人気ブログランキング |
ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

2020年 11月 03日 ( 1 )

新しい場所が生まれる

2020.11.3
今日は文化の日ですね。
すっかり秋も深まって、だんだん日も短くなってきました。
昨日窓口当番だったので、ブログを更新しようと思います。
市ヶ谷へ向かう電車の中は、休日と祝日の中日だということもあってあまり人も多くなく、のんびりとした雰囲気が漂っていました。
ただ、全員マスクを着けている事だけが、今までとは違った風景です。これが定着していくのでしょうか。

コロナ禍という状況の中、地元に「新しい場所が生まれる」という活気あるニュースがありました。
今年の8月にプレオープンしていましたが、来る11月6日にいよいよ全館オープンします。
ミュージアム・イベント・ホテル・レストラン・書店・オフィス・神社と多用途の施設群です。
プレオープン期間にあたる先日、建物見学と展示会を観に行ってきました。

JR東所沢駅側からあるいてくると、こんな風景が住宅街の中で突然現れます。
新しい場所が生まれる_d0021969_23134648.jpg
右手にある建物が角川武蔵野ミュージアム(以下ミュージアム)、左手にある建物が武蔵野坐令和神社です。華奢な鳥居、赤い旗にはマンガの名前がずらり。奥にオフィスが見えます。

ミュージアムでは、プレオープンと同時に企画されたこちらの展示(2020/8/01-10-15)が開催されていました。

今回の設計の主旨や、ミュージアムを何故「石」の建築にしたか等の説明がわかりやすく展示されていました。
大地の中からうねりあがってきた岩をイメージしているそうで、花崗岩でくみ上げられています。
使われた石の板材は約2万枚、重さ約1200トン。実物の石の板材の展示もありました。
そして展示自体、ソーシャルディスタンスを意識したものになっていました。
完全予約制というだけでなく、文字が大きくて集まってみなくても良いような工夫がありました。

そして、プレオープン時には未公開エリアだった、「本棚劇場」に行ける人数限定のツアーがあり
運よくチケットが取れたので見に行ってきました。

ここは蔵書を展示しながら保管する場所だそうです。
なかなかユニークなつくりと構成となっていました。

新しい場所が生まれる_d0021969_23310409.jpg
この時はまだ準備中のため、棚にはまだ本が並んでいない状態でした。

全館オープン後の展示も色々と企画されているようです。

また、施設の続きにある東所沢公園内に武蔵野樹林パークという憩いの場所が出来て
夜になるとチームラボのあかりが灯ります。

新しい場所が生まれる_d0021969_23472818.jpg
公園の照明計画も、グレアを感じない工夫があって良かったです。
一日楽しめます。どうぞ、是非お出かけください。




by npo-iezukurinokai | 2020-11-03 18:00 | 太田 陽貴 | Comments(0)