人気ブログランキング |
ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

<   2007年 06月 ( 33 )   > この月の画像一覧

真正面です。

d0021969_15562219.jpg
『池上の家』の正面ファサード。
開けた隣地越しに背後の公園の緑が垣間見えるのがほっとさせます。
路面の「30」もこの方向からみるとなかなかグラフィカルでgoodです。
杉板の外壁にぽっかり開いた穴の中がビルトイン?ガレージになっています。
高級な住宅街でも後付けのアルミカーポートが街並みを台無しにしていることって多いですね。

水口裕之/水口建築デザイン室
NPO法人家づくりの会所属)
by npo-iezukurinokai | 2007-06-30 16:08 | Comments(2)

月曜日、ギャラリー当番です。

梅雨のころは、アジサイを見ながら、図面を描く日々です。
季節ごとに、花やら草花、鉢植えを変え、気分転換しています。
写真は、作業デスクの上のアジサイです。
d0021969_20482132.jpg
雨の多い季節ですが
月曜日はギャラリー担当で千駄ヶ谷におります。
住まいに関する相談、ズバリお応え致します。
どうぞ、お越しください。

○7月1日 午後2時~6時まで 千駄ヶ谷ギャラリー

濱田昭夫/TAC濱田建築設計事務所
(NPO法人 家づくりの会所属)
by npo-iezukurinokai | 2007-06-29 20:56 | 「家づくりの会」全体 | Comments(0)

ようやく完成

d0021969_1844180.jpg
やっと完成した『池上の家』。
今日はあいにくの曇り空でしたが明日はもうお引渡しなので、自分で竣工写真を撮ってきました。
それにしてもいつも思う電柱と電線の醜さ。電柱を全部引っこ抜いて、同じ場所にケヤキかイチョウでも植えたら美しいだろうな、、と妄想してしまいます。

水口裕之/水口建築デザイン室
NPO法人家づくりの会所属)
by npo-iezukurinokai | 2007-06-29 18:17 | Comments(1)

■建築家アントニン・レーモンド氏のテレビ番組のお知らせ

濱田です。お世話になっている建築家の北澤さんよりお知らせを頂きました。
北澤さんはレーモンドの元で仕事をなさっておられた方です。
アントニン・レーモンドは、日本でも素晴らしい作品を残された建築家です。
皆さんもどうぞ、ご覧下さい。

以下、北澤さんよりお知らせです
-------------------------------------------------------------
NHK総合「プレミアム10 ザ・ロード~わたしの旅」
6月28日(木)午後10時40分~50分 予告放送
6月29日(金)午後10時~11時30分

午後10時40分から北澤興一が軽井沢スタジオの説明とインタビューに
答えております。

NHKが2日間にわたって撮影したものを、放送されますので是非ご覧ください

昭和モダン「外国人建築家の足跡を訪ねる旅」と題して、
日本で活躍されたアントニン・レーモンド氏とブルーノ・タウト氏の
足跡をたどるテレビ番組がNHKで放送されます。

アントニン・レーモンドは(1888~1976)、
1919年帝国ホテル建設のためフランク・ロイド・ライト氏と来日。
1973年日本を去るまでアメリカの建築技術や新しい材料を日本に導入し、
創造的で意欲あふれる作品を設計した建築家です。
私が1962年から10年間、師事した恩師でもあります。
この間の夏は軽井沢アトリエで恩師のもとで仕事をして、
帰国の際、アトリエを譲り受けて今日まで大切に保存し、使用しております。
-------------------------------------------------------------
濱田昭夫/TAC濱田建築設計事務所
(NPO法人 家づくりの会所属)
by npo-iezukurinokai | 2007-06-27 15:22 | 「家づくりの会」全体 | Comments(0)

長野の大工さんと

 今日は朝から一日がかりで長野に行ってきました。セカンドハウスを計画中で長野の大工さんと見積りの調整をするためです。
 東京は朝からはっきりしない天気で実は竣工現場の撮影も今朝予定していたのですが建主さんにお願いして引越前日に撮影させていただくことになりました。しかし中央道の談合坂を過ぎてトンネルを通過するごとに天気がだんだん良くなり、長野は晴れ間!暑かった・・・。

 見積り調整もほぼ考えていた通りに進み(!)大工さんと跡継ぎの話に。息子さんは見事に後継者として活躍されているがお孫さんは女の子ばかりだそうで「あと一代かな、お婿さんかな?」。加えて長野でも「木にこだわって」などという建てぬしさんは減り簡単便利なメーカープレファブがほとんどだとか・・・これはため息の話。もう少し時代が動くと我々逆に貴重な存在になると思うんだけれど・・・とこれは笑顔な話。でもわれわれものづくりの立場からは非常に深刻な話。
 帰りにご自宅の畑で育てた天然苺と天然ワラビをお土産にいただいて帰ってきました。

         松本直子/松本直子建築設計事務所(NPO法人 家づくりの会所属)
by npo-iezukurinokai | 2007-06-26 21:05 | 松本 直子 | Comments(1)

ひさしぶりの連休

 今日土曜日の山梨行きが中止になり、ずいぶんと久しぶりで土日連休です。
西郷村の山荘へ行こうとも思ったのですが、子供たちが忙しく断念。午後になって自宅から徒歩10分の事務所の生き物たちが気になり、ここへやってきました。(というか、ブログの更新に来た)

d0021969_18593372.jpg金魚たちにえさやり。
d0021969_18595970.jpg食材のハーブに水やり。
d0021969_1902418.jpg
d0021969_1904098.jpgそしてなにか分からない植物たちにも水をやり、せっかく来たので一仕事したらもう夕方。暑い暑い。冷蔵庫のビール飲んで帰ろう。

松原 正明/松原正明建築設計室 (NPO法人家づくりの会所属)
by npo-iezukurinokai | 2007-06-23 19:07 | 松原 正明 | Comments(0)

お昼ごはん

 今年の1月から事務所のお昼ご飯は当番制で毎日つくっています。
まかないをやるのはアトリエ系の設計事務所には多いのですが”料理が作れないと良い設計は出来ないよ”と、どこからともなく言われ”そんなものか、やってみる?”と所員と相談して始めました。そして半年。なんとか続いていますが、僕はといえば、ずるして週一の蕎麦打ちで勘弁してもらっています。

d0021969_1725713.jpg

 今週は月曜シェフ樋口、火曜は打ち合わせで外食、水曜と木曜は現場で外食。(外食が多いですね)そして今日、出番がきました。浅科のそば打ち師匠から自家製そば粉を分けてもらい10割で打っています。それなりに美味しいと思うのですが、そろそろ別な料理もやらないと二人の所員から不満がでてきそうです。”焚き火とダッチオーブンがあればまかしとけ!”なのですがそうもいきません。フランス料理の本でも買ってくるかな、、、まてよ三人で食費一日500円以内だぞ。
松原 正明/松原正明建築設計室(NPO法人 家づくりの会所属)
by npo-iezukurinokai | 2007-06-22 17:05 | 松原 正明 | Comments(0)

現場にて2

 今日は朝から東北道を北上して那須の週末住居の配筋検査に向かう。朝8時に東京を出た時には晴れていましたが、10時の那須到着時には霧が立ちこめていました。ちょうど検査が終わった11時過ぎから急に雨が降り出したため午後予定していたベースコンクリート打ちは延期に。

d0021969_762180.jpg
  その後大工さんとnasu cafe shozoで打ち合わせしたのですが、この大工さんの声が大きい!。周りにいた方ごめんなさい。
 cafe shozoは15年以上も前に黒磯の木造2階の店に行ったきりでしたが、独特な雰囲気のある店です。今では数店舗持つ那須では有名な店になってしまいました。こんどは森の景色でも眺めてゆっくり美味しいコーヒーをいただきたい。

松原 正明/松原正明建築設計室(NPO法人 家づくりの会所属)
by npo-iezukurinokai | 2007-06-21 22:04 | 松原 正明 | Comments(0)

現場にて

朝から町田の現場へ。この家はうちの事務所ではめずらしく太陽熱による床暖房ではなくサーマスラブという土壌蓄熱式の暖房方式を採用して、ソーラーサーキット風に空気を動かします。今日は枠回りの打ち合わせとキッチンをつくる家具屋さんとの打ち合わせでした。
d0021969_16233954.jpg
大判(A3の貼り合わせですが)の図面の前で打ち合わせ。現場ごとに1/10〜1/5の枠回り詳細を書いています。これをもとに大工さんの知恵も借りながら現場ごとに工夫して納めていきます。毎日現場にはりついているわけにはいかないので”こうしたい”という思いを伝えるにはやはり図面が一番なのです。
d0021969_16563226.jpg
帰りに遅いお昼でスパゲティとピザの店に入るとちゃんとピザ釜で焼いていました。しかも人口薪ではなく上等なナラの薪で。この暑さなのに炎を見ていたら薪ストーブを焚きたくなってしまった。

松原 正明/松原正明建築設計室(NPO法人 家づくりの会所属)
by npo-iezukurinokai | 2007-06-20 17:07 | 松原 正明 | Comments(0)

スロープのある家

 昨日は一日デスクワークでしたが、今日はスタッフと共に軽井沢に建てる週末住居の設計打ち合わせに出かけました。場所は施主さんが住む町屋。路面電車が走り下町の雰囲気が残る町です。ここではお昼の打ち合わせが多く今までにウナギ、天丼、インドカレー。そして今日はカジュアルなフランス料理屋さんのランチでした。それぞれが施主さん推薦の美味しい店で、設計が完成する頃には町屋の食通になれそうなくらいです。

d0021969_19231840.jpg限定8食の牛丼を注文した。さすがフランス料理。きれい。

 軽井沢の家は愛犬のミニチュアダックスフントと共に家族で週末を楽しみ、時には仕事もするという設定。ダックスフントは階段を使えないが、一.二階を自由に行き来できるようにして欲しいとの要望から階段に代わるスロープを計画しています。スロープのある家はコルビジェ設計の住宅と軽井沢にあるレイモンドの”夏の家”が有名です。”夏の家”は現在ペイネ美術館として使われており、実際に行ってスロープの感覚を味わうことができました。”夏の家”とほぼ同じ勾配に決め屋根はスロープに沿うように上げていきます。スロープを生かした設計ができれば良い家になるはずです。

d0021969_1926044.jpg

松原正明/松原正明建築設計室
by npo-iezukurinokai | 2007-06-19 19:31 | 松原 正明 | Comments(0)