ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

<   2016年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

福井

本日の窓口当番の丸石です。
d0021969_18122911.jpg

福井県は小浜市に行ってきました。

ここ小浜市は、「御食国(みけつくに)」、「海のある奈良」
「日本遺産の町」ですとか、別称が色々あるようです。

「御食国(みけつくに)」とは、平安時代よりも昔から朝廷に
海産物を貢いでいた国。とのこと。歴史が古いのですね。

京都には、この小浜からの鯖やらグジやらの海産物が
鯖街道とよばれる、諸道を通って、届けられたそうです。

京の都の勝手口。という感じでしょうか。
昔から京都と繋がっていたため、文化も文物も建物も

「うちは、京ゆずりなんですよ~。」というアピールが、
ちょいちょい、まち案内に にじみ出てきます。

それなら「海のある京都」でいいじゃないか。と思うのですが
建物に関しては、室町、鎌倉時代のものが残っているので、

そこは、京都さんより上なんです。奈良なんです。という
またまた アピールがあったりするのです。
d0021969_19120345.jpg

ぶらりと、町を歩いてみると、重要伝統的建造物保存地区に
指定されている場所もあったりして、三間間口で、奥行きがある

おぉ、京都っぽい。という住まいも多く見受けられます。
「重伝建に指定されちゃって、改修が不自由で。」というお話も。
d0021969_19180754.jpg

「あ!豆腐が浮いてる!!」
まちの中には、こんなお宅も。唐突でびっくりしました。
d0021969_19285910.jpg

ぶらぶら歩いていて、カメラで収めよう。と思った建物は、
窓の配置が自分的にいいなぁ。と感じたものが多かったです。
d0021969_19320280.jpg

そんな中で、この窓はいいなぁ。と思った住まいが、
若狭瑪瑙(めのう)という鉱物を売られているお店でした。
d0021969_19401623.jpg

100歳近い、おばあちゃんが店番をされていて、100歳の
おばあちゃんが、自身のおじいちゃんの話をしてくれました。

きっと、あのお話は江戸時代だったはずです。。。
江戸時代の話を、直に聞いている自分が不思議な感じでした。

「お話しされている言葉が、京都弁ですね。」とお話しすると
とても、うれしそうにされていました。
d0021969_20264194.jpg

小浜の市内を見歩き、さぁ「海のある奈良」といわれる
オバマ自慢の寺社仏閣を見に行こう!としたところで、

カメラの電池がなくなり、オフに。。(ガーン!!)
これは、カメラに頼らず、目に焼き付けろ。ということなのか。

室町・鎌倉時代といわれるお寺を、その後4軒 ハシゴし、
国宝、明通寺で締め、一日で16キロ。歩く結果となりました。
d0021969_20071484.jpg

一枚ありました。電源オフ後、しばらくして、
「頼む!カメラよ!生き返ってくれ!!」と念じて、カメラの

シャッターを押したら、最期の命を絞るようにして
撮ってくれた一枚です。室町中期の羽賀寺本堂です。

丸石隆行/tech to hook丸石隆行一級建築士事務所

[PR]
by npo-iezukurinokai | 2016-08-27 20:30 | 丸石 隆行 | Comments(0)

作る以外にも

本日8/26d0021969_14562153.jpg市ヶ谷に鎮座している
田中ナオミです。
今やっている現場の棟梁は
珍しく女子であります。
朝の連続ドラマで「天うらら」って
「女子大工」の話がありましたが
このたびは「棟梁」として
キリリと現場のヘッドが女子です。
男性社会ですから
大変だと思います。
「癖のある男子たち」を統括して
責務を背負うのは
想像以上に大変だと思います。
しかも炎天下+極寒の現場…。
そして棟梁には作る以外にも
施主と話したり設計者と組む素養が必要で
ただ黙々と作るわけにもいかないのであります。
「他にもいろんなことを抱えている」のにひとつも顔に出さず
朗らかに、そしてきっちりと仕事をこなす姿!応援してます。
私のBLOGものぞいてみてくだされ。
HPアドレスが変わりました。http://nt-lab.na.coocan.jp/


[PR]
by npo-iezukurinokai | 2016-08-26 06:00 | 田中 ナオミ | Comments(0)

手すり

ブログ当番の小野です。
先日、竣工から12年経過した富(とび)の家に手すりを追加するプチリフォームをしました。吹抜けにある階段とキャットウォーク的な部分。滅多に通らないところで最低限の手摺がついていたのですが、少し心配になってきたとの建て主さんのお話。(今ならはじめからつけていたかも・・・)

施工前の写真に図示してみました。
d0021969_16165517.jpg


こちらが施工後、建て主さんが送ってくれた写真です。
d0021969_16202499.jpg


木造だから、大工さんに頼めば取付は比較的簡単でした。つける前と違和感がないように、細めの柱を立てて柱と柱の間に手すりをつけてもらいました。これで安心です。


小野育代/小野育代建築設計事務所
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2016-08-21 16:36 | 小野 育代 | Comments(0)

天井冷房

d0021969_1455377.jpg
半田設計事務所で天井冷房を始めて3年目。
エアコンの冷気を天井裏に流し天井全体を冷やしています。
結露も起こらず、冷え過ぎず快適です。
本日は(8/9)、am11:44の外気温32.7℃。
冷房設定温度28℃。室温28.5℃。
室温は高めですがとても快適。
サーモグラフィーで室内の温度を測定してみました。
天井は22~26℃くらい、壁は27℃前後、タイル張りの外壁は30℃
通常のエアコンのように冷気を直接吹き出さないマイルドな冷房方法です。
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2016-08-19 14:57 | 半田 雅俊 | Comments(0)

宙に浮いた階段手摺

d0021969_22342787.jpg

階段のデザインは建築家にとって力のいれたくなるところのひとつです。
単に登り降りして階をつなぐという機能以上に、視界がどう変化していくのか、段を踏んだ時の感触、手すりの握り具合、空間に置かれたオブジェとしての存在感や美しさをどう演出するのか?考え出したらきりがないくらいデザイン的なテーマが凝縮したものとして階段はあります。
d0021969_22372974.jpg

この家の階段の手すりは一本の古材をできるだけシンプルにみせる、というテーマを自ら設定してデザインしました。一本の鉄の棒を上からおろしてきて、そこに一本の細めの古材の丸太を固定しました。
d0021969_22384822.jpg

空間の中に軽やかに置かれた階段はシースルーな構造を持って解放感と存在感を高めています。

安井正/craftscienceNPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2016-08-09 22:48 | 安井 正 | Comments(0)

家にまつわる本。

リノベーション住宅展を8月20,21日に武蔵野プレイスで行うにあたり、準備をしております。
中央のテーブルには、リノベーション窓口メンバーが書いた本や、家に関する読んで欲しい本を置こうよ、ということになりまして、私はこんな本を持って行こうと思います。
d0021969_234328.jpg


イチオシは「世界あちこちゆかいな家めぐり」です。
世界の家は究極の自然素材だったり、丸ごとDIYだったりします。
風土の影響のある家ってとても魅力的です。

ふらっと、お立寄ください。
リノベーション窓口住宅展+相談会
伊澤計画/伊澤淳子
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2016-08-07 08:00 | 伊澤 淳子 | Comments(0)

「赤沼修の住宅展@家具蔵」

南青山の家具蔵さんから住宅展のお話をいただきました、初めてのことで展示スペースも結構なボリュームです、どんな展示がお越しいただいた方に分かりやすく記憶に残せるのか?
考え悩んだ末、1軒の家づくりの過程や記録の展示に殆どのスペースを充て、丁寧に掘り下げていくことにしました。
d0021969_7142526.jpg

設計をするときに最大の手掛かりになるのは敷地と住み手です、そこから様々な可能性を探るので同じ家は二つと生まれません、ですが設計者が考える住まいの基本や価値観、仕事の進め方に至るまで、共通した姿勢に変わりはなく、その部分が伝わるようにと準備を進めています。

夏休み最後の週末、家をつくるってどんなことなのか?
少しでも多くの方に感じていただければ幸いです。
詳細はこちら

赤沼修/赤沼修設計事務所(家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2016-08-06 20:03 | 赤沼 修 | Comments(0)

地鎮祭

先日、地鎮祭を行いました。住いを建てる土地は、そのままにしておけば、植物が茂り、虫や鳥がやってきて、やがては森と成ります。人は木を切り、土地をならし、土を掘り起こし家を建てます。その場に本来あるべき自然な世界に人間が入り込むという意味を考えての地鎮祭。地鎮祭は土地の神々にその土地の使用を願うとともに、工事の安全や生活の平安を祈念するお祭りなのです。
d0021969_16361716.jpg

画像は、鎮物です。鎮物は、土地の神を鎮めるためのもの。中には人形(ひとがた)・鏡・剣・矛などが入っていて、工事に先立ち建物中央の地中に埋めます。昔からの習わし、興味深いですね。

吉原健一/光風舎一級建築士事務所
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2016-08-04 16:38 | 吉原 健一