ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

16年前に設計した集合住宅に行ってきました!

ブログ当番の白崎です。
先日、坂倉事務所にお勤めしていたときの担当物件を久しぶりに見に行ってきました。
目黒駅の西側にあります。
元々林野庁の敷地で、敷地の真ん中に葉張りの立派なケヤキが空地の中にポツンとありました。
丁度、道路側南隣の敷地に大きく育ったケヤキの木があり、それを集住の門構えに見立て、計画する住棟をはさんだ北側に移植することを提案しました。
移植については受け入れられましたが、住棟のデザインについては色んなアイデアが管理上の問題でダメ出しを受けつづけました。それでもと、住人の生活が美しくにじみ出てくるものを模索していました。
バルコニーに室外機を隠しつつ眺望を阻害しない方向で設けた目隠しルーバーが特徴の集住で、下の写真が完成直前のもの。
d0021969_11161351.jpg
以下、「More」に続きます。



More
[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2016-12-09 20:00 | 白崎 泰弘 | Comments(0)

タヌキ!

d0021969_11093912.jpg

都心に近い都内の現場で打合せをしている時のこと。
視界の片隅に動くものがあったのでふと目をやると・・・。
最初はなんの動物か分からなかったものの、どうやらタヌキのようです。
こんな都心にもいるのだとびっくり!
しかし、判別に迷ったようにその姿は健康が心配になるほどで・・・。
さすがに餌も少ないのでしょう。
その後、庭に落ちた柿を食べていましたが、元気で生き延びて欲しいものです。
ちなみにこの現場は、私としては初めてのリノベーションです。
いつか機会があればご紹介します。

村田淳/村田淳建築研究室
[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2016-11-29 10:58 | 村田 淳 | Comments(0)

家づくり学校のレポート

本日窓口当番&ブログ当番のBUILTLOGIC・石黒です。
家づくりの会で主催している「家づくり学校」の4年生は、住宅を1軒設計する課題に取り組んでいます。
今年は目白の敷地に1億円の2世帯住宅を設計しています。
d0021969_1541659.jpg

昨日の授業の様子です。
図面と模型を見ながら指導を受けています。
提出と最終発表は来年の2月です。
どんな風に仕上がるのか、とても楽しみです。

家づくり学校の詳しい案内はコチラ

BUILTLOGIC・石黒隆康
[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2016-11-27 15:44 | 石黒 隆康 | Comments(0)

本が出ますのよ

17日木曜日の
家づくりの会・市ヶ谷に座ってますのは田中ナオミであります。
14時から17時まで居ますのでお立ち寄りください。
さてさて この度本が出ることになりました。
12月1日には本屋さんに並んでるかと思われますが
絵も文章も全部書きました。楽しかったぁ。笑
エクスナレッジから「片付く家のアイデア図鑑」
住宅設計者として経験智で言えることが一杯あります。
もっともっとあるんですが…
「毒が強いもの」は省かれまして…笑
すぐに使える「読んで見て楽しい本」になっております。
どうぞ一冊お持ちになりお役立てくださいますように。
d0021969_16060729.jpg

[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2016-11-17 06:00 | 田中 ナオミ | Comments(0)

上棟

先日、上棟式がありました。
d0021969_1651460.jpg

都心の狭小地に建つ、3階建ての住まいです。地鎮祭の時には、15坪の小さな土地に本当に家が建つのかと少し心配していた建主さん。柱梁が組み上がり上棟するとそれなりに迫力があり、建主さんも一安心。

吉原健一/光風舎一級建築士事務所
[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2016-11-12 16:54 | 吉原 健一 | Comments(0)

坐漁荘

静岡での打合せの合間に,興津の「坐漁荘」を見てきました.最後の元老と言われる西園寺公望の別荘です.
d0021969_9494050.jpg
d0021969_9501297.jpg
当時「興津詣で」に勤しむ政治家たちの間で歴代の首相が決まっていった有名な場所です.当日は担当の方から別荘建設の歴史的経緯や建物の仕様等を丁寧に説明していただきました.

庄司寛/庄司寛建築設計事務所
[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2016-11-08 09:55 | 庄司 寛 | Comments(0)

補助事業検査

今日は、発達障害を持ちながら働く若者たちのための就労継続支援クループホームの補助事業検査に立ち会いました。

支援を必要とする方々に対して受け皿がまったく不足する中、都や区の福祉行政は、教育や支援を行う法人に対し補助金制度を整え障害者施策の推進を図っています。居住者10人の小さなホームですが、受入れ方法の違いから3つの事業に分かれるため、法人担当者はそれぞれの運営規約に対応した事業報告を行います。その他に法人内調整から申請審査書類作成、近隣住民対応、利用者面談、福祉士職員雇用、稼働準備など専門知識が要求され、その業務量も膨大になります。
d0021969_23531411.jpg

PS 先日、竣工写真の撮影でコンクリート土間足跡の主を発見!
d0021969_23533866.jpg

赤沼修/赤沼修設計事務所(家づくりの会所属)
[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2016-10-25 23:40 | 赤沼 修 | Comments(0)

産地から現場まで

窓口当番の後藤です

先日の丸石さんと同じく
家づくりの会メンバーと共に和歌山へ木を見に行ってきました
d0021969_874115.jpg

何故、山まで登って
木を見に行くかというと、分業制が進む中で
なかなか
家づくりの材料の産地を。加工する姿を。眼にする機会が減ってきて
それはちょっと寂しい世界でもあり
d0021969_8143521.jpg

料理人の人が、畑に行って農家の人と話して
食材となる作物を触って、そのままガブリと味わって
これなら!と料理を思い描くような感じで

設計する人間も、山の人と話して
加工する姿を見て、これなら!と建物を思い描く事もあるんですね
(もちろん、丸太をガブリとする訳にもいかないですけど。。。)

そんな素材の産地から、建物に使えるように
最終の加工する姿も見えにくいのが、昨今の現状ですが
今、動いてる現場の大工さんは何かと自分でやらないと気が済まない
(それだけ自分に自信を持ってる証拠で、頼もしい限りですね)
現場に機械を持ち込んで、材料を加工してくれてます
d0021969_8192975.jpg

こやって自分の眼で見て、手で触れて加工された素材は
ピタッと、天井に納まるのでした
d0021969_820337.jpg

産地から現場まで、自分たちの家が
どこで、誰に育まれて
どうやって、誰が造ったか解る家づくりは本当に良いですね

後藤孝/後藤建築設計
[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2016-10-24 08:01 | 後藤 孝 | Comments(0)