ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

タグ:家づくり ( 114 ) タグの人気記事

住まいは人なり

家居の、つきづきしくあらまほしこそ、仮の宿とは思へど、興あるものなれ。よき人の」、のどやかに住みなしたる所は、さし入りたる月の光も一きはしみじみと見ゆるぞかし。

d0021969_10403057.jpg

徒然草の一説で、全体の調和がとれ感じ良い住まいは、心ひきつけれれるものがある。さしこむ月の光も、よそよりは一段と心に染み入るように見えてしまうというような意味です。日々の暮らしを丁寧に楽しみ、設計に生かしてゆければと思うのです。

d0021969_10403059.jpg

リノベ頼むなら「リノベーション窓口」まで
光風舎/吉原健一


[PR]
by npo-iezukurinokai | 2017-11-20 10:41 | 吉原 健一 | Comments(0)

ほどよい田舎で暮らしてみませんか?

こんにちは
本日の窓口当番、アトリエ・アースワーク山下和希です

立冬の朝、安曇野の自宅周辺は気温が0.9度、蜘蛛の巣もフロントガラスも凍る朝でした。
先週は氷点下0.2度となる日もあり、いよいよ晩秋から初冬へ、冬支度を始める季節です。

この度、私たち「NPO法人 家づくりの会」では、今の暮らしを地方での新しい暮らしへと目指す皆様に向けて、「(仮称)移住計画〜ほどよい田舎で気持ちよく暮らそう!」をテーマに活動を開始することとなりました。
まだ始まったばかりのプロジェクトですが、「地方への移住」をキーワードにIターン・Jターン・Uターンする際の一助になればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
d0021969_11104444.jpg
d0021969_11525779.jpg
d0021969_11581921.jpg
d0021969_11583538.jpg
d0021969_11585229.jpg
d0021969_11104760.jpg

[PR]
by npo-iezukurinokai | 2017-11-07 11:01 | 山下 和希 | Comments(0)

コンクリート打ち

庄司寛建築設計事務所の庄司です.

秋晴れの下でのコンクリート打ち…

d0021969_09383267.jpg

晴天下でのコンクリート打ちはとても気持ちの良いものですが,コンクリートの打設に最適な環境をと考えると曇天で少し小雨模様のほうが有難いですね.晴れていると打設したコンクリートの表面がどんどん乾いてきてしまい気が気ではありません.コンクリートの打設に際しては,生コンのプラント工場との打ち合わせや打設計画の綿密な検討等,様々な協議を経て打設に臨むのですが…当日の天候だけは天に任せるしかなく,この点がコンクリートの仕上がりに大きく影響を与えます.天候に恵まれてうまく打設できたと感じる躯体の型枠を外した際に,上質なコンクリートを目で確認できた時はとても嬉しいものです.…コンクリート住宅の醍醐味の一つですね.


庄司寛/庄司寛建築設計事務所


[PR]
by npo-iezukurinokai | 2017-11-05 09:44 | 庄司 寛 | Comments(0)

新潟県から簀戸(すど)がやってきた。

d0021969_14284497.jpg
早朝に新潟を出発してお昼に鎌倉・御谷の家に到着。高橋建具製作所の親方と五十嵐さんが注文していた簀戸をバンに積んでやってきました。敷居、鴨居の寸法通りにつくってくれたので、簀戸の吊り込みはあっという間に取り付け完了。框は新潟杉を使い、室内から外がクッキリ見える竹ひごを選んだ。相談しながら和風にならないよう框をできるだけ細く、組子はできるだけ大きくした。竹ひごを編む糸は茶色を選び、組子の巾に合わせて編み職人さんが均等に編んだ特注だ。出来上がりは部屋からスダレ越しに御谷の森がくっきりと映し出されるが、外からは室内の様子がまったくと言っていいほどのぞくことが出来ない。日本の職人さんはすばらしいです!
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2017-10-07 14:31 | 森 博

車の雑誌”ENGINE”掲載

庄司寛建築設計事務所の庄司です.

弊社設計の「吉川の家」が新潮社発行の車の雑誌“ENGINE” に掲載されました.

http://www.shinchosha.co.jp/engine/

「吉川の家」:”ENGINE / P.150153”

d0021969_08361995.jpg

24坪の土地に建てた小住宅です.

機会がございましたら書店等にて是非ご一覧ください.


庄司寛/庄司寛建築設計事務所



[PR]
by npo-iezukurinokai | 2017-10-01 08:47 | 庄司 寛 | Comments(0)

注連縄。

本日窓口だった伊澤です。
昨日は耐震診断の調査でした。
3軒長屋でしたので、
今年家づくりの会に入った工藤さんと設計仲間、工務店さんの4人で調査をしました。

古い建物の調査をすると、色々、初めて見るものがあります。
1階の天井点検口を開けると、今回は、注連縄。
向きは北西になるのですが、


d0021969_18365401.jpg

そういった風習があることは聞いた事はありませんが、悪い気はしません。
改修も難しそうな、この物件、守ってくれそうな気がします。
っていうか、守ってください!
ちなみに物件は大正9年の建物でした。や、やく100年。。。

リノベーションするなら、家づくりの会リノベーション窓口へ!
10月にイベントします。お越し下さいませ。




[PR]
by npo-iezukurinokai | 2017-09-17 18:50 | 伊澤 淳子 | Comments(0)

自分の眼で

本日、窓口当番の後藤です

先日、地元は三重県にある
三重県林業研究所さんのところで
実大実験に参加してきました

実験って???何するの?と思う方もいるかと思いますが
今回は、木造住宅で使う「梁材」の強さを知ろう!との事で
「杉・桧・米松」×「天然乾燥・高温乾燥・未乾燥」を
メインフレームとなる「梁」と想定した、長さ2m70㎝の材に
小梁と想定した2点に、ジワジワと力を掛けていくと・・・・
さて、どうなるか???です
d0021969_13491592.jpg
結果は想定通りの事もあり、想定外の事もありでしたが
多くは4トンくらいの力がかかると、ビシッ!バシッ!と音がなり
(繊維が外れていく音らしいですが。。。)
そして!バチ~ン!!!という大音量と共に材が折れます
(この迫力は解っちゃいるけど、ビックリするくらいの音なんです)

もちろん、実際の生活で4トンの重さが加わる事はない訳ですが
今回の実験では、節から破壊されてしまう事が多く

機械で計測した強さを信じるだけでなく
強度を図面に描いて終わりじゃなく
実際に自分の眼で見て、触れて、現場に入る前の検査は大事というのを
身を持って経験できました

また、今回すごく面白かったのは
材の強さ(ねばり)を、アナログで計測してみよう!と
d0021969_13591176.jpg

大人3人が、横に置いた材の上に乗って
どこまで、曲がるか?!
これで、高価な計測器が無くても、強さを計算できるんですよ
(ちなみに、大人3人で300キロ・・・・でしたけど。。。。)

後藤孝/後藤建築設計
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2017-09-15 08:00 | 後藤 孝 | Comments(0)

小さいけれど大きな効果

本日市ヶ谷のギャラリーに座っておりますのは田中ナオミであります。
「リフォームの窓口」という家づくりの会の活動の一環から
小さくても大きな効果のあった事例を載せてみます。
階段の吹き抜け部にファイバーグレーチングの床を設けて
突き当たりの窓をFIX(はめ殺し)から通風窓にした例。
吹き抜けの掃除が不可能であったのと風が抜けない不都合で
最小限の費用で「うわぁ~♪」という体感の気持ちよさを得たのだ。
これは気持ちいいですよ。
この風と光が通った時の住み手の声と顔!
それを見て聴くために生きてると言っても過言ではありませぬ。
うん。
というわけで…
リノベ頼むならリノベーションの窓口へ
d0021969_07464541.jpg
d0021969_07472967.jpg
本日 私のBlogもご覧下さいまし。
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2017-08-31 06:00 | 田中 ナオミ | Comments(0)

現場の男たちがイカしている。

d0021969_07121007.jpg
d0021969_07122714.jpg
d0021969_07124370.jpg
d0021969_07130534.jpg
d0021969_07131477.jpg
d0021969_07132659.jpg
窓から富士山が見える葉山の家、現場の男たちはイカしているね。初めてお願いする左官屋さんの親方はすごい、下塗り、中塗りの仕事ぶりから腕のよさがビンビン伝わってくる。天井の漆喰塗りがはじまるや現場の空気がピ〜んとはりつめ緊張する。外ではとび職が古材の佐島石を力技でコバ立てにして敷き並べる。現場にデブはいない、引き締まったボディーに足袋とニッカポッカがよく似合う。格好いいなあぁ!

森ヒロシ建築設計所 / 森 博





[PR]
by npo-iezukurinokai | 2017-08-27 07:16 | 森 博 | Comments(0)

半田事務所のバルコニー

半田事務所は、板橋駅から徒歩5分。

ビルが建ち並ぶ商店街に近いマンションの一室にあります。

窓からの景色はビルばかり。

あまりに殺風景なので、バルコニーに鉢植えの植木を置いています。

ヤマボウシ、ヒメシャラ、シマトネリコ、アオダモ、コナラなど。

緑があると雰囲気は一変、爽やか。町中であることを忘れます。

建て主さんとの造園打合せの樹種サンプルでもあります。


d0021969_16230730.jpg










[PR]
by npo-iezukurinokai | 2017-08-17 16:39 | 半田 雅俊 | Comments(0)