人気ブログランキング |
ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

住まいの出来事など

ギャラリー窓口当番のために、本日も半蔵門から歩いて向かいます。
朝の雨は止みましたが、今日はどんより曇り空。
それでもいつものように目に入るこのマンション。
d0021969_145705.jpg

どうですか。この意匠!? 昭和の臭い、いや匂いプンプンです。
マンション名は「NK麹町コータース」1,969年に建てられています。
当方と同世代といって良い建物です。

学生の頃はこの手のマンションに対し、本質から少し逸れた見せかけの演出が却ってダサいように写っていたように思います。

しかし、今見返しますと、このあり得なそうな色使いや装飾に、この時代の希望や元気のみなぎを感じ、歳と共になぜだか懐かしさがこみ上げてくるように。

歳ですかね?いや、現代がどのような方向に向かっているのか、掴み所のない不安定な時代に対して、明確な一時代を感じるデザインです。
それが気持ちよいんですね。

-------------------------

さて、それでは先週の土曜日のレポートでも。

午前中の所用を終えて、午後一は先月にお引き渡しました、調布市の薪ストーブのある2世帯住宅に伺いました。
d0021969_14595280.jpg

先月から保留となっていました、薪ストーブの2回目の試験炊き及び、お施主さんへの使用説明をストーブ屋さんに行っていただくためです。

竣工写真撮影時には未完了であった、外部駐車場の土間コンクリートや外部収納の扉も施工されています。
d0021969_1504347.jpg

焚き始めの煙の様子を子供達と確かめるため外に出ましたが、きちんと乾燥した薪であり、曇り空という事もあって、よくよく見ないと煙が分からないほどの良好な燃焼状況でした。
d0021969_1513548.jpg

「煙突といえば煙」を期待していた子供達にとってはあまり面白くなかった様子で、ご長男は直ぐに室内に戻ってしまいました。(笑) そこで、ご次男のみでの記念撮影となりましたが、大変いい笑顔です!
d0021969_153773.jpg

季節は春。少々の暑さに耐えながら(笑)、梁と梁の間にオーダー設置した通称「懸垂バー」を実際に試してみて、体は更にヒートアップ!

アイスコーヒを頂きつつ、炎を眺めながら一時を寛ぎました。

我々が帰った後に、お施主様は3回目の試し焚きまで完遂されたそうです。

次は、秋までに薪置き場が目標でしょうか。
駐車場の一部か建物の北側にでもスペースがとれそうです。

-------------------------

一旦、事務所まで戻り、夕方には1年半前に引き渡しをしました、玉川学園の2世帯住宅へ向かいます。
d0021969_154565.jpg

竣工後、間もなく生まれたご次男も1歳になり少し落ち着かれたこの時期に、ご招待いただく運びとなりましたが、6歳のご長男にも久しぶりに会えるので成長が楽しみです。

お施主様からは、「地下のオペラルームの音響システムが整っているので、好きなDVDやCDを持参して愉しんでください」とのお話でしたので、お酒を嗜みながら堪能することをとても楽しみにしていました。

CDを準備しに我が家に一旦戻ると、家の中で息詰まっていた、5歳の娘が「私もどうしても行きたい!」と叫くので、急遽お施主さんに、一人増えても良いでしょうか?と相談したところ、どうせなら家族4人でということに。

準備の都合上、大変申し訳ありませんでしたが快くご対応くださいました。
同じく1歳になる我が息子としては、初の同世代対面となります。
d0021969_1573016.jpg

最初はお互い何ものか?と敬遠し合うような素振りでしたが、途中からは触り合うまでに。初のお友達です!
d0021969_15821.jpg

我が娘に対し、ご長男は恥ずかしがってか、しばらくは見向きもしない状態で、娘もつまらない様子でしたが、途中からは住まいを案内してくれたり、2人で地階にアニメ鑑賞に行ったりと徐々に打ち解けてくれました。
d0021969_1582999.jpg

挙げ句の果てには、半階スキップする上階より、おもちゃのピストルで大人達が狙撃されたりと、本来のやんちゃ振りを発揮するまでに。(苦笑)
d0021969_1510451.jpg

最後に、ご次男さんがとっても素敵な笑顔を見せてくれました!
(CD鑑賞はまたの機会にお預けに…)


(杉浦 充/充総合計画)
by npo-iezukurinokai | 2015-05-19 11:24 | 杉浦 充 | Comments(0)
<< マンションリノベ 「東京国立近代美術館へ」 >>