ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

<   2005年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

家づくりの会ギャラリーでお待ちしています。

d0021969_7252826.jpg今、午後11時45分、木の家11の設計の追い込み真っ只中。
明日は施主との打合せです。

書きたいこと一杯有りますが掛けないのが残念!
この日曜日(31日)は家つくりの会ギャラリーに窓口当番で1時から5時までいます。

木の家に興味のある方、是非、遊びにいらして下さい。

尚、家づくりニュース8月号で、湯河原の木の家9の見学会の案内が載ります。

横浜から快速アクティー(普通料金)で1時間ほどの距離です。
是非参加下さい。

今日のコラムを書いた人
→NPO法人 家づくりの会所属建築家 野口泰司建築工房/野口泰司

コメント・ご質問等はこちらの掲示板へどうぞ
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2005-07-30 07:25

木と付き合う心構え。その2

d0021969_741986.jpg板材が割れる理由は釘などで固定された範囲で起きた収縮によって生じた応力に木がたえきれなかったことによるか、節や木目や木の育ち方などによって板の広がりのなかの強度が不均一な状態な場合、収縮・膨張時弱い部分に割れが生じます。

こういった、根本原因が解決不能の場合、接着材などで対応してもまた、他の部分に割れが生じます。

割れが機能的に問題なければ、その自然現象を、そのまま受け入れることはできませんか。

人の気も知らないで勝手なことを言って申し訳有りません。

今日のコラムを書いた人
→NPO法人 家づくりの会所属建築家 野口泰司建築工房/野口泰司

コメント・ご質問等はこちらの掲示板へどうぞ
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2005-07-29 07:04

木と付き合う心構え。

d0021969_75202.jpg木は周辺の空気の湿度に応じて、伸びたり縮んだり、時には割れたりする材料です。

そんな特長とうまく付き合う、あるいは問題の無い範囲であれば、おおらかに許していくといった友達付き合いが出来ないとけんかになってしまいます。

うまく付き合うと、その奥深い魅力にほれ込んでいくことになります。

工業製品のようなあまり変形しない材料に対するのと同じ期待をかけると裏切られます。

工業製品は従順ですが、長年つきあうと魅力がうすれていくのと対象的です。

今日のコラムを書いた人
→NPO法人 家づくりの会所属建築家 野口泰司建築工房/野口泰司

コメント・ご質問等はこちらの掲示板へどうぞ
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2005-07-28 07:52

野口です。

d0021969_7552150.jpg今日から私、野口が担当です。

私は、木の家の設計に取り組んできました。
木は唯一自然循環再生する建築材料です。
そんな稀有な特性に着目して、木を主役にして家をつくろう、というのがその主旨です。

木の家に興味ある方、無い方、何か有りましたら、何でもご質問ください。
知っている範囲では有りますが、お答えしたいと思います。

今日のコラムを書いた人
→NPO法人 家づくりの会所属建築家 野口泰司建築工房/野口泰司

コメント・ご質問等はこちらの掲示板へどうぞ
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2005-07-26 07:55

Q&A ウッドデッキについて

Q:チョットしたバルコニーをつけて物干しになるのであれば1Fに便利なデッキを設置したいのです。

出来れば洗濯機を置いている脱衣室から直接つながるデッキ〜延長して洗濯物干すデッキ〜延長して広めのガーデンデッキ、というふうに家の中から直接作業可能な便利なデッキです。

1:一般的にデッキは屋根を付けるなど雨対策(腐食など)するんですか?
2:一般的にバルコニーとデッキでコスト面で安価とされるのはどっち?

宜しくお願いします

A:楽しい場を作るウッドデッキ、希望される方が多いですね。早速お答えします。

1:デッキに屋根をつけるかは、一般的にではなくあなた自身の使い方によります。

洗濯室から直接出られるデッキで、洗濯物も干したまま、気軽に外出あるいは仕事にとお望みなら、屋根は必要ですし、サービスヤードとして便利です。

同様に、ガーデンデッキとしてリビングやダイニングの延長としたい場合も、そこでの楽しみ方によります。軒下の風情を楽しむのか、思いっきり外部とし、アウトリビングとしてしまうかで決まってくるものです。

 建坪の制限もありますからたいていは屋根無しが多くなります。その場合は、一度塗装してから3年目に、その後は5年ごとに塗装すると良いのですが、将来的には張替えも覚悟の上で作るものと考えてください。

2:コストの比較は、設置する場所・広さ・材質・構造等によって違いますので一概には言えないものです。
  
 どのように必要なのか、何にコストを賭けるか等に基準はあり ません。住まう人の生活の中から答えは出てくると私は思っております。

今日の答えを書いた人
→NPO法人 家づくりの会所属建築家 長谷部建築設計事務所/長谷部緑

コメント・ご質問等はこちらの掲示板へどうぞ
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2005-07-23 07:17

ジョン・レノンのポスター  その1

d0021969_6381986.jpg僕の家の壁と事務所の壁に、故ジョン・レノンのポスターが飾ってあります。

この写真のものは自宅のものです。20年近く前に出たものを、あるところで手に入れて、もう20年近く飾ってあります。僕の家族はこれをずーと見ています。イマジンの世界そのものです。

建築家は幸せを社会と人に差し上げる仕事です。それ以外ないと思います。どんな仕事でも同じだと思いますが、その気持ちを持ち続けるためには、優しい家族と社会と人を幸せにするために戦っている仲間がいるのです。

僕はそのよう家族と友人に恵まれました。だから、これからも、頑張らなくてはならないのです。

終わりに、ジョン・レノンのポスターを見続けた僕の息子も、この大変な建築家の世界に入ろうと戦い始めました。僕たちの若い時のように。きっと、彼も社会と人のために戦うでしょう。
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2005-07-20 06:38

ジョン・レノンのポスター  その2

d0021969_6365935.jpgこれがアップです。

今日のコラムを書いた人
→NPO法人 家づくりの会所属建築家 川口通正建築研究所/川口通正

コメント・ご質問等はこちらの掲示板へどうぞ
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2005-07-20 06:37

今日は窓口当番です

d0021969_8475338.jpg梅雨明けの昨日は今までで一番の暑さでした。

次回日曜当番の前に私は今日19日、窓口当番を勤めます。

暑さも思いやられますが出かけてしまえば何とかなるもの、そして家づくりは暑さ寒さもなんのその!と、ばかりは行かないかもしれませんが、元気な方、お待ちしております。

今日のコラムを書いた人
→NPO法人 家づくりの会所属建築家 長谷部建築設計事務所/長谷部緑

コメント・ご質問等はこちらの掲示板へどうぞ

相談窓口当番って?→祝祭日を除く毎日14:00〜18:00(日曜日は13:00〜17:00)、建築家が交代で家づくりの会ギャラリーにいます。家づくりに関する相談や実例の資料、図面の閲覧などに来られた方や、電話での相談に対応しています。身近に建築家と相談できる窓口です。 気軽にギャラリーにお越し下さい。

家づくりの会の設計者(建築家)に依頼するには?→まずは、家づくりの会への「会員登録」が必要です。(年会費:2,000円 入会金は無料)
入会されますと、家づくりの会ギャラリーにて資料閲覧、講座等への参加が可能です。(各講座の受講料は半額・会員限定の住宅見学会に参加できます。1年間 毎月「家づくりニュース」を送付致します)
窓口相談、各種講座参加、事務所訪問等で、気になる数人の設計者と直接話し合ってみてください。
家づくりの会からの営業活動は一切おこないません。
設計者を決めるのはあなた自身と御家族です。皆様の手足を十二分に使って、動かして、ご自分に合った設計者探しをして下さい。
「入会案内」のページへ

NPO法人 家づくりの会ホームページへ
メール→info@npo-iezukurinokai.net
ギャラリー→東京都渋谷区千駄ケ谷1-20-1パークアベニュー205号室
 TEL:03-5771-6051  FAX:03-5771-6052
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2005-07-19 08:52

私は箱が好きです

d0021969_1995875.jpg僕は10代に和菓子の舖に勤めたことがあります。その頃は、いつも、美しい紙箱や木目の美しい杉箱をさわっていました。

そのせいか、箱が好きになってしまいました。これらの箱は、いただいものもありますが僕の好きな箱の一部です。箱は美しいです。

家も美しい木箱かもしれません。正倉院のように。

今日のコラムを書いた人
→NPO法人 家づくりの会所属建築家 川口通正建築研究所/川口通正

コメント・ご質問等はこちらの掲示板へどうぞ
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2005-07-18 19:10

好きな音楽のこと

昨日は、朝から梅雨が明けたような真夏の太陽でしたね。
こんな夜は、クーラーを効かせて水割りを飲みながら、マリア・ジョアン・ピレスのシューベルトに耳を傾けるのが最高です。

最近出た2枚組みのCDです。それにしても、60歳になったポルトガル出身のピレス、ますますの円熟で素晴らしいの一言です。もう一人60になった女流ピアニスト、マルタ・アルへリッチも健在です。

男では、まさに60になったばっかりの、マウリチオ・ポリー二、そして少し前に超えたアルフレード・ブレンデルと現在最高のピアニストは、みな60代なのです。

建築もおそらく同じでわないかと思ったりしています。

今日、pm1時〜5時まで、千駄ヶ谷の事務局に居ます。建築の事、音楽の事その他もろもろ、お気軽にお立ち寄りください、お待ちしています。

あわせて、ギャラリーでは小林 英治さんの素敵な模型展を開催しています。

今日のコラムを書いた人
→NPO法人 家づくりの会所属建築家 アルコーブU/十文字豊

コメント・ご質問等はこちらの掲示板へどうぞ
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2005-07-17 07:35