人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

銭湯を活用したい!

 今週のブログ担当の菊池です。順番では2週間前が当番予定でしたが、十文字さんに交代して頂きました。十文字さん、ありがとうございました。また、先週は倉島さんの前川国男建築探訪を堪能させて頂きました?あっという間に自分の番となり、すでに水曜日です。今週よろしくお願い致します。
 昨日は4年前に廃業した銭湯の実測調査に参加しました。最近は町の銭湯に行く機会がほとんどありませんが、古くからある銭湯は瓦屋根の立派な造りの建物が多いですね。下足箱の組み込まれた玄関や仰ぎ見る洗い場の高〜い天井。ここは8メートル近くありましたから、2階建ての屋根の高さ位になります。そして富士山のある壁画。実測を行った銭湯は昭和25年から続いた歴史もあり、建物も銭湯建築として立派なものです。このまま取り壊すのではなく、これから建物の利活用を考えていこうということで、まず現地調査を行う事になりました。
 脱衣場にあった湯銭400円の看板が気になって銭湯の料金を調べてみました。銭湯の料金は全国一律ではないんですね。一番高いのは東京都と神奈川県の450円(大人)でした。廃業の時からさらに値上がりしていました。
銭湯を活用したい!_d0021969_7374825.jpg

銭湯を活用したい!_d0021969_7384773.jpg

営業中の看板 お湯が沸いている事を示して「わ」 休業は湯を抜くで「ぬ」
菊池 邦子/テリトプラン href="http://www.npo-iezukurinokai.jp/">NPO法人家づくり
の会所属)
by npo-iezukurinokai | 2010-10-20 07:42 | 菊池 邦子 | Comments(3)
Commented by 欒樹 at 2010-10-22 10:06 x
 「わ」は』判りましたが、手前にぶら下がっている矢を番えた弓は何でしょうか?
Commented by 菊池邦子 at 2010-10-25 14:53 x
欒樹さん、 コメントありがとうございます。
銭湯の前の弓矢は「弓を張る」が転じて「湯に入る」となり、
湯屋の表示になっているそうです。
Commented at 2010-10-25 14:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< カンボジアの建物 仙台::・:::前川國男建築見... >>