人気ブログランキング |
ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

完成ははじまり

5年越しの家づくり。やっと日の目を見ることとなりました。
5年前、設計半年そして中断。昨年の夏にふたたび計画再開、そしてまた設計半年、工事半年という道のりでした。建築家との家づくりは大変です。ホントに住まいが必要かどうか、そこからはじまってゆきます。普段の生活を振返り、これからの生き方を考えてゆくことになります。私たちは、住宅の設計・設備・構造・施工・コスト・・・様々な提案をすることは出来ますが、最終の判断をするのは住む人。でもそこが面白くて依頼される訳ですが・・・。住む人、建てる場所によってまったく違う答えが出てきます。
d0021969_1513219.jpg

家が完成すると、ひとまず私たちの仕事は終わり。ここからは住む人の本当の意味での家づくりがはじまります。
引渡しの日、早速、住まい手の夢は膨らみ・・・。まずは書庫、母屋にあふれかえっている書籍をどうレイアウトするか、どのように大系付けようか、思い入れのある本はここに、子供たちに手にとってほしい本は低い位置になどと・・・果たして何年掛かることやら。
d0021969_15133032.jpg


*9/15に家づくり土曜ミニ講座を行います。テーマは街中に建てる小さな家、そのつくり方やアイデア、住む人が考えなければいけないこと。予算やスケジュール、近隣やまちへの配慮、具体的な事例を交えお話します。講師は、古川さんと私。ぜひご参加下さい。

*明日9/2(日)"渡辺篤史の建もの探訪"(TV朝日)にて昨年完成したシーサーのいる家が放送予定です。NPO家づくりの会から生まれた家です。こちらも、宜しく!

吉原健一/光風舎(NPO法人 家づくりの会)
by npo-iezukurinokai | 2007-09-01 15:18 | 吉原 健一 | Comments(0)
<< 街の森 建築家面談コースはじめました >>