ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

タグ:建築家の日常 ( 144 ) タグの人気記事

久しぶりに訪ねたアーバス立川ビル

JR立川駅より多摩モノレールで北へ一駅、高松駅前に竣工して7年、我が事務所設計の最大規模の建物があります。
久しぶりに近くへ行った折に立ち寄ってみました。
この場所は当初から多摩地区の中核として位置づけられた新市街地で、向かいには水道局・東京電力等の建物が建ち並び、アーバスビルと同時期に、立川市役所・法務総合庁舎・東京地方裁判所等が近隣に移転新築され、さらに去年、一昨年とララポート立川・IKEAと大型商業施設がオープンし、まさに立川の新市街の中心地になりつつあります。
d0021969_1584417.jpg

敷地は東南の角地の3.000㎡、延べ床13.000㎡、地上8階建てRC造(免震構造)別棟(立体駐車棟60台)S造。
7年の歳月は、廻りの樹木も豊かに生茂り、建物もいっそう風格と落ち着きを増し、周囲に溶け込んできたと当初の想いが実現しつつあることを勝手に実感した次第です。
d0021969_1591019.jpg

d0021969_1594336.jpg

広々としたエントランスホールに入って周囲を見渡し、竣工時と変わらないほど、綺麗に使われていることに嬉しくなりました。
d0021969_1592744.jpg

普段、住宅の設計が主の事務所が、この規模の建物を実現させるには、語り尽せないほどのプレッシャーや不安を抱え込み、酒の力を借りても眠れない日が幾晩もあったことを思い出しました。
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2016-06-03 15:12 | 十文字 豊 | Comments(0)

安行の植木

今年も5月から家づくり学校(第8期)がスタートしました。

先日は2年生の植木の授業へ参加し、植木の町・埼玉県の安行を
学生さんたちと一緒に一日めぐりました。
(講師は川口通正さん)

d0021969_04432523.jpg

気に入った植栽をいくつか購入して、仕事場の脇に植えました。
日々成長の様子を観察することが日課になっています。




[PR]
by npo-iezukurinokai | 2016-05-29 17:51 | 丹羽 修 | Comments(0)

自分でできる外壁洗浄ー25年間の汚れもこの通りー

216
上の写真はなにかお分かりですか?元の汚れた壁と丸く白いところがきれいなったところです。
218
上の写真はきれいにしてる犯人いや勇姿です。
連休中、家庭内での点数稼ぎ(罪ほろぼし?)に25年以上経て汚れたコンクリート壁や左官壁壁に高圧洗浄をかけてみました。下がかける前の門柱の写真です。
201
それがこのようになりました。
224
このようなコンクリートの塀も
207
こんなに面白いほどきれいになります。
231
モルタルの壁の汚れも
195
このように
227
この通り。
決して私は高圧洗浄機の販売店の回し者ではありません。
でもペンキやさん等が飛び込みで、外壁の補修をしないといけないんじゃないですか?といわれることはありませんか。
また私どもの設計では左官壁の仕様が多かったりするものですから、もしかして汚れてお困りの方がいらしてはいけないと思い、このように自分でもきれいにできることをお知らせしたく、ブログに書かせていただきました。
但し、水圧は多少調節できますが、高い場合、きれいになるだけに、コンクリートやモルタルの壁を少し傷めるところがあり、砂がはじかれたり、綻びかけたところが欠けたりすることがあります。そのため雨合羽やマスク、メガネが必須です。ご注意ください。でも欠けたところは補修すべきところを事前に教えてくれたと思えば納得できます。また経年変化で多少の色の変化程度で、庇がかかっていて、汚れが気にならないところまでは高圧洗浄をかける必要はありません。経年変化を楽しみください。
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2016-05-19 09:29 | 藤原 昭夫 | Comments(0)

家づくり学校・家づくり大賞展

ブログ当番は小野です。

先週から家づくり学校が始まりました。
2年生、4年生、今度の日曜日からは3年生、5月最終日曜日は1年生です。5月20日まで募集受け付けております。

家づくりの会事務局ギャラリーは家づくり大賞展中です。
こちらもしばらくやっていますので、
ぜひ、いらして下さい。

d0021969_1723123.jpg


5月は大好きな季節ですが、毎年体調をくずしておりました。
今年はなんとか持ちこたえて、爽やかな風を楽しんでいます。

小野育代/小野育代建築設計事務所
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2016-05-16 17:25 | 小野 育代 | Comments(0)

セイリングクルーズ

本日(5/15)ブログ担当の庄司です.
d0021969_7222492.jpg
d0021969_7223692.jpg

過日お誘を受け,春風の下 びわ湖でヨットクルージングを愉しみました.帆船はフランス ジャヌー社製のセイリングクルーザーで,帆を張る際にワイヤーの巻取り等を手伝いましたが,結構な重労働で翌日心地よい筋肉痛が残りました…叡山の山並みがとてもきれいな気持ちの良い一日でした.

庄司寛/庄司寛建築設計事務所
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2016-05-15 07:23 | 庄司 寛 | Comments(0)

春から夏へ

みなさん、こんにちは!
本日は私、山下和希が当番です。

近頃は、「春」が短いように思いませんか?
今の時期でさえ25度や28度と天気予報で言っています。
私の子どもの頃は25度なんていえば夏の気温だったように思います。

安曇野の事務所は長い冬を越え、待ちに待った春がやってきた!と言わんばかりに花が咲き誇り、新緑の山々は本当に笑っているようです。GW中はあちらこちらで安曇野の風景をキャンバスに描く人がたくさんいました。
安曇野は良い季節を迎えました。東京近郊からなら近いので是非お出かけください。
d0021969_15223618.jpg


和歌山の事務所はみかん畑の中にあるので、GW過ぎのこの時期は部屋中みかんの花の香りで満たされます。
縦長丸の白い花、飛び交うミツバチの羽音。ハチが集めたみかんの蜂蜜は濃厚で香りが良いです。
和歌山は南紀白浜、高野山が夏の観光地としては人気があり、海の幸も絶品です。
羽田から白浜空港までの定期便もありますので、こちらも是非お出かけください。
d0021969_15165753.jpg

[PR]
by npo-iezukurinokai | 2016-05-10 15:24 | 山下 和希 | Comments(0)

ONする考え方

今日は田中ナオミが市ヶ谷に居ます。d0021969_853462.jpg
GWいかがお過ごしですか?
毎日JOGを欠かさず
恙無い毎日がダイスキなので
ロバのように
コツコツ働いています。
周囲が休んでいるときに
働くのは何より好き。
ウサギと亀の亀であります。
昨今、断捨離+持たない…
という風潮ですが
こと「食」に関しては
押しなべてONです。
食べて痩せる+体にいい
などと自分に寛容なコトを言う。
決して引き算をしないところが
人間らしい。好きです。笑
そんな私の朝ごはんも「小鳥のえさ」のようでありまして
グラノーラ+アーモンド+ミューズリー+各種フレッシュ果物
+黄な粉+ゴマ+干果物+ヨーグルト…と増殖してます。
わはは。朝 忙しいッタラありゃしない。
本日は私のBlogもあわせてみてください。田中ナオミアトリエ
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2016-05-02 06:00 | 田中 ナオミ | Comments(0)

せま~い庭でも

近くを通りがてら、2年前に竣工した板橋区の家にふらっと立ち寄りました。お留守だったのですが、囲われた中庭の手入が行き届いていてうれしい気持ちで帰りました。暮らしと家が馴染んでいくってこういうことなんですね。

中庭から見上げた都会の空
d0021969_14503914.jpg

竣工して二年目の中庭
d0021969_1447939.jpg






松原正明建築設計室
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2016-04-10 16:21 | 松原 正明 | Comments(0)

グッとくる記憶

ご近所で偶然見つけた昭和の遺産。
d0021969_22525545.jpg

この写真を見てグッときてしまう方お幾つでしょうか?
当方は何度見ても妙に落ち着いてしまいます。

昭和の良き建物は老朽化の波に呑まれて毎日のように
スクラップされていく現在。

地に足着ていたこの時代が忘れ去られてしまうのは
寂しいですね…


(杉浦 充/充総合計画)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2016-04-08 15:05 | 杉浦 充 | Comments(0)

市ヶ谷の桜

d0021969_1584329.jpg

今日の当番の村田です。

桜の見頃を迎えた東京ですが、家づくりの会事務局がある市ヶ谷は桜の多い街です。
飯田橋から市ヶ谷、四谷までの外濠は桜の名所。
今日はあいにくの曇り空ですが、花見の場所取りをしている人も多くにぎわっていました。
(下の写真は事務局近くの東郷公園)
d0021969_1595165.jpg

住宅の植栽では花暦を考え樹種を選定しますが、桜を選ぶことはあまり多くありません。
馴染み深い染井吉野は、枝が張り大きくなりますからなかなか難しい。
ただ、横に枝を張らずに直立するように育ち、狭い場所でも植えられる品種もあります。
玄関近くのアプローチなどに植えれば、家族もご近所さんも楽しめる、という訳です。

村田淳/村田淳建築研究室
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2016-04-01 16:02 | 村田 淳 | Comments(0)