ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

手摺りを炙ってなめらかに曲げる。

d0021969_13382973.jpg
d0021969_13384010.jpg
出来ない、無理無理、ダメダメと言われたスチールの手摺りが見事なめらかに曲げられ取り付きました、うれしい!お馴染みの鍛冶屋さんが投げ出しそうなところをおだててヨイショしてつくってもらいました。なめらかな形状を伝えるために同じ太さのビニールホースを曲げながら「こうしたいんだよ」って実演して説明する。炙って、曲げて、ねじる、これがもうのすごく難しいらしい。ねじるとクニャッと折れ曲がったりしてなめらかにならないだそうだ。はい、たいへんよく出来ました、ありがとう。

森ヒロシ建築設計所

[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2017-07-19 13:45 | 森 博

坂茂展

庄司寛建築設計事務所の庄司です.

少し前のことになりますが,”Galleryで開催されていた「坂茂展 / プロジェクツ・イン・プログレス」…世界各地で展開中の進行中プロジェクトの模型を間近でじっくりと拝見できました!

d0021969_15145939.jpg
d0021969_15150845.jpg
パリ近郊のセガン島の複合施設の音楽ホール部分は造形的にもなかなかすごそうです.

庄司寛/庄司寛建築設計事務所


[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2017-07-14 15:18 | 庄司 寛 | Comments(0)

ちょっと+ちゃんと考える

窓口当番の後藤です

前回は、構造材を手刻みで。という
現場報告を書きました
その続きです

手刻みで、曲がった構造材が
現場に入り組まれ
古民家風に。と言うイメージで
黒っぽく塗られました
(なんとなく、染められた、、、って感じですが)
d0021969_13582736.jpg
ここにも
職人さんたちの知恵で
ちょっとした工夫を施して
構造材を繋ぐ金物が、見えないようになってます
ちゃんと考えれば
出来栄えがグッと変わりますね

すごいスピードで進む現場ですが
完成が楽しみです

後藤たかし/後藤建築設計
[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2017-07-14 08:00 | 後藤 孝 | Comments(0)

整理整頓

何事も基本が大切ですね、進行中の現場が良く整理整頓されているのでご紹介します。

d0021969_11181273.jpg

ここは収納になる勾配屋根部分で正面上が耐力壁でふさがれています。その上部に横から長物の下地木材、手前から防水シート、作業靴と大工道具もろもろ、その上の梁に固定道具のクランプを利用した作業着掛け、一番奥は大きな手作りの道具箱にハシゴ。

d0021969_11181674.jpg

手前は釘ビス置きの棚と奥に落ちないように合板、裏にはホウキや塵取りの引掛け板。

d0021969_11181979.jpg

ここは仮囲いシート出入口部分、戸締り用のヒモを結ぶための立て板は均等にドリルで穴が開けられていました。

毎日使う道具や場所を工夫し大切にする、見習いたいです。

赤沼修/赤沼修設計事務所


[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2017-07-11 23:11 | 赤沼 修 | Comments(0)

自主施工

d0021969_16351951.jpg
現場では朝から建主さん親子が自主施工。今回作業しているのは柱や建具、家具など室内木部の桐油塗り。桐油はアブラギリの種子から取れる植物性の油。耐候性や撥水性があるので、木部に塗っておくと、水を弾いたり汚れ防止の効果があります。昔は、柿渋で染めた和紙の上から桐油を塗って番傘がつくられていたのです。
d0021969_16353317.jpg
自主施工の良いところは、自分で材料を触り、体を動かし作業をすること。家づくりの思い出とになり、また将来のメンテナンスも自分でできるようになるのです。
吉原健一/光風舎一級建築士事務所


[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2017-07-10 16:37 | 吉原 健一

猫デッキ

本日窓口当番の松原です。
d0021969_11441073.jpg
昨年から猫を飼いはじめました。家猫ですが、外の空気を吸いに出たがります。我が家の外壁には壁面緑化のために木でつくった格子があり、そこにある窓台が絶好の猫のくつろぎ場所になっています。猫のためにつくったわけではないのですが何かと便利な木の格子です。もしアルミや鉄でつくっていたらこんな風には使えないでしょうね。

松原正明/松原正明建築設計室

[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2017-07-07 11:56 | 松原 正明 | Comments(0)

現場便り

ブログ当番の小野です。

とうとう足場が取れた現場です。

d0021969_09320024.jpg


写真は西に面したエントランス部分。板塀位置を確認中の様子です。西日の日差しの強さを考慮して、こちら側の壁はあまり窓はありません。

外壁は建て主さんの要望もあって、スイス漆喰を左官の職人さんに塗ってもらいました。「品のあるコテ目で、、、」という抽象的な要望に答えていただき、いい感じに仕上がりました。


d0021969_09320413.jpg

施工前には、3種類の塗り見本を作ってもらい、建て主さん、施工者、設計者の3者でイメージを共有しています。


小野育代/小野育代建築設計事務所


[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2017-07-05 09:37 | 小野 育代 | Comments(0)

高知

本日の窓口当番の丸石です。
d0021969_11320652.jpg

3月のお話ですが、 
家づくり学校の修学旅行で高知に行ってきました。

国の調査によると、世帯あたりの飲み屋で使う飲食代が
全国1位になるような 酒豪の国のようです。

他にも、一人あたりのビール消費量がすごいやら、
お酒にまつわる土佐弁が商店街には あふれています。

「たっすいがはいかん!」「おきゃく」「いごっそう」など
はてな?と思った言葉は、ほぼお酒にまつわる言葉だった
ことに、「衝撃」ならぬ「笑撃」を受けました。

そんな、明るい国の まちあるき・建築巡りです。

d0021969_12335607.jpg

吉良川町の「いしぐろ」とよばれる石垣塀。

浜辺や河原の石を 半分に割ったりして積み上げたものです。
近くにある、拾ってきたよ。的な素材。目から鱗です。

d0021969_12571415.jpg

こちらは、高知県立牧野植物園の温室で使われていた壁。
水と緑との相性がとてもよく、今後の参考になりました。

d0021969_13093417.jpg

白亜の城。沢田マンション。素人が独力で建てた集合住宅です。
夫婦二人で造り始め、20年近くをかけて造られてきたようです。

その奥様にお会いしました。
このような破天荒な伝説を生み出した方です。

初めは、おそるおそる遠くから伺っていましたが
予想に反して、とても気さくな方でホッとしました。
d0021969_13232485.jpg


ベランダに 無造作に干された洗濯物が青空に映えます。
むきだしの建物からのぞく生活。整えられた景色に慣れているので

ここで感じる感覚は大事にしないといけないと思いました。

d0021969_13364403.jpg

高知城。まったく期待をしないで見に来たのですが
感激。開館時間をすぎていたので、外郭をみるだけ。

この写真ではわからないのですが、
天守閣がメインの石垣の軸線とは違って振れています。

なんだか、手間がかかっているように感じるのですが、
高知の気候風土に関係するのでしょうか。

次回、また機会があれば、再訪したいと思います。

d0021969_13470869.jpg

まだ、明るいうちから混雑する ひろめ市場。

ここひろめ市場を抜け、アーケード街を通り、
宿であるホテルに戻りましたが、

その間、まぁ、お酒をもって、差し向かって
談議・談笑する人たちが なんと多い事よ!と驚き。

高知県が生み出してきた 並ではない偉人の多さは
この風土(?)がきっと生み出したに違いない。

そう思えました。


丸石隆行/techtohook丸石隆行一級建築士事務所
[PR]
# by npo-iezukurinokai | 2017-06-26 22:26 | 丸石 隆行 | Comments(0)