人気ブログランキング |
ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

リノベーション

d0021969_2111660.jpg


最近、リノベーションの依頼が増えて来ています。今、着工しようとしている家も新耐震以前の建物(昭和56年以前に建築)で、耐震補強の必要があります。
私の事務所のあるさいたま市では、耐震補強工事に最大120万円の補助を出しています。耐震診断を行い、それに対する補強設計を行い、最終的には現地確認の上、修正設計を行って工事を進めます。
当然、設計監理を行うわけですが、新築と違って制約や解体に伴う修正事項が増えて参ります。ちょっと先が読めない工事なんです。設計監理でも読めないように、施行者はより難しい判断を迫られます。
事前に床下や天井裏の確認等も行いますが、解体するとみえない部分で問題が生じる事が多々あります。

そんなリノベーション+耐震補強工事ですが、工務店といっしょにまとめ上げて参ります。

補助金120万円といえば大金ですが、工事費に対しては全く足りない金額です。もし耐震補強をお考えでしたら、通常に行われてきたリフォーム工事の時に、一緒に考えるのが合理的です。家を直そうかと考えた時は、耐震補強と断熱強化はもちろん、生活改善(楽しく快適に)も一緒に考えて下さい。

                一級建築士事務所マツザワ設計 松澤静男
by npo-iezukurinokai | 2015-08-24 11:35 | 松澤 静男 | Comments(0)
<< 『村野藤吾の建築-模型が語る豊... 婦人之友 >>