人気ブログランキング |
ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

宙に浮いた階段手摺

d0021969_22342787.jpg

階段のデザインは建築家にとって力のいれたくなるところのひとつです。
単に登り降りして階をつなぐという機能以上に、視界がどう変化していくのか、段を踏んだ時の感触、手すりの握り具合、空間に置かれたオブジェとしての存在感や美しさをどう演出するのか?考え出したらきりがないくらいデザイン的なテーマが凝縮したものとして階段はあります。
d0021969_22372974.jpg

この家の階段の手すりは一本の古材をできるだけシンプルにみせる、というテーマを自ら設定してデザインしました。一本の鉄の棒を上からおろしてきて、そこに一本の細めの古材の丸太を固定しました。
d0021969_22384822.jpg

空間の中に軽やかに置かれた階段はシースルーな構造を持って解放感と存在感を高めています。

安井正/craftscienceNPO法人家づくりの会所属)
by npo-iezukurinokai | 2016-08-09 22:48 | 安井 正 | Comments(0)
<< 天井冷房 家にまつわる本。 >>