ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

カテゴリ:赤沼 修( 56 )

無双付框引込戸

2世帯住宅の2階階段ホールと2階居間を仕切る引き戸

冬も1階にある薪ストーブと太陽集熱ソーラーそよ風の暖気を2階へ循環させるために開けておくことが多い

そんなお宅に二匹の飼い猫がやってきました

以前飼っていた猫は土地勘があり外へ出ても戻ってきたが、今回は迷い猫を譲り受けたので脱走防止のため2階だけで飼うことに、しかし彼らは引き戸も開けてしまうと言うことで、、、

通風しながら鍵もかけられて必要な時は風除扉にもなる建具を考えました

使い勝手がよく階段ホールトップライトから入る格子越しの光も居間から綺麗と好評のようです

d0021969_09252955.jpg

赤沼修/赤沼修設計事務所


by npo-iezukurinokai | 2019-03-09 23:35 | 赤沼 修 | Comments(0)

しあわせ間取り図鑑

住まい手と建築家のこだわり・工夫を詰めてつくりあげた住まいの事例を写真と間取り図で紹介しています。

間取り図には収納や水廻りのほか置き家具もカラーで色分けされ暮らし方が読み取れます。

事務所から「ハタビヨリ」と「碑文谷の家」が掲載されました。

エクスナレッジより絶賛発売中、書店などでお手に取っていただけると幸いです。>>amazon
d0021969_03433924.jpg

by npo-iezukurinokai | 2019-02-09 23:39 | 赤沼 修 | Comments(0)

金剛さんの器

もう十年以上前から、朝食や一息ついたときに飲むコーヒーは金剛さんの作った陶の器を使っています、陶器なので欠けたりヒビが入ってしまい何代か代変わりしました。二週間程前、久しぶりに金剛さんからこちらに来ていると連絡をもらい、さっそく陶器市がある小金井公園へ、、、

d0021969_03552933.jpg

コーヒーや湯飲みの器の他、大皿、お茶碗、ソース容れ、ぐい吞、一輪挿しと金剛さんの陶の器が会うたびに増えました、手に馴染む器を毎日使える幸せに感謝!

赤沼修/赤沼修設計事務所


by npo-iezukurinokai | 2018-11-25 23:50 | 赤沼 修 | Comments(0)

「直して住む」住宅展@都立大学ハッコウしゃ、のお知らせです

111(木)~4(日)場所は都立大学駅からすぐ、なんとなく懐かしい黄緑色のギャラリー「ハッコウしゃ」にて開催します。今回は参加メンバーがそれぞれよりすぐりの一枚「住まいの記憶」写真にコメントも添えて同時展示、家づくり&家直しのヒントが見つかるかも・・・

d0021969_02264169.jpg

また、4(日)16時から参加メンバーと来場者も交え「リノベーションの裏話&失敗談」をテーマに座談会を予定しております。

お気軽にお立ち寄りください。

詳細はコチラ>>

リノベ頼むなら「リノベーション窓口」まで

赤沼修/赤沼修設計事務所


by npo-iezukurinokai | 2018-10-28 23:18 | 赤沼 修 | Comments(0)

「屋根が壊れてますよ」は要注意!!

先日、知合いの方からこんなご相談がありました。

「近所の屋根修理に来たんだけど、そこからお宅の屋根が壊れてるのが見えたので、、、携帯に写真を撮ってあげる」と言われ屋根に上がり撮影、知り合いの工事業者が居なければ連絡くださいと名刺ももらったそうです。

d0021969_11552869.jpg

d0021969_11511386.jpg
壊れ方が不自然なので名刺の会社を検索したけれど出てこない、住所を地図で見ると普通の住宅地でした。

知合いの工務店に連絡すると同じような相談が他に2件あり近日見に行くとの事、一緒に確認と見積をお願いし、修理工事も大事に至らずにすみました。

知らない人は屋根に上げないよう、注意してください!

リノベ頼むなら「リノベーション窓口」まで

赤沼修/赤沼修設計事務所


by npo-iezukurinokai | 2018-07-29 23:45 | 赤沼 修 | Comments(0)

訪問入浴

在宅介助しながら一緒に暮らす母が2月に心不全で再入院してから3ヶ月、先生も驚く回復ぶりですが以前のようにはいかない事も多くなりました。

d0021969_13063180.jpg

その一つが入浴です、自宅浴室での介助入浴は身体への負担が思いのほか大きかったのですが、訪問入浴は寝た状態で入浴できるのでかなり厳しい状態の時にも利用できました。入浴は単なる清潔感だけではなく単調な日々に気力が戻る効果も大きく、現在は時間を短縮してデーサービスへも通い始めましたが入浴サービスは訪問入浴を利用しています。普段は気に留めないことも一緒に暮らすことで感じられることの多い毎日です。

リノベ頼むなら「リノベーション窓口」まで

赤沼修/赤沼修設計事務所


by npo-iezukurinokai | 2018-05-10 23:04 | 赤沼 修 | Comments(0)

「リノベ-ション展」@新宿OZONE 開催のお知らせです

会期は1128日(火)まで、※水曜休館、新宿OZONE  6F3Fウエルカムプラザにて「リノベ-ション展」を開催中です。赤沼事務所からは「保谷の家」減築リノベーションをパネル展示でご紹介、家づくりの会のメンバー(荒木さん、小野さん、松澤さん、吉原さん)も参加しております。あわせて、そこに採用された建材なども展示中です。

d0021969_01355302.jpg

お近くへお越しの際は是非お立ち寄りください。

詳細はコチラ>>

住まい手の声をニュースで紹介>>

リノベ頼むなら「リノベーション窓口」まで

赤沼修/赤沼修設計事務所


by npo-iezukurinokai | 2017-11-10 23:32 | 赤沼 修 | Comments(0)

「直して住む」住宅展を開催中!

10/4(水)~8(日)まで足立区関原の森・愛恵まちづくり記念館にて、新築とはまた違った魅力的な住まいや暮らしの展示を行っています、毎日リノベーション窓口のメンバーが交代で常駐しご案内いたします。

d0021969_03103319.jpg
会場の愛恵まちづくり記念館も一見の価値ありです。前身の愛恵学園は1883(明治16)年にキリスト教の日本メソヂスト教会の社会福祉施設として台東区に設立され、関東大震災で焼失後、関原の地に再建され築80年以上の時と様々な歴史を経て、現在は地域まちづくりの拠点シンボルとして保存整備し再利用されています。

d0021969_03104540.jpg

ご興味のある方は是非お立ち寄りください。

詳細はコチラ

リノベ頼むなら「リノベーション窓口」まで

赤沼修/赤沼修設計事務所




by npo-iezukurinokai | 2017-10-05 23:45 | 赤沼 修 | Comments(0)

手入れとメンテナンス

本日のブログ担当はリノベーション窓口メンバーの赤沼です。

住まいに限ったことではありませんが普段使うものは手入れとメンテナンスが大切ですね。

先日6年ほど前にリノベーションを行った保谷の家を再訪しました。5月でしたので庭木の新緑が美しく大きく育っていたのにはビックリ、よく手入れされ絵や花が飾られている住まいはとても居心地よいものでした。

気になっているところの点検相談を行い、美しく大きく育った植栽は樹形をたもつよう植木屋さんを手配しご主人も立ち会いながら剪定のコツを掴んでいただくことに。また、朝日が入る窓には光を和らげる和紙のプリーツスクリーンを追加、外壁の塗装はまだ大丈夫そうなので様子を見ることにしました。

d0021969_03175913.jpg

以前別々だった茶の間とダイニング、キッチンは一つながりのLDKに改修。減築で面積は減ったが逆に広々した印象です。

d0021969_03180529.jpg

以前台所が張り出し減築した部分は美しい裏庭に。縁側のようなウッドデッキと軒を作り外壁は水に強いレッドシダーの板貼りに改修。

リノベ頼むなら家づくりの会「リノベーション窓口」まで

赤沼修/赤沼修設計事務所



by npo-iezukurinokai | 2017-08-26 23:13 | 赤沼 修 | Comments(0)

整理整頓

何事も基本が大切ですね、進行中の現場が良く整理整頓されているのでご紹介します。

d0021969_11181273.jpg

ここは収納になる勾配屋根部分で正面上が耐力壁でふさがれています。その上部に横から長物の下地木材、手前から防水シート、作業靴と大工道具もろもろ、その上の梁に固定道具のクランプを利用した作業着掛け、一番奥は大きな手作りの道具箱にハシゴ。

d0021969_11181674.jpg

手前は釘ビス置きの棚と奥に落ちないように合板、裏にはホウキや塵取りの引掛け板。

d0021969_11181979.jpg

ここは仮囲いシート出入口部分、戸締り用のヒモを結ぶための立て板は均等にドリルで穴が開けられていました。

毎日使う道具や場所を工夫し大切にする、見習いたいです。

赤沼修/赤沼修設計事務所


by npo-iezukurinokai | 2017-07-11 23:11 | 赤沼 修 | Comments(0)