ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

やっぱり堀商店はすごい!

d0021969_7562882.jpg

d0021969_7564360.jpg

d0021969_1349746.jpg

新橋にある鍵の老舗、堀商店の営業さんがやって来た。普段仕事モードの時に人が来るとつい冷たい応対をしてしまいますが今日は違う。スタッフも説明に加わって「バックセット51に付けるときの補助錠は1211D-51でいいんですよね、シリンダーの回転方向をそろえたいときはどの型番」っと質問攻め。いや〜ぁ、マニアックで楽しかったぁ。拙宅のトイレのレバーハンドルは吉村順三さんの別荘に付いていたものと同じヨット用の小さなレバーハンドル。1965年のカタログにNo.881-Lとして掲載されていたものが復刻、MCSという新しい型番が与えられた。レバーが小さなMCSに使う堀込空錠はバネの力が弱い1210L-38を選ぶ。うん、うちのヨット用にもそれが付いている。そして新製品として2種類の鍵が発売。一番下が標準の鍵、上から通称「トローチ型」、握る部分を大きくして掴みやすく改良した「旗型」。トローチ型の標準が真鍮の金色、特注でブラッククローム、ホワイトブロンズが注文出来る。トローチ型は標準に+300円とすごく良心的なお値段、さっそく拙宅用にトローチ型と旗型を注文。今度打合せに来られたらお見せしますね。ホワイトブロンズと黒いフェロネリのクラシックなつまみも品がある、やっぱり堀商店はすごい!

おまけ、鍵穴にCRCを噴射していませんか?
d0021969_7575665.jpg

鍵の抜き差しが渋くなってきたら潤滑剤のCRCを吹きかけていませんか、ぜったいにやってはいけませんからね。初めのうちは調子いいんですけど時間と共に細かな砂や埃と潤滑剤のオイルが練り合わさってもっと動きが悪くなります。そんなときは新橋の堀商店で売られているとっても細かい鱗片(りんぺん)状の粉末黒鉛をシュッとひと吹き。その名も「チービー chee bee」って不思議なネーミング、弊社製品名と書かれているからますます怪しい。鍵には「チービー」、ちゃんと覚えておいて下さいよ!

堀商店 http://www.hori-locks.co.jp/company.html

追伸
掘商店の方がボクのブログを見て下さり、会社中の人にどうして「チービー」って名前になったのか聞いて下さったそうですがだれも知らなかったそうです。

森 博/森ヒロシ建築設計所NPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2016-09-20 08:05 | 森 博 | Comments(0)
<< メキシコの薬 軽井沢建築散策 >>