人気ブログランキング |
ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

沈黙と光についての断章


ルイス・カーン

光と沈黙の交錯するところに芸術、すなわち人間の唯一の言葉の聖域があり、それは影の宝庫である。

光からつくり出される一切の物は影を鋳出するが、われわれの建築はまさにその影によってかたちづくる物であるとカーンは言う。

光と影・沈黙は、カーンの残した数々の傑出した作品の本質的なエレメントと言えるのではないか。

(十文字 豊)


d0021969_101017.jpg

by npo-iezukurinokai | 2011-07-16 10:13 | 十文字 豊 | Comments(0)
<< 夢を見るために目覚めた決勝戦の朝 人は自らの好みに素直に従え >>