人気ブログランキング |
ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

<   2007年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

フィンランドチョコ&最中でお茶

今日は現場監理もなくスタッフ全員事務所で仕事。
夜はサッカーの五輪2次予選のTV観戦に備えて、朝早くから懸命に設計に集中していたので、
ちょっと休憩することに。

昨日建主ご夫婦にいただいた、フィンランドのチョコのお土産と立川の最中。気さくで自然体のお二人との打ち合わせは何時も笑いが絶えない。お互いに家に対する思いで夢が膨らむ。
こんな出会いがあるから、イヤなことがちょっとあっても住宅設計はやめられない。
幸せな気持ちになった上、お土産までいただいて。
チョコをいただきながら、昨日の建主とのやり取りをスタッフに話して、午後の陽だまりの中で、ポカポカ、ふんわり甘ーいひと時でした。
d0021969_14212320.jpg

手首のストレッチになっていいかなと思い、2年ほど前事務所でブームとなったダーツを最近また始めました。でも、皆でダーツをやると、ちょっと休憩のはずが2時間くらいアッという間に経ってしまって・・・・・。
d0021969_14213623.jpg


高野 保光/遊空間設計室(NPO法人 家づくりの会所属)
by npo-iezukurinokai | 2007-02-28 17:49 | 高野 保光 | Comments(1)

職人の仕事と建築家

今日は朝から横浜で現場監理、阿佐ヶ谷に帰ってきたらちょうどホームからラピュタが見えた。
スタッフの金子君と3階にある山猫軒でいつもと違うちょっとリッチなランチタイム。
98年に竣工したときより風雨にさらされ、さらに「天空の城ラピュタ」に似てきた。
建物があることで自然が増えていく・・・そんな建築が出来ないかというオーナーの強い思いが表現されている。
淡路の土を使った壁がいい感じだった。
d0021969_14173242.jpg

壁を眺めながら、久住 章さんの仕事を思い出した。
長谷川逸子の湘南台文化センターも、隈研吾の那須歴史探訪館のワラの遮光パネルも、安養寺木造阿弥陀如来坐像収蔵施設の日干しレンガも、青木淳の青森県立美術館もそうだ。
久住さんは建築家のイメージに対し具体的に動き、試行錯誤し、見つけ、作り上げる。

建主と僕ら設計者はもっともっと職人さんに感謝しなければいけない、と思いながら午後の打ち合わせに事務所に戻りました。
d0021969_14174129.jpg

d0021969_14175385.jpg


高野 保光/遊空間設計室(NPO法人 家づくりの会所属)
by npo-iezukurinokai | 2007-02-27 21:06 | 高野 保光 | Comments(0)

復帰しました。

ひょっとしたら、テニスもボーリングも出来なくなるかも・・・という右手の怪我から3ヶ月。
仕事しながらリハビリ、医者からついにテニスOKがでて、昨日、早速ボールを追って走って打った・・・・・・というか打てました。
怪我の前と違って、力が抜けてというか力が入らず、リラックスしてとても気持ちよくボールを打てた気がする。そしてただただテニスを楽しんだ。嬉しかった、前からテニスはやっていたのにこんなことがとても幸せに思えた。
ということで、今週は怪我から復帰した、高野保光が担当です。

夜は札幌で行われているノルディックスキー世界選手権のジャンプ団体戦をTV観戦。長野オリンピックで日本中があんなに盛り上がったのに、今大会はほとんどTVでも放送なし、スポーツ好きの僕には「何でや!」と叫びたくなる状況です。そんな、誰からも見放された中、かろうじてTV中継された昨夜の日本ジャンプ陣の団体3位は、不振を続けていただけにジーンときた。
d0021969_1426545.jpg

先週末は家づくりの会の仲間,安井 正(クラフトサイエンス)さんのオープンハウスに行きました。人の手のぬくもり、手作り感の親しみやすさと、一方では知的で科学的な面をもつ、光をたっぷり取り込んだとても心地よい住宅でした。母屋と2階でつないだデッキスペースは、「場所をリフォームする」安井さんならではの秀逸な提案でした。

高野 保光/遊空間設計室(NPO法人 家づくりの会所属)
by npo-iezukurinokai | 2007-02-26 20:49 | 高野 保光 | Comments(0)

スイッチ

縁があって各地で設計をしていますが、
中には風光明媚な観光地もあります。
実は今も沖縄から戻ったところですが、
他に進行中の計画でも軽井沢や伊豆高原などもあります。

人から見るといいなあと思うかもしれませんね。ついでに観光が出来て・・!
でも僕はどうもダメなんです。仕事のときは何にも見ないし何にもしません。
スイッチが仕事モードに入っていると、仕事以外のことに目がいかないんです。
まっすぐ現場に行って、まっすぐ帰ってきてしまいます。
う~~ん自分でもモッタイナイ!でもそういう性分なんでしょうがない・・・・??!
悩んじゃいますね!

でも(だから?)これがバカンスとなると逆になります。
もう徹底的にリラックスします。
5月に沖縄に今度はバケーションで行く予定ですが、
そのときは本当に楽しみです!!
by npo-iezukurinokai | 2007-02-23 20:59 | 田代 敦久 | Comments(0)

茶室

偶然今2軒の家で茶室の設計をしています。
と言っても室内の茶室で独立したものではありませんが・・。

でも茶室は難しい!!
会には川崎さんという茶室のプロフェッショナルがいらっしゃいます。
どうしても困ったら教えていただけるので本当に心強いです。

会には各方面でそのようなプロがいます。
勿論私たちは住宅設計のプロですが、それでも高いレベルで
分からなかったりして苦労することもあります。
そのような時40人の違った個性を持つプロが
仲間なのは本当に助かりますね。
それもこの会に所属する大きなメリットです!!

明日からそのうち(茶室のある家)の一軒である、
「沖縄の家」に監理に行ってきま〜〜す!

田代 敦久(NPO法人家づくりの会所属建築家)
by npo-iezukurinokai | 2007-02-21 20:24 | 田代 敦久 | Comments(1)

介護

私自身のブログにも書きましかが、
私の両親が同時に被介護者になってしまいました!
まあ2人合わせて160歳以上ですから
不思議なことではないんですが・・・。

廻りではどこかでそのような話しを聞いていましたが、
やはりどこか「上の空」と言った感じでした。
でも自分の身に直接降りかかってくると
その切実さが本当に良く分かりますね。

私は同居していますので余計に色々な意味でも負担が大変です。
実は今の介護制度では、同居人がいると査定がとても厳しいのです。
幸い妻も積極的に介護に参加してくれますので助かっています。

私の母はみち子で父は昇といいますが、それぞれ「みちこちゃん」
「のぼるちゃん」と私たち2人の間では呼んでいます。
子供に帰ったような2人をそう呼ぶことで、すこしでも楽しく世話が
できたらなあと言う発想です。

またせめてこの経験を何か設計に生かしたいと考えている今日この頃です・・

NPO法人家づくりの会会員  田代 敦久
by npo-iezukurinokai | 2007-02-21 12:40 | 田代 敦久 | Comments(1)

おかしな気候

今週は会の暴走族 田代が担当です。

それにしても暖冬ですねえ・・・。
私の家は多摩川のそばにあるのですが、東京川の土手に
立派な桜並木があります。
何とその何本かが咲いてしまいました!!もちろんソメイヨシノですよ!

私のクライアントからのメールでも
先日の雨の日、道路で「かえる」を見たそうです。
あ~ぁ冬眠から覚めてしまったのねえ・・かわいそうに・・・。

あと何年かすると秋ではなくお正月に紅葉の時期が来るそうです。
で2月にお花見!!ですよ!!いったい冬は何時???
日本ははっきりとした四季が自慢でしたが、何時まであるか・・・。

日本の家も冬より夏(暑さ)対策を中心に考えるようになるんでしょうか??
by npo-iezukurinokai | 2007-02-19 14:43 | 田代 敦久 | Comments(0)

時間の経過

わたしは、生活を積極的に肯定するというテーマでつくっています。
ですから、打ち合わせの結果…は暮らしがはじまってから出ます。
d0021969_946255.jpg

カラーコーンと同じ大きさの少年。
工事中の画像です。
先日雑誌の撮影で久しぶりに伺ったら
時間の経過分大きくなってました…。
来年は、少女の部屋を間仕切る工事をします。

いろんな家族といろんなきっかけで
生まれた住宅の時間の経過。ますます楽しみです。
NPO法人/家づくりの会 田中ナオミ
by npo-iezukurinokai | 2007-02-17 10:13 | 田中 ナオミ | Comments(0)

気持ちの良い人になりたい。

家づくりをはじめる時に、なんでも良いから書いてもらいます。
あるクライアントが、書いた言葉。
「気持ちの良い家に住むことで、気持ちの良い人になりたい。」
d0021969_728937.jpg

これは上棟式の日に、その家族が飾りました。
紙皿にクレヨン+色紙で大工さんがんばってね
少女が「みんなで楽しみにしてます」と作文を読みました。
家族が精一杯の気持ちを、作り手に伝えました。

欲しい物がわかったときは、もうすでに手に入っている…んですね。
(NPO法人家づくりの会/田中ナオミ)
by npo-iezukurinokai | 2007-02-16 07:34 | 田中 ナオミ | Comments(0)

母の背中に相談する

d0021969_725457.jpg打ち合わせのなかで、クライアントが言った名台詞です。
娘は母の背中に相談する。」
キッチンを対面型にするかどうか…という話の中で。

「今日ね。あのね…」確かに背中が打ち明けやすい。
正面から構えるよりも、包容力のある背中にね…。
この住宅をつくる大きな根幹となった言葉でした。

画像はその住宅の出入り口土間。
あと数日でお引渡しです。

お知らせ
4月1日日曜日千駄ヶ谷ギャラリーで半田氏と講座をします。
エイプリルフールじゃないですよ。
タイトルは「楽しいキッチン」
さまざまな事例やノウハウとともに、
半田氏と手づくりのお菓子も用意する予定。何つくろうかなあ~。
どうぞ、来てください。
(NPO法人家づくりの会/田中ナオミ)
by npo-iezukurinokai | 2007-02-15 07:37 | 田中 ナオミ | Comments(2)