ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

<   2007年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

週末日記

28日土曜日、昨晩は小田原の実家へ行っていたので午前中に移動して帰宅.午前九時だというのに東名高速の下り線は東京料金所の手前から大和トンネルまでぎっしりの渋滞.夏休みが始まったんだなという感じです.午後は新築住宅の打合せで横浜、妙蓮寺へ.一つの敷地を二つに分けての計画なので二件分の打合せでした.3時から6時30分まで、二件分なのでここの打合せはいつも長くなってしまいます.

29日日曜日、午後2時半から鎌倉の生涯学習センターで工学院大学の三年生が行った課題の発表会でした.昨年からの試みなのですが課題の敷地を鎌倉に設定してその課題を地元の建築家や役所の人に見てもらい意見をいただく事にしています.やはり、学校の講評では聞かれなかった地元ならではのご意見をたくさんいただき、学生だけでなく先生方もまた新たな目で見ることができました.課題は「鎌倉にふさわしくない建物や場所を選び更地にし、そこに一年間限定の仮設物を設ける」と「向こう三軒両隣、合計六件の住宅を設計する」でした.学生もこの課題で初めて鎌倉に足を運んだ人も多く、また今まで入ったことのある学生も路地、街並みという新たな視点で観察できたのが良かったようです.
講評会の後は皆で仮設建築物見学に海まで行き、ビールで乾杯してから帰路につきましたが駅に向かう途中で豪雨にあい、皆びしょぬれ状態になってしまいました.
学生にとっても他の大人に分かりやすく説明するという新たな挑戦となり、勉強になったようです.来年以降も続けていきたいと思っています.
d0021969_14243239.jpg


諸角 敬/スタジオA(アー)(NPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2007-07-30 14:26 | 諸角 敬 | Comments(0)

大変でした!!

25日水曜日は夕方に見積もりを出すため、図面を揃えるのに大変でした.見積もり用の図面作成と実施図面のアップはいつも大変なのですが、今回は前にも書いたように確認申請の手続きが複雑になったため、よけい大変だったというのが実感です.
しかも悪いことに一ヶ月前に約束していた富山から見えるお客さんが午後に見えることになっていてその準備もしなくてはなりません.

当然前の日はスタッフは徹夜.夜12時半まで仕事をして朝は4時からスタートというのが私のスタイル.このスケジュールで働いていると継続的に続けられますので.
それにしてもオヤジになったのか、何時に寝ても4時頃になると目が覚めてしまうのですね.
最近は夏至が過ぎたこともあり日が短くなり、5時前になってしまうこともあるのですが、目覚ましなしでも目が覚めてしまう!
新聞屋には特別に交渉して4時に配達に来てもらうようにしています.

水曜日に見積もりを出した後は土曜の打ち合わせようの図面作成と訂正にかかって休む暇無しです.、夜は10時に上がり、サッカー観戦.12時過ぎまで果たして起きていられるか??
と思ったら激戦で目が離せず、ついに最後まで見てしまった.でも久しぶりのテレビ観戦だったのに結果は負け.その後寝ようと思ったのですが興奮してなかなか寝付けず、ビールなど何本かいただいて寝ることにしました.

木曜日は一日図面書き.老眼のためか小さな文字が読みにくくなってきているのですが、その点PCはいくらでも拡大できるので良いかも.
横浜のS邸は現在現場進行中.もともとお父様の持っていた敷地を分割して現在となりは積水ハウスで建てているのですが、となりの現場の地中からガラが出てきたと文句の電話.建物取り壊し、擁壁工事と別々の会社が請け負ったため、現在犯人捜しの最中です.

祐天寺に狭小住宅を計画中ですが、周りの地盤データを調べてもらったところあまり芳しくない様子.ローム層の上にのっけてしまう予定だったのですがシルト層という柔らかい地層がありそうだと分かり、今日構造の人と相談し地盤検査の方法を含めて検討をお願いしました.

諸角 敬/スタジオA(アー)(NPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2007-07-27 09:47 | 諸角 敬 | Comments(0)

アネハ事件の余波

アネハ事件は皆さんご存じでしょうが、その余波で現在設計業界はえらく大変な事になっています.
6月20日に新法が施行され、新しい厳しい構造基準で審査されることになったのですが、肝心な構造基準の指針がまだ出ておらず、役所によっては確認申請の受付を行っていない状況なのです.
どうも、国交省の上の方で現場の状況が読めていない人が「とにかく厳しく審査しろ!」と言ったのではないかともっぱらの噂です.
納まりの関係で窓の位置がずれただけで確認申請出し直し、その間工事はストップ、となるようですよ.
どうぞ、ご不満の方、また逆に役人側からの意見もいただきたいと思います.
諸角 敬/スタジオA(アー)(NPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2007-07-24 13:45 | 諸角 敬 | Comments(0)

清瀬の家 見学会のご案内

d0021969_1441069.jpgd0021969_1441949.jpg


●日  時:7月28日(土)14時から16時半
●見学場所:東京都清瀬市
●集  合:現地集合または、清瀬駅北口13時30分に集合。
       (参加申込者に後日案内図をお送りします。)
●参 加 費:無料
●定  員:特に無し
●申  込:マツザワ設計事務所まで
        メール smat@aa-mat.net 又は FAX048-885-8219でお申込み下さい。
●設計監理:松澤静男/マツザワ設計

※建主さまがお住まいですので、汚したり傷つけたりしないように、十分ご注意下さい。
※詳細はマツザワ設計HPでご確認下さい。




東京都清瀬市の埼玉寄り、保全林(コナラほか)に面した分譲敷地4区画の1つがこの家の敷地です。敷地決定に際しては建築条件を外す必要がありました。また、奥の価格的に購入可能な2区画の内、どちらを選ぶか?も大切な仕事でしたが、ご夫婦が車も大好きで2台分の駐車スペースも大切な条件でしたので、奥から2番目の敷地に決定しました。それにより雑木林を南に抱える事になりました。奥の敷地は東と南が雑木林です。

南北に細長い敷地で、北道路。普通は北に建物を寄せて、南に庭を設けるのですが、ここは特殊な敷地。保障されている訳ではありませんが、恐らくずっと雑木林が保全されるであろう敷地なので、南はバルコニー分空いているだけで、窓の前は直ぐに雑木林です。北と西の空いた部分は駐車スペースです。また北側斜線という、普通なら厄介な高さの制約が有りますが、北側を空けたため楽々クリアーです。(実は楽々では無く、ギリギリまで使いました。)

こんな敷地に超ローコスト住宅の計画が始まりました。敷地を埼玉のはずれに求めればもっと住宅に予算が掛けられますので、そのように勧めたのですが、東京の自然を残した「清瀬」が良い・・・これで、超ローコストの決定です。

まねをされると困るので、工事費は書きませんが「よくぞ頑張った!」と褒めてあげたい私と工務店です。何故、マツザワ設計に依頼をしたか?見学会で聞いて頂ければ分かるのですが、埼玉の木を使っている+自然素材を使って健康的な住宅を・・・恐らくそんなところから始まったのでしょうが、いつものマツザワ設計仕様ではとてもとても出来ませんでした。漆喰の壁は石膏ボード仕上げ?、梁材は杉や松じゃなく、いつもは使わない米松、集成材や外材もいろいろと、断熱は外断熱が標準仕様ですが内断熱に変更、お風呂もユニットバス・・・いつもはやりたくない、やらないことをたくさんやりました。

でも、こだわりを捨てた訳ではなく、苦労して苦労して、みんなで無理をしながら創り上げて行きました。建て主も無いなりに予算を工面し、工務店もいろいろ知恵を搾り出しながら、利益を減らしながら、私は・・・時間を使いましたね。知恵も出しました。

でも、出来上がったら「軽井沢気分」の木の家完成です。まだまだ手を加えるところがたくさん残っていますが、それは今後の楽しみとして・・・。いさぎよいローコストは気持ち良いものです。夏の虫と冬の枯葉対策は必要かも知れませんが、最高の家になりました。
是非ご覧下さい。まだ住み始めたばかりで片付いていませんが(私が言う事ではありませんね。)夏の清瀬を感じて下さい。

松澤 静男 / マツザワ設計 http://www.aa-mat.net
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2007-07-23 14:08 | 「家づくりの会」全体 | Comments(0)

一週間日記.第一日目.上棟式

今週一週間担当します諸角です.よろしくお願いいたします.
今週は建築家の仕事を日記風にアップしていきたいと思っています.
最初は週末にあった出来事からのお知らせです.
週末はS邸の上棟式がありました.
擁壁があったので計画段階で役所に相談に行きやり直さなくても良いと返事をもらっておりましたが、施主の「きちんとした物を子供の世代に引き継ぎたい」という意見もあり、結局擁壁をやり直してからの出発になりました.擁壁のやり直しは高さが4mあったため建物より高くなってしまいましたが、何とか予算もクリアー.
ここでクリアーできない人が多いと思いますので、これから敷地を購入しようと思っている人は擁壁があったら要注意です.擁壁に対しての取り扱いは各自治体によってかなり違うので、事前に役所へ行って確かめることが必要でしょう.
d0021969_1121362.jpg




諸角 敬/スタジオA(アー)(NPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2007-07-23 11:29 | 諸角 敬 | Comments(0)

パイナップル&マンゴー

d0021969_1517398.jpg最後にお奨めのお茶を紹介します。無印良品で売っている「旬の素材の限定品」と書かれたフルーツティーティーバッグ「パイナップル&マンゴー」10個入り¥294、ダメ元で買ってみたら大当たり!限定品と書かれているので先週もう一度行って棚一列を買い占めてきました。お湯を入れると綺麗なピンク色になってアトリエ中が甘酸っぱい香りになります。口の中がさっぱりして仕事がはかどりますよ!










鎌倉市材木座 森 博/森ヒロシ建築設計所(NPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2007-07-22 18:00 | 森 博 | Comments(0)

プロフェッショナル

「親切第一」群馬の鬼師。会の徳井さんに紹介してもらい群馬の瓦職人に会いに行った時の写真。
d0021969_14443165.jpg
毎週火曜日に放送されるNHKの「プロフェッショナル」を楽しみしている方は多いと思いますが、先週は清水寺・経堂の鬼瓦をつくった鬼師でした。タイトルの「人事を尽くして、鬼になる」なんてもう痺れまくりでした。毎回誰が出てきても最後の「プロフェッショナルとは、、」に感動する単純な頭、この他「トップランナー」、民放の「情熱大陸」も大好きです。一つ前に投稿した写真の薪ストーブは、BSのころのプロフェッショナルで紹介された長野の児玉さんが製作したもの。9mmの鉄板を自在に操る鍛冶屋さんです。7月31日は以前家づくりの会に来ていただいた左官の挾土秀平さんです。

鎌倉市材木座 森 博/森ヒロシ建築設計所(NPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2007-07-22 17:15 | 森 博 | Comments(0)

確認申請

d0021969_14335237.jpg先週はバタバタしていて投稿をさぼってしまいました。金曜日、6月20日の法改正後初めて確認申請の受付に行ってきました。事前に友人からチェック項目など情報は得ていたので書類・図面とも完璧と思って行ったところ、構造設計者の一級建築士免許証のコピーだけがなかったために不受理!やれやれでした。土曜日は朝早々に薪ストーブの煙突が届き、これを持って9時から現場で打合せ(足場の解体中で建物の全貌が現れる)、その後アトリエに戻って設計の契約(これは嬉しい!)、午後は設計中の家の見積もりの提出日(初めての工務店は大幅オーバーでガックリ)、その後初めての方が相談に見える(3時間も話してグッタリ)、最後に全てのメールに返信をして、黒パグと近くの酒屋に行き、畳屋さん達と生ビールを立ち飲みして一日が終了。


初めて図面を描いて製作してもらった薪ストーブ

鎌倉市材木座 森 博/森ヒロシ建築設計所(NPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2007-07-22 14:30 | 森 博 | Comments(0)

二丁差

d0021969_19485149.jpg高知の土佐打刃物を扱う西山商会から鉈と鋸がセットになった二丁差が届きました。いつも借り物を使っていましたが、とうとう買ってしまいました。3年前から横須賀・三浦地区の林業協会のメンバーになっていて、植林や枝打ちを手伝っています。ちょっとだけ足手まといのこともありますが。今年の春は拙宅に使った逗子の山の枝打ちをし、この山の四分の一程度の手入れをしてきました。秋には一気に全部枝打ちをしてしまうつもりです。そのあと続けて間伐までする予定で、初めてチェーンソーを使って伐採をさせてもらう約束をしています。県産材の利用も「看板に偽りあり」の話しばかりでしたが、来週は床板に加工をして売り出すための打合せがあります。今度こそ形にしたいと思っています。





鎌倉市材木座 森 博/森ヒロシ建築設計所(NPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2007-07-18 20:00 | 森 博 | Comments(2)

ワークショップ

d0021969_18542916.jpg昨日作った段ボール模型を使って3家族の建て主さんたち7人と配棟計画のワークショップをしてきました。みんなで模型を取っ替え引っ替え向きを変え、ハサミで切り刻み、セロテープで付け足し、5時間掛けて共通の認識が持てるまで話し合いました。建物の間を抜ける風の通り道や大仏の山の景色、花火の見える方向、路地から見える江ノ電。子供の頃住んでいた奥さんとサラリーマンのご主人、またその逆の家族たちの意見をまとめるのは至難の業。みんな好き勝手に喋ること!その上、将来子供達に分割できるようにと次々要望が飛び出しました。みんなで手を動かす方法は正解でした。でも鎌倉の景観を大切にしたい建て主さんたちでした。これで基本設計に入れます。やれやれ!



みんなでいじる前の模型、奥の細長いのは江ノ電

鎌倉市材木座 森 博/森ヒロシ建築設計所(NPO法人家づくりの会所属)
[PR]
by npo-iezukurinokai | 2007-07-17 19:00 | 森 博 | Comments(0)