人気ブログランキング |
ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

やってみたら

本日、窓口当番の後藤たかしです

コロナもみんなの頑張りで一時期よりはなんとか。。。なんとか
と、言った具合で
在宅ワークも、画面超しのTV会議も、やってみたらなんとか、なんとか。なるもんですね

そんなやってみたら。のひとつに、自分で家のメンテナンス

梅雨に入る前に、暑くなる前に。やってみました
外にあるウッドデッキとか、外壁とか、建具とか木部の塗装

塗料を買って、刷毛とかバケツとか用意して
やってみたら_d0021969_15483340.jpg





















まずは、表面の汚れをざっとフキフキ
そして、あとは一気にヌリヌリヌリヌリ
塗りすぎても、あまりよくないので

横にスポンジなんか置いたりして
刷毛で、板3枚塗ったら
スポンジでふき取るように。。。なんて
ざっと、さっと、思い切って
素人なんだから、気にしない気にしない

大切なのは
きっと自分でやることで、建物の汚れ具合も、汚れる箇所も分かっていいですよやってみたら_d0021969_15483361.jpg




















こやって
天然の木が雨とかで汚れていく様も
僕は好きなんです
(なんか木の灰汁と、大気の汚れが雨だれになって、、、、)

でも、これも湿らした雑巾で拭くと
汚れが浮いてきます(オイルを塗るともっと浮いたりも)
汚れが浮いたら、さっとひと拭き
あら?!
汚れは簡単に落ちちゃうので
汚れが気になるぅ~と思う人でも安心ですね

やってみたら_d0021969_15483459.jpg





















もちろん、木の成分の抜けとか紫外線劣化とか
変色もしてくるので、お肌と一緒で潤いプラス
(劣化してからじゃないと、潤いは浸透しづらいんですよ)
そんな
ヌリヌリ、フキフキを繰り返せば、、、家はおのずと長持ちです

自分でやることが大切。なんて書きましたが
「やる。」ことも大事ですが
「やれる。」という家づくりをすることがもっと大切

確かに、化学の力はすごく進化してますが
ただ
耐用年数がいくら長くても
新建材なんて、素人では手が出ないので
メンテナンスがとてもハードルが高くなってしまいます

それに比べて、素朴なありふれた素材だけど、自分で塗れるとか、自分で変えれるとか
そんな家づくりをすることが、ずっと暮らし続けるコツですね

まだまだ、STAYHOME。を意識しながらの時間
メンテナンスや掃除。という視点で家づくりを考えるのもありかもです

後藤たかし/後藤建築設計

by npo-iezukurinokai | 2020-06-05 08:00 | 後藤 孝 | Comments(0)
<< 緑の散歩道と材木屋さんに行った話 今日の当番は伊澤です〜! >>