ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

初めての水盤


昨年長崎に出張したついでに寄った「長崎原爆死没者追悼平和祈念館」。

地上に見えるのは、丸い水盤と地下へ光を導くガラスボックスがあるだけで
慰霊のための施設は全て地下深くに埋められているという、
久々に唸ってしまうようなすごい建築でした。

d0021969_18362550.jpg


とにかく地上の水盤の施工精度が素晴らしくて、黒御影石から溢れる水が全くの均一。

d0021969_18364294.jpg


この水盤の石にはさらに死没者の数と同じ70000個のLEDライトが埋め込まれているそうです。



この「水盤」、他の人が設計したものはバブルの頃とかによく見てはいたのですが、
今回初めて自分もやることに。

海岸道路に面した敷地に建てた週末住宅で、最上階のLDに面したテラスに
建て主さんの希望もあって小さめの水盤を設けました。

水盤の縁には定石どおり丸く面取りした石を水平に設置して、
四周からきれいにオーバーフローさせるようにしてますが、
この精度がやはり難しくて、一度補修してやっと完全に水平に。

d0021969_18465280.jpg


水道屋さんも電気屋さんも「水盤」はやったことない、ということでどうやったらいいのと
悩んだりしましたが、ウッドデッキの高さと水面の高さをぴったり揃えたり、
水盤内のタイルを海と同じ色にしたりとか、細かい工夫もそれなりに効果はあったようで、

出来てみると想像以上に良いです。

d0021969_18472335.jpg




水口 裕之/水口建築デザイン室NPO法人家づくりの会所属)

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2011-03-02 19:08 | Comments(0)
<< 地鎮祭tips ジャングル風呂 >>