人気ブログランキング |
ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

6家族のための、手づくりテラスハウス

 スバル自動車の企業城下町、群馬県太田。
人口13万の工業都市で、新しい賃貸住宅が完成した。
格安の建売住宅がひしめく地方の町で12〜15万円の賃貸。
「それなら新築が買えるじゃない!?」と誰もが首を傾げる中、
たった6家族のためだけの集合住宅が、構想5年を経て
クライアントと建築家の夢と賭けが融合して竣工したわけだ。
d0021969_12362897.jpg

 3LDK、平均23坪のメゾネット形式。
屋根はもちろん瓦。 床。天井、造作はすべて無垢の板を使い、
居間+食堂の吹き抜けから2階の個室が繋がっている。
 なにせその仕様は、1年半かけて一軒づつ造り上げる
普段の住宅作例とほとんど変わらないばかりでなく、
一軒ごとに異なる樹齢100年に迫る大黒柱を始め、
吹抜に架かる丸太梁は緩い弧を描きながらの家族を見守っている。
その間取りは全住戸の4面が全て庭に面すという代物。
こんな賃貸、太田はもちろん北関東では、まずお目にかかれないゾー!!。
、、、なんて豪語しても、本当に入居者が現れるのか?
d0021969_1246971.jpg

そんな心配を他所に、一番高い家賃の家から入居が決まって来た。
ようやく群馬にも「多様な住居観が広まってきた!」と、
少し安堵の設計者である。

徳井正樹
----------
明日、明後日は出張のためお休みします。
(会の誰か、できれば援護してね)
日曜日にまたお目にかかります。
by npo-iezukurinokai | 2007-12-06 12:47 | 徳井 正樹 | Comments(2)
Commented by オジャマ虫・スズキ at 2007-12-08 20:21 x
直ぐにでも飛んで見に行きたい!施主の勇気に脱帽です。
泉さんのアパートメントにも感動しましたが、言うは易し、行うは難し。
賃貸経営を経験してみると、賃貸人の使い方の荒さは想像以上
FRPのユニット・バスが割れていたり(金属バット使ったの?)
ステンレス・シンクがたった1年で錆付いたり、穴が空いていたり、焼け爛れていたり。滞納で追い出してみたら、部屋がゴミの山
で埋まっていたり。ランプ・シェードに2cmもワタアメのように
見事にワタゴミがコーティング!柱がダーツ遊びで孔だらけ。等等
あまりに多すぎて思い出すのもーーーーーーーー。
会の建築家の皆さん!こんな賃貸住宅を増やして、賃貸人の住む意識が変って行く事を期待しています。
最近、ミシュラン東京版が出てレストラン業界は大騒ぎ。
近年はフランス料理店では食べ手の味覚が低下し料理人の技術も低下。味よりも見掛け、店のインテリア、雑誌等での宣伝で繁盛する
時代です。レストラン雑誌の出版数はバブル期以上でしょう。
作り手と食べ手。造り手と住み手。レベルの向上も低下も両者の相互作用。会の建築家の皆さん!志高く頑張って下さい!
Commented by 徳井正樹 at 2007-12-11 10:27 x
オジャマ虫、スズキ様
賃貸住宅環境挑戦への応援メールありがとうございます!!!
当初このクライアントも、この計画には本当に疑心暗鬼でした。
ただ、その対岸で増殖する箱形ストライプ物件?が、
これからの賃貸経営の唯一の選択肢では無い!とは互いに確信していました。
それからが地方都市で成立する仕掛けづくりの長い道のり
が始まりでしたが、今回の出来事でこの街区をを10年かけて
作りがけて決心が搗いたようです。
賃貸建物の老若男女が共生する街、これが私達の夢の街です。
<< NPO法人家づくりの会は移転しました 1300年のメッセージ >>