人気ブログランキング |
ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

復帰しました。

ひょっとしたら、テニスもボーリングも出来なくなるかも・・・という右手の怪我から3ヶ月。
仕事しながらリハビリ、医者からついにテニスOKがでて、昨日、早速ボールを追って走って打った・・・・・・というか打てました。
怪我の前と違って、力が抜けてというか力が入らず、リラックスしてとても気持ちよくボールを打てた気がする。そしてただただテニスを楽しんだ。嬉しかった、前からテニスはやっていたのにこんなことがとても幸せに思えた。
ということで、今週は怪我から復帰した、高野保光が担当です。

夜は札幌で行われているノルディックスキー世界選手権のジャンプ団体戦をTV観戦。長野オリンピックで日本中があんなに盛り上がったのに、今大会はほとんどTVでも放送なし、スポーツ好きの僕には「何でや!」と叫びたくなる状況です。そんな、誰からも見放された中、かろうじてTV中継された昨夜の日本ジャンプ陣の団体3位は、不振を続けていただけにジーンときた。
d0021969_1426545.jpg

先週末は家づくりの会の仲間,安井 正(クラフトサイエンス)さんのオープンハウスに行きました。人の手のぬくもり、手作り感の親しみやすさと、一方では知的で科学的な面をもつ、光をたっぷり取り込んだとても心地よい住宅でした。母屋と2階でつないだデッキスペースは、「場所をリフォームする」安井さんならではの秀逸な提案でした。

高野 保光/遊空間設計室(NPO法人 家づくりの会所属)
by npo-iezukurinokai | 2007-02-26 20:49 | 高野 保光 | Comments(0)
<< 職人の仕事と建築家 スイッチ >>