人気ブログランキング |
ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

地盤改良--狛江の写真館--

今週担当のシーズ・アーキスタディオ白崎です。4年前にシーズアーキスタディオのブログで掲載した「狛江の写真館」の設計レポートを再掲したいと思います。店舗付き住宅のつくりかたの参考になればと思います。

地質調査の一種であるスウェーデン式サウンディング試験の結果、関東ローム層が地表より75㎝前後の深さにあることが判明しましたので、そこまでは地盤改良をすることになりました。
地盤改良にも色々ありますが、この深さですと表層改良がリーズナブルです。

一般に深さ2Mまでは表層改良、8M前後までなら柱状改良、それより深いと杭工事とするのが一般的です。

セメント系固化材を、土1立米につき120kg混ぜていきます。
ここでは、深さ1M×建築面積50平米足らずということで、6tの固化材を混ぜます。
d0021969_22244816.jpg

(上)固化材、一袋1tです。赤スプレーでナンバリング。

工程は、ユンボで掘削。白い固化材を散布。攪拌しながら、埋め戻していきます。
d0021969_22261028.jpg
d0021969_22255331.jpg


掘削しているとき、脇で埋め戻すための土が山のようになっています。
1M掘れば、最低でも1M以上の山ができます。それだけで2Mの差。 

工法説明などでは2M程度が限界と言ってますが、それだと4Mの差が出来てきます。敷地の広いところならそれもできるのでしょうが、住宅密集地では、1M程度が限界ではないでしょうか。それ以上は施工者の危険性がぐっと高まるように感じました。
d0021969_22272538.jpg

最後に土を転圧して終了。サンプルピースを採取。
1軸圧縮試験を行ったところ、35kN/平米の支持力が必要であるのに対して平均890kN/平米という余裕の結果が出ました。

-----------------------------------------------------------
白崎泰弘(シーズ・アーキスタディオ)
by npo-iezukurinokai | 2014-04-14 22:10 | 白崎 泰弘 | Comments(0)
<< プレカット図のチェック--狛江... 皇居の続き2 >>