ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

<   2016年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

滋賀

本日の窓口当番の丸石です。
d0021969_11030041.jpg

ゆるキャラブームの火付け役、ひこにゃんが生まれて10年に
なるそうです。今でも看板が常設されているほどの人気ぶりです。
大の大人が、我先にと、走って ひこにゃんを探しております。

ここ滋賀県には、大いなる悩みがあるそうで、それを知って、
びっくりしました。「滋賀県には知名度がない」ということです。

民間の地域ブランド調査では下位に低迷。昨年は、47都道府県中
ビリから5番目だったとのこと。議会では、県名変更が審議された
というのですから、その悩みの深さ、ただ事ではありません。

琵琶湖もあり、歴史も古く、歴史上の人物も多士済々。
現在の高島屋、大丸、西武グループなど、近江商人の流れをくむ
企業も数多くあり、ひこにゃんもいるのに!と思うのですが・・

そんな中、滋賀県が 今年に入って、県のPRのために制作して、
少し前に話題になったものがありました。



滋賀県広報課が 電通さんと組んで制作したようです。
おちゃらけた感じですが、滋賀県の観光サイトをのぞいてみると、
実際に足を運んでもらえるような 仕掛け作りが綿密です。

「うどん県の香川」「おしい!広島県」など、ここ数年、地方都市
のPR合戦が盛んですが、ありきたりなPRではダメなのですね。

さて、前置きが長くなりました。
d0021969_12491530.jpg

彦根城、琵琶湖にも隣接する、滋賀大学経済学部キャンパス。
「本当に実力のある大学」といわれている大学を見にきました。

旧彦根高商時代から、ここの学生さんしか、うちはとらないよ!
など、関西では就職に強い学校として知られています。

今後、全国初となる統計学やビックデータを扱う 新学部を
立ち上げるそうで、混沌とする世界経済を前に、志望する学生さん
が増えそうですね。
d0021969_13140733.jpg

おとなりの彦根城では、採寸を。彦根城は石田三成の居城だった
すぐ横の佐和山城の遺構を多く利用して、つくったようです。
d0021969_13184477.jpg

寸法が一様ではないのですが、だいたいを押さえていきます。
d0021969_13260124.jpg

ひこにゃんフィーバーを横目にしながら、城下の観光案内所に
寄り、彦根の城下町について、係の方にお聞きします。
d0021969_13341625.jpg

琵琶湖に隣接する城下町だけあって、めぐらされている水路
に目がいきます。夏は大変そうです。
d0021969_13382368.jpg

今回は、彦根を中心に歩いてみましたが、近隣には近江八幡や
大津など、いってみたい。と思える場所が多い事を発見しました。

石田三成を入口にして、まずは彦根から。滋賀県、足を伸ばして
みれば知名度がない。なんて、やはりとんでもない。来て、見て、
次へつながる県だと思いました。

丸石隆行/tech to hook 丸石隆行一級建築士事務所



[PR]
by npo-iezukurinokai | 2016-06-28 13:49 | 丸石 隆行 | Comments(0)

今日は田中ナオミが窓口ですぞ

今日は田中ナオミd0021969_943357.jpg
市ヶ谷の窓口に居ますぞ。
さてさて
先週末「家づくりの会」の総会で
みんなで湯河原の上野屋という
登録有形文化財の宿に一泊して
会議をしてきました。
来期からの代表+役員の選挙や
大事な収支の報告とか…
もちろん人の手も借りて
助言も受けるけれど
皆さんが想像するより
手前味噌ですが
優秀な役員達中心の
キッチリかっちり自主運営です。
田中ナオミアトリエ 田中ナオミ
今日は私のBlogもご覧くだされ。



建築家集団の一泊旅行にみる特徴
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2016-06-27 06:00 | 田中 ナオミ | Comments(0)

手づくりの家で暮らす気持ちよさを感じる。

d0021969_162576.jpg

d0021969_1621857.jpg

d0021969_1623199.jpg


鎌倉市佐助の家の内装仕上がはじまりました。紙を貼るところは石膏ボードのビスとジョイントをパテでしごいて下地作り。左官仕上げの部分は調湿作用が大きい白州を練り込んだシラス壁仕上げ。土壁のようにザラッとした表情がいいですね。化粧柱と壁、天井の見切りはいろいろ悩んで考えた見切り方がうまくいきました、見切とルーバーの感じがバッチリです。玄関は防犯ガラス戸の引き戸、4畳ほどの玄関土間にペレットストーブを置くため冬の冷気を防ぐために格子の引き戸をもう1枚付けて2重建具。光と風、暖かい空気が流れる木の家、手づくりの家で暮らす気持ちよさが感じられます。

森 博/森ヒロシ建築設計所NPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2016-06-22 16:04 | 森 博 | Comments(0)

木製新外壁材

外壁材を全く新しくデザインして、作ってみました。
手前側がその外壁材を貼った部分で、奥のの棟が通常の下見板貼りです。
d0021969_1228183.jpg

表面の仕上げ材は間柱材を45度で使用したものです。
近くで見るとかなり独創的で、気に入っています。
写真拡大して見て下さい。正倉院の校倉をイメージしています。
他でも使用できるように、規格品化したいと考えています。
ご意見いただければ。結設計/藤原
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2016-06-18 12:33 | 藤原 昭夫 | Comments(0)

整骨院

月曜日のお昼過ぎごろから左腕に痛みが出て、夕方には肩より上にあげられなくなってしまいました。

仕事場では正面のパソコン2画面でCADや検索をしながら前左右三方の大机に図面やスケッチ、資料、カタログを広げ、あっちこっち見ながら設計します。たぶん左の机にある分厚いカタログか図面ファイルをつかんだ時にねじってしまったようです。
ひどい肩こりはありましたが腕が上がらなくなったのは初めて、翌日からいつもお世話になっている整骨院で電気治療とテーピングをしてもらいました。
d0021969_1235084.jpg
良くなってきたよと仰る、気さくで頼りになる先生にブログの写真を撮らせていただきました。電気のシビレがイタ気持ちいい~~~

赤沼修/赤沼修設計事務所
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2016-06-09 23:35 | 赤沼 修 | Comments(0)

ブリュックマンの「復活の礼拝堂」

先月、北欧に行ってきました。
目的は、アスプルンドアアルトの建築を体感することでしたが、今回、僕が一番グッときた建築は、フィンランドのトゥルクで見たブリュックマン設計の「復活の礼拝堂」でした。
f0012852_2182466.jpg

f0012852_219039.jpg

f0012852_2193595.jpg


生涯、故郷のこの地で設計活動を続けた建築家です。7歳年下で、ユバスキュラ、トゥルク、ヘルシンキ、アメリカとより華やかな地に活動の場を移し世界的になっていったアアルトとは対照的で、その生き方にも強く惹かれました。ブリュックマンは、この街でローカルアーキテクトとして1955年に一生を終えました。図面に描かれる樹木の表現を大切にし、異常なまでに細部へのこだわりがあったそうです。建築の用途や周辺環境を注意深く読み取る手法、スケール感とプロポーションに深く共感しました。

この教会は、やや小高い丘にフィンランド特有と思われる澄んだ水平方向からの光を受けて、静寂の中に一見素っ気ない外観を見せて建っていました 。
ロマンチックで古典主義的、優しく淡い色合いの素材たち、ヴォールトの天井の礼拝堂は片側にのみ列柱と横長の大きな窓を配し、席のレイアウトは正面に対して斜めに振り、光と祭壇のほうに向いています。
アシメトリーな空間構成、清楚でなんとも幽玄、アールヌーボー調の控えめな装飾・・・・・・透明な光と影の静かな共鳴。

・・・・・・・・・いつのまにか癒されている自分がいました。

f0012852_2194775.jpg


高野 保光/遊空間設計室
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2016-06-08 21:00 | 高野 保光 | Comments(0)

雑貨展。

気に入っている雑貨は生活を楽しくしてくれます。
素敵な雑貨は見ているだけで楽しくなります。

今日までの会期だった「雑貨展」はとても面白いものでした。
なので、ネタバレご容赦ください。

明治時代の行商をいまあるもので再現した姿。どうして素敵なんでしょう?
ノスタルジックな感情だけではないと思います。
人工的な材料を使っていないからなのか?
手仕事で作られたものばかりだからか?
d0021969_21431899.jpg



そしてコチラ。

対局に、必要以上に家の中にストックしてあるものでコンビニを作ってみたという、
ナガオカケンメイさんの展示。
粗品のタオルとペン類、ファイルのストック、、、あるなぁ。
d0021969_21495683.jpg



収納学の本を読んでいたら、収納の問題は消費の仕方。
「物を買わなければ、片付ける必要もない。」
ごもっとも。。。
ですが、すぐに見つかる収納設計、心がけたいと思います。

次は土木展
コチラも楽しそうです。

本日の窓口当番、探し物が片付け時!伊澤でした。
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2016-06-05 22:00 | 伊澤 淳子 | Comments(0)

久しぶりに訪ねたアーバス立川ビル

JR立川駅より多摩モノレールで北へ一駅、高松駅前に竣工して7年、我が事務所設計の最大規模の建物があります。
久しぶりに近くへ行った折に立ち寄ってみました。
この場所は当初から多摩地区の中核として位置づけられた新市街地で、向かいには水道局・東京電力等の建物が建ち並び、アーバスビルと同時期に、立川市役所・法務総合庁舎・東京地方裁判所等が近隣に移転新築され、さらに去年、一昨年とララポート立川・IKEAと大型商業施設がオープンし、まさに立川の新市街の中心地になりつつあります。
d0021969_1584417.jpg

敷地は東南の角地の3.000㎡、延べ床13.000㎡、地上8階建てRC造(免震構造)別棟(立体駐車棟60台)S造。
7年の歳月は、廻りの樹木も豊かに生茂り、建物もいっそう風格と落ち着きを増し、周囲に溶け込んできたと当初の想いが実現しつつあることを勝手に実感した次第です。
d0021969_1591019.jpg

d0021969_1594336.jpg

広々としたエントランスホールに入って周囲を見渡し、竣工時と変わらないほど、綺麗に使われていることに嬉しくなりました。
d0021969_1592744.jpg

普段、住宅の設計が主の事務所が、この規模の建物を実現させるには、語り尽せないほどのプレッシャーや不安を抱え込み、酒の力を借りても眠れない日が幾晩もあったことを思い出しました。
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2016-06-03 15:12 | 十文字 豊 | Comments(0)

モデルハウス

昨年、工務店の営業所兼モデルハウスを設計、竣工しました。住宅のオープンハウスは竣工時入居前のわずかな期間だけしか見ることができませんが、モデルハウスはいつでも見学可能です。松原正明建築設計室のモデルハウスとしてオープンしているわけではありませんが、工務店さんのご好意でいつでも見学できますので、体験したいかたはどうぞいらしてみてください。d0021969_10164432.jpg



d0021969_1017568.jpg

d0021969_10172490.jpg

あいの杜
(株)会澤工務店  越谷レイクタウン営業所兼モデルハウス
越谷市レイクタウン6-6-7
土日 10:00〜18:00、平日 事前連絡
電話 0120-535-388
定休日 水曜日、第1・3木曜日、祝日

松原正明建築設計室
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2016-06-03 10:07 | 松原 正明 | Comments(0)

近作3点

近作のご紹介
まだまだ果てしなく遠い道のり・・・
挑戦の日々です
d0021969_15184430.jpg

[PR]
by npo-iezukurinokai | 2016-06-02 09:00 | 濱田 昭夫 | Comments(0)