ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

「このたびの震災について」

3月11日に起こりました「東北地方太平洋沖地震」においては、大変な被害が生じております。
被災にあわれた方々に、心よりお見舞い申し上げます。
余震も続くなか、福島原発の問題もあり、まだまだ安心できる状況にはありません。
また、被災地への支援も上手くいかず、多くの方々が苦難を強いられています。
大きな試練が訪れていますが、みんなで協力しあって、
しっかりと前を向いて進んでいければと思っています。


さて私事ですが、ここ数日はこのような状況ですので、
日常生活や業務においての予定などがいろいろと変更になったりしています。

先週金曜日の地震発生時は、デスクワーク中でしたが、その揺れは今までに感じたことのないような激しいものでした。いくつかのモノが落下したりしましたが、幸いにも大きな被害はありませんでした。
外に出でみると、多くの人たちも同じように出てきていて、皆不安そうな表情でいました。
保育園に行っていた娘のことも心配でしたので、急いで連絡をとりましたが、こちらも無事でした。保育園からの要請もありましたので、この日は早めに迎えに行くと、子供達は防災頭巾をかぶり、避難用の靴を履いて、非常体制で待っていました。そんな状況でも何事もなかったように笑顔を振りまいている子供達に、ちょっとだけ救われた気がしました。
仕事に出掛けていた妻とは、夜にようやく連絡がつきましたが、みなさんご存知のように交通機関は軒並みストップしていましたので帰宅は困難とのこと。妻は会社に留まることも考えましたが、やはり子供のことが心配との理由でなんとか帰りたいと言い、バスと徒歩でなんとか日付が変わる少し前に無事に帰宅出来ました。帰りを待っていた娘は、妻の帰宅直前に寝てしまっていました。


その後は、なかなか落ち着いて仕事も出来ない状況が続いておりますが、出来ることはしっかりと行っていこうと気持ちを切り替えています。


昨日(16日)は延期になっていた打合せが行われました。そのため、午前中は世田谷方面に行き、午後からは次の打合せのために新宿方面に移動しました。今週の前半に比べて、交通状況はかなり改善されましたが、運休区間があったり、運行本数減などがあるので、いつもよりは大幅に余裕をもって行動しました。
そのおかげか打合せは無事に終わりました。


それにしても、食料品や生活用品の買占めには酷いものがあります。
私の近所のスーパーやコンビニでも、軒並み品薄状態が続いています。特に水や牛乳、缶詰類、カップラーメンなどを見ることも出来ません。
ガソリンなどの燃料も同じですが、被災地の方々など、本当に必要としている人がたくさんいます。皆もう少し冷静になって行動してほしいと思いますし、原発の放射線漏れの件などでも、正確な情報をもとに冷静に判断してほしいと思います。

そして、さまざまな批判や非難がある原発の問題も、今まさに現場で危険に身をさらし、命をかけて、日本を救うために作業している人がいるのです。私たちは、こうした方々や被災者のためにも、冷静に、出来ることをしっかりとしていかなければならないと思います。
「頑張れ日本」の気持ちで。


まとまりのない文章で申し訳ございませんが、地震発生後から改めて考えさせられることが多く、
また、これからの私たちの生活は、社会の仕組みも含めて大きく変わっていくのかなとも感じています。


今週はブログ担当ですが、なかなか書き込めずに大変申し訳ございません。


d0021969_22191926.jpg


宮野 人至/宮野人至建築設計事務所NPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2011-03-17 22:30 | 宮野 人至 | Comments(0)
<< 「あっという間の・・・」 昨日は失礼しました。 >>