ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

最初のプラン提案

最初のプラン提案は特に大切に考えています。
案の骨格がしっかりしていないと、その後だんだんいい案にすることも出来ないと思っています。そしてクライアントがイメージしていたものより、いい意味でそれを裏切る提案をしたいですね。
スケッチや、模型を見ている顔から、それは十分伝わってきます。
自分としても納得のいくものが提案できて、ご家族に喜んでいただけることがなによりだし
僕も元気になります。
今日はお互いの顔がほころび、声のトーンも上がりました!!
d0021969_1457426.jpg

僕の場合スケッチを書いたり、粘土でモデルを作りながら次第にイメージを形にしていきます。
その後、所員が図面をCADにしたり模型にしたりそれにまた僕が何度も検討を加えて、1回目のプラン提案になる。今回この作業は、スタッフの堀さんが担当しました。

まだ設計のスタート段階。コストや法規その他超えるべき課題はまだまだ多いが、もっとも大切なのはクライアントとの信頼関係。まずこれがあれば僕らも工務店も頑張れます。、家づくりの基本ですよね。

高野 保光/遊空間設計室(NPO法人 家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2007-03-03 18:41 | 高野 保光 | Comments(0)
<< アウトレット丸太 2つの空 >>