ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

2018年 04月 03日 ( 1 )

新幹線の快適さに納得し、外国人旅行客の多さに驚き

皆さんこんにちは、本日の窓口当番はアトリエアースワーク山下和希です

昨日は大阪府岸和田市にて建設中の保育園建設現場での打ち合わせを済ませ、和歌山には戻らずに大阪市内にある今流行の「ホステル?」と呼ばれるものに宿泊しました。
いつもはビジネスホテルに宿泊するのですが、先月金沢で開催された日本建築家協会(JIA)のセミナーに参加した際、協会が準備してくれた宿泊施設が「HATCHi金沢]
でなかなか面白いなと感じたので、好奇心旺盛な私は今回も同じようなところに宿泊したのです。
が、こちらは宿泊客がほとんど外国からの旅行客。目的は他の宿泊客との交流を求めるのではなく、寝るだけだったので良かったと言うことにします。

起床後、事務局に向かうために東海道新幹線に乗車しました。
新幹線はやはり快適に移動できる日本の宝物だと感じるとともに、私が学生だった頃と比べると速度がとても早くなったしそれ以上に外国からの旅行客の乗車も多く、
到着した東京駅も東京の街も多彩な言語が飛び交い、各種案内表示も外国語。
日本も変わったと感じるのは私だけでしょうか?

よく考えると私が暮らす長野県もスキーシーズンはもちろん、グリーンシーズンも外国からの旅行客が増えていてパンフレットや各種施設のホームページも外国語表記が増えました。

今夜は新宿発松本行きの高速バスに乗車し、安曇野の自宅に帰ります。
明朝は自宅から北アルプスを眺め少しばかりゆっくりとしたいと思います。
d0021969_14391638.jpg
d0021969_14392050.jpg
d0021969_14333443.jpg
d0021969_14301893.jpg
d0021969_14554927.jpg
家内から送信されてきた朧げな本日早朝の北アルプス常念岳。

[PR]
by npo-iezukurinokai | 2018-04-03 14:59 | 山下 和希 | Comments(0)