969_1263093.jpg

[PR]
by npo-iezukurinokai | 2015-06-18 12:21 | 久保木保弘 | Comments(0)

自然につつまれた家の上棟

d0021969_1153665.jpg

d0021969_1155781.jpg

d0021969_116119.jpg

快晴の友引、鎌倉市大町の家が上棟しました。おめでとうございます。自然に囲まれた敷地に建つ家、両開きでフルオープンになる木製の建具を製作して目の前の緑を取り込む設計。そして戸袋に障子を仕込んで、夜になると障子から優しい灯りが道路に漏れるデザインです。リビングとつながる杉板を張った手すりの広いテラスとその上には屋根を支える垂木を表しにして1600mm出した大きな軒。回りの家や道路を歩く人が目に入らない設計で山の緑に包まれた鎌倉の谷戸に馴染んだ家になります。

森 博/森ヒロシ建築設計所NPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2015-06-16 11:10 | 森 博 | Comments(0)

総会でした。

先週の土曜日は家づくりの会の総会でした。

私にとっては、思い起こせば、一年前。理事就任し、今回が二度目の総会です。

前年度の活動報告、収支の話し、予算の話、、、これからの会の事、新たに理事になる方々の承認など。盛りだくさん、真剣な会議でした。

その後の懇親会、今年は建築写真家小川重雄さんのアトリエで行われました。

既に入会はされていましたが、タイミングで、今年理事になられた、庄司寛さんの設計です。

木造とは思えないような、ダイナミックさと

所々に美しく見えるよう、繊細な気配りのある設計でした。
d0021969_23303444.jpg

d0021969_23305864.jpg

プロの写真の方が空間の魅力は伝わりますね。笑。
http://ogawa-studio.com/atelier

一年の、一区切り終えた家づくりの会のスタート。ブログ担当は伊澤でした。
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2015-06-15 08:00 | 伊澤淳子 | Comments(0)

スリランカ(ジェフリー バワの建築)

今年行ったスリランカの旅で、最初に泊まったホテルのことをご紹介させていただきます。

スリランカの建築家 ジェフリー・バワ(1919-2003) による設計の『ヘリタンス・カンダラマ』です。

d0021969_19372038.jpg
エントランスに到着。自然の岩盤を利用してつくられています。
5階にエントランスがあり、ここからは建物の全景を見ることはできません。


d0021969_19372327.jpg
到着が深夜だったため、朝起きたときに初めて見た光景は驚きそのものでした。
(ここは宿泊した部屋の様子)


d0021969_19372671.jpg
全長1キロ程もある建物が、緑に覆われているのです。
バワは、そこには何もなかったように
いつかこの建物が、ジャングルの一部になるように思いを込め設計を行ったそうです。


d0021969_19372907.jpg
インフィニティープール


まだまだご紹介したい写真がたくさんあるのですが
続きはまた次回のブログ当番に・・・


Heritance Kandalama(1994)
Dambulla, Sri Lanka


丹羽 修/NLデザイン



[PR]
by npo-iezukurinokai | 2015-06-11 07:14 | 丹羽修 | Comments(0)