人気ブログランキング |
ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

自然素材

自然素材がブームになっていましたが、何故でしょう?自然素材の良さが見直されてブームになった訳では無さそうです。シックハウス症候群とか、ホルムアルデヒドとか聞くようになりましたね。その前に高気密高断熱住宅という言葉が世間に広く伝わりました。寒冷地での省エネ工法でしたが、徐々に関東にも伝わって来ました。今では九州沖縄まで伝わっています。

その高気密から室内環境汚染が広がり、その対策としてホルムアルデヒドなどを排除する法律が制定されました。合板や内装材なども法規制され、今良く見るのは☆☆☆☆ですね。また居室には換気が義務化され、換気扇や給気口が設置されるようになりました。何だか変な法律なのですが、低いレベルの底上げとしては必要な法律かも知れませんね。建材の有害物質を排除・規制して、持ち込み家具等から発散する有害物質を排出する為に、換気扇を取り付け、室内の指定有害揮発性物質を減らしています。

そんな動きの中で自然素材が見直され、積極的に採用されるようになりました。では、何故かつて排除されたものが復活したのでしょう?30年以上前になったかも知れませんが、新建材などが流行り、ビニールクロスが普及して・・・職人の技術を必要とせずに簡単にきれいになる建材で家が造られるようになりました。これはハウスメーカーの台頭と比例しているのかも知れません。町の大工・工務店もまねをして、技術を売らずに家を売るようになりました。そんな手間の掛からず、簡単にきれいに出来る建材にも落とし穴がありました。住む人のために良いものではなく、造り手に都合の良いものを、また売れるものを作るあまり、有害物質をたくさん含んだ、またゴミ処理上問題のあるものが『良いもの』としてドンドン売り出されました。確かに自然素材は施工に手間暇が掛かり、竣工後もクレームが発生し易いものです。職人の技術も必要で、メーカーにとっては使いたくないものです。価格競争や商品の開発で、工務店もそのような建材
を無視するわけには行かず、ドンドン自然素材は排除されて、山は荒れ、大工の技術もなくなり、左官屋は廃業に追い込まれ・・・使うにも使えなくなってしまいました。

しかし、この自然素材ブームによって多少息を吹き返したのが、山の木と左官、そして大工です。私の仕事には欠かせない人達ですが、ここ20年くらい日陰の身?だった人達にスポットライトが当てられて来ました。まだまだ偽自然素材ブームなのですが、このブームが去った頃、本当の自然素材の時代が来ると思っています。建て主も本物を見る目が出来て、職人も自信とプライドを持って仕事するようになる時代です。あと少しかな?って思ってます。

さて、本題の自然素材ですが、何が良いのか?ですよね。自然素材でも有害なものはたくさん有りますが、先人の知恵で上手に使って、上手に処分して来ました。欠点は手間暇掛かるとか、施工技術が必要とか、今の流通では高いものになっている・・・こんな点ですが、ここ数年のブームのおかげで随分安くなりました。職人も随分復活して来ました。後は本物をしっかりと建て主に伝え、良いものを創るだけです。でも、これがまた大変なんです。大手が作るものは良いもので、安全で・・・と日本人は思うようで、魚屋・八百屋・肉屋が衰退し、コンビニとスーパーばかりになったように、ものよりも会社の信用と宣伝に動かされる時代になっています。魚屋・八百屋・肉屋の努力不足もあったかも知れませんが、これらの小売店主は朝早くから、良いものを求めて市場に出て、自分の目で見て、良いものを仕入れ、自分のお店でお得意さんに会話をしながら販売していました。消費者も良いものの見分け方を教わったり、学んだりして、需要と供給の関係が良い人間関係で構築されていました。今、人を信用しない時代になり、大手を信用し、小売店を排除してしまいました。悪く廻りだすと、何事も上手く行かずに、ごく一部を除いて良質な物を売る小売店舗は無くなってしまいました。今でも商店街で見かけるとホッとします。頑張って!と言いたくなります。

話しが脱線しましたが、家も同じなんです。私達設計者が関わるのはごく
d0021969_2018758.jpg
一部ですが、多くの職人の手で創られるのが『家』です。お店で買うものではなく、一緒に創り上げるものです。自然素材の家はその代表です。まがい物は有っても、本当の自然素材の家はメーカーや営業だけの会社では造れません。是非、本物を見て、知って下さい。

まだ自然素材が何故良いか?言っていませんでしたね。長い間使い込まれ、欠点は徐々に克服され、長く使うには良いものだけが残って来ました。当然、ごみになっても土に帰って、自然を破壊しません。人にも自然にも優しいもの達です。当然、安全性だけではなく、住んでいて快適で、経年変化も穏やかで、楽しめるのが自然素材です。造り手をしっかり選ばなければ偽物になってしまいますが、賢く選んで下さい。まだまだ地球は大丈夫です。いい家も創る人が居ます。

松澤静男/マツザワ設計(NPO法人家づくりの会所属)
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ
by npo-iezukurinokai | 2008-03-08 20:25 | 松澤 静男 | Comments(0)
<< 最後に 魅せる架構 カラースキーム >>