ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

僕の小さなテラス その2

d0021969_647939.jpg
木漏れ日の朝日は気持ちの良いものですね。テラスは大きさではありません。むしろ小さい時のほうが濃密になります。僕のテラスは、夜もいいですよ。様々な器と飲み物で休みの日はくつろぎます。この仲間たちは僕の器たちの一部です。

NPO法人 家づくりの会所属 川口通正建築研究所/川口通正

コメント・ご質問等はこちらの掲示板へどうぞ
→http://www.npo-iezukurinokai.net/cgi-bin/hanasou/clipboy.cgi
[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2005-06-10 06:49

建築家の本棚

d0021969_657586.jpg
建築家はどんな本を読んでいるのでしょうか。やはり建築の関係の本が多いいのですが。結構、芸術的な本も読んでいます。

建築は強くて素直で使いやすくて、美しくて長持ちするものが、やはりいいのです。何か素敵な人間みたいでしょう。とても似ています。

だから、やはり日々、色々な世界の本を乱読してしまいます。新聞の事件記事も、とてもためになります。それはとても厳しく、建築にかかわりあってきます。

NPO法人 家づくりの会所属 川口通正建築研究所/川口通正

コメント・ご質問等はこちらの掲示板へどうぞ
→http://www.npo-iezukurinokai.net/cgi-bin/hanasou/clipboy.cgi
[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2005-06-09 06:58

桂離宮の光と風と自然

d0021969_6563921.jpg桂離宮の中に月波楼という茶屋がある。現代的に言えば文明の利器は何もない。しかし見えない気持ちの良い空気と風、そして深い軒によってコントロールされた心地よい光があふれている。自然との一体感。昔の人の感性には、ただならぬモノを感じる。

NPO法人 家づくりの会所属 川口通正建築研究所/川口通正

コメント・ご質問等はこちらの掲示板へどうぞ
→http://www.npo-iezukurinokai.net/cgi-bin/hanasou/clipboy.cgi
[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2005-06-09 06:57

僕の小さなテラス

d0021969_749863.jpg
最近、テラス用の肘掛け椅子を買い求めました。とても気に入っています。それに座ってコ−ヒーを飲んでいると安らぎます。今、紅葉が生い茂っています。風になびく光を通す葉はとても美しいのです。


NPO法人 家づくりの会所属 川口通正建築研究所/川口通正

コメント・ご質問等はこちらの掲示板へどうぞ
→http://www.npo-iezukurinokai.net/cgi-bin/hanasou/clipboy.cgi
[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2005-06-08 07:49

光と風のこと

建築家はいつも、光と風のことを考え続けています。

なぜならば、それが人が生きる家では、一番大切なものだからです。それなくしては生きられません。人工的なものはいずれ消えてしまいます。なるべく人工的なものは避けたいと最近良く思います。建築はほとんどのものが、IT化している時代の中で、いまだに手づくりです。

だから人間臭くてとても面白いのです。人の住む家の空気を作るこの仕事は、とても大変ですが、面白いのです。

NPO法人 家づくりの会所属 川口通正建築研究所/川口通正

コメント・ご質問等はこちらの掲示板へどうぞ
→http://www.npo-iezukurinokai.net/cgi-bin/hanasou/clipboy.cgi
[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2005-06-08 07:48

川口通正(かわぐちみちまさ)です

今回の建築家は僕ですので、よろしくお願いします。

建築家は自然大好き人間が多いいことからお伝えしたいと思います。建築家は自然が好きでなければ勤まりません。建築家は家の中に、気持ちの良い空気を設計しなければなりませんので、様々な自然のことを知らなければなりません。

鬱蒼と茂る森のことから庭先の鉢植えの草花や盆栽の自然まで知らなければなりません。そして光や風のことなども同様です。しかしそれらの自然は大変、難しい相手です。

NPO法人 家づくりの会所属 川口通正建築研究所/川口通正

コメント・ご質問等はこちらの掲示板へどうぞ
→http://www.npo-iezukurinokai.net/cgi-bin/hanasou/clipboy.cgi
[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2005-06-07 06:41

黒楽の長次郎

 湯河原で仕事をしていた時の話です。尾形光琳の紅白梅図屏風を見ようと、友人と二人で熱海のMOA美術館を訪ねたことがあります。いくつもある展示室を見た後、とある展示室に足を踏み入れた時、何気なく見渡した右手の奥のほうに何故か吸い寄せられるように見た一点を凝視すると、茶碗がひとつ目に付き他には目もくれず近寄ってみると、なんと長次郎の黒楽茶碗がありました。私は長次郎の楽茶碗が大好きで、まさかMOA美術館に長次郎があるとは知らず大変びっくりしたものでしたが、初めて見る「あやめ」と銘打たれた鉄錆色のそれは素晴らしい黒楽茶碗でした。
 
 私は黒楽茶碗が大好きですが、利休が何故、茶室では死のイメージに通じると忌み嫌われる黒を敢えて長次郎に作らせて使ったか長年謎でしたが、ある年私なりに理解できるようになりました。
 
d0021969_873227.jpg

 写真はちょうどそんな時に頼まれた山荘でしたので、黒く塗装した山荘を提案すると、施主からは大反対でしたが息子さんのとても面白いという意見でようやく実現した物です。この施主は、前回の厳島神社で載せた山荘の実物を見て、気に入ったこれと同じもので良いと言い、同じものは創れませんよと言うと、じゃ、その発展系で造ってくれと頼まれた施主でしたので、どこがどう発展系だと言う気持ちが強かったのかも知れません。実際、全く違いますから。

NPO法人 家づくりの会所属 小林英治建築研究所/小林英治

コメント・ご質問等はこちらの掲示板へどうぞ
→http://www.npo-iezukurinokai.net/cgi-bin/hanasou/clipboy.cgi
[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2005-06-05 08:08

厳島神社

 私の好きな古建築の中に先日台風でやられた厳島神社があります。そこの海の中に立っている鳥居が圧巻なのは皆さんご存知でしょうが、その鳥居は控え柱という特殊な構造で造られていてその構造を取り入れたのは菊竹さんの設計で素晴らしい物があります。

 私もその控え柱の構造をモデルに山荘を設計してみようと試みました。銀の峭壁と名づけた小さな山荘で、銀の壁一枚を際立たせ、後は出来るだけ存在感を無くそうと試みたもので、控え柱の構造も表に現れることがなく内に包み隠されていますが、鳥居でくぐる部分が居間として作られています。

 構造は厳島神社から取り入れながらも外観はどことなく伊勢神宮に似て、クリスチャンで牧師の資格を持つ施主にどうでしょうかと見せると、意外なことにそれでお願いしますと言われるので、日本の神道でもキリスト教でもすべての宗教は建築的には合い通じるところがあるのかも知れないと、実感した次第でした。

d0021969_2341279.jpg

 写真は、銀の峭壁と名付けた壁を右手に見た居間の写真です。峭壁とは切り立った険しい壁と言うものですが、山荘を見た友人が、自分の背丈より少し高い高々2m位の壁を見て君のはスケールが小さいと言って失笑を買う始末でした。

NPO法人 家づくりの会所属 小林英治建築研究所/小林英治

コメント・ご質問等はこちらの掲示板へどうぞ
→http://www.npo-iezukurinokai.net/cgi-bin/hanasou/clipboy.cgi
[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2005-06-04 23:42