ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

国産の薪ストーブ

薪ストーブのある家をこれまで50件以上設計してきてたくさんの燃える炎を見てきましたが、今まではほとんどが北欧かアメリカのストーブでした。国産は手作りのものが多く性能的にはヨーロッパやアメリカのストーブにはかなわないだろうと思っていたのです。ところが最近設置したAGNIは、デザイン、性能、つくり、全てに引けをとりません。特にこのAGNI-HUTTEは小型、42cmの薪が入る、離隔距離が少なくて済む、排気がクリーン、と都市部で使う薪ストーブの条件をクリアしています。薪ストーブの選択肢がまたひとつ増えました。
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2018-02-11 16:09 | 松原 正明 | Comments(0)
<< 作業興奮とも言うらしい タイルの色選びは難しいのだ。 >>