人気ブログランキング |
ブログトップ

”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

iezukuri1.exblog.jp

<   2009年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

はじめてのブログ当番です

BUILTLOGICの石黒です。
今回は、はじめてのブログ当番です。

はじめてなのに、いきなりお知らせをさせて頂ければ、、、、と思います。
今週末、5日(土)6日(日)にオープンハウスを行うことになりました。

「アルミを削りだしたような家」というリクエストに応えるべく、
マッシブな印象の外観に仕上がりました。
内部は、杉の厚板や漆喰の壁など、柔らかい雰囲気になっています。
d0021969_0374058.jpg

時間:10:00〜16:00
場所:横浜市港南区(京急・上大岡駅から15分程度)
施工:株式会社安池建設工業
規模:木造在来工法・2階建・107.63平米(32.56坪)

施工は、小田原の工務店さんですが、二宮でお願いした際に、あまりに気に入ってしまい、
今回は横浜まで来てもらっちゃいました。

湘南方面で計画がある方には、おすすめの工務店さんです。
ご一報頂ければ、地図をお送りします。

石黒 隆康/BUILTLOGIC(ビルトロジック)NPO法人家づくりの会

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ
by npo-iezukurinokai | 2009-11-30 23:59 | 石黒 隆康 | Comments(0)

ieie倶楽部

こんにちは。光風舎の吉原です。

今日は、昨年お引渡しをした家の定期点検。問題は特になく、美味しいケーキを頂きながら住み心地の感想や、これからの外構の相談などを伺いました。完成したら終わりでなく、末永く住いについての相談が出来る。こんなところも建築家との家づくりの良いところかも知れませんね。
d0021969_1844249.jpg

建築家との家づくりを考えられたら、まずはieie倶楽部に登録されることをお勧めします。「家づくりの会の建築家たち」(約80ページ)や「建築家面談コース」家づくり情報など、理想の建築家とめぐり合える様々な機会を設けています。

また、ご希望の方には毎月発行している「家づくりニュース」(1000円/年)の発送も行っています。毎月々、記事集めから発送まで手弁当でつくっている、いまどき希少なニュースですよ。

*今週はじめ、ブログアクセス数が600人/日超えてました・・・・何かあったのだろうか。

吉原健一/光風舎NPO法人家づくりの会
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ
by npo-iezukurinokai | 2009-11-28 18:44 | 吉原 健一 | Comments(0)

散歩道

こんにちは。光風舎の吉原です。
最近お気に入りの散歩コースの景色です。朝仕事を始める前、天気が良いと自転車に乗りついつい遠出してしまいます。ここは世田谷、砧公園の散歩道。道幅はそんなに広くなく、微妙にアップダウン、両端が少し盛り上がり木々に囲まれた中に、所々光が差し込んでいます。なんとも心地の良い空間です。
d0021969_15303189.jpg

「無之以為用」という老子の言葉があります。「空っぽ」こそ大切だというような意味です。散歩道だと囲まれた内側の何もない部分のことです。住まいには部屋があって、私たち建築家は空間などといっています。
最近のエコブームの煽りをうけオール電化、ソーラーパネル、小エネ家電などいろいろと出てきましたが、、、住いがそれらのモノで埋め尽くされてもなかなか心地よい空間とはなりません。

何もない空っぽの部分を如何に考え設計するかにより、住いは心地よくもわるくもなってしまうのです。
吉原健一/光風舎NPO法人家づくりの会
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ
by npo-iezukurinokai | 2009-11-27 15:30 | 吉原 健一 | Comments(0)

家づくりカフェ

こんにちは。光風舎の吉原です。

下のお知らせにもあるように、今年の夏から月に1回第2土曜日に「家づくりカフェ」をオープンしています。
もともとの始まりは、家づくりの会では年に数回大きな会場にて盛沢山の内容で、家づくり講座を行っていて、それはそれで好評なのですが、、、もう少しこじんまりした感じの中で建築家の話が聞けないかとの、建主さんの話がきっかけなのでした。(まぁ飲み会の席でのことですが、、、。)
d0021969_18292434.jpg

「家づくりカフェ」は、建築家が店主となり、お勧めのスイーツでおもてなし、お茶をしながら気軽な雰囲気の中で、お客さんも巻き込んで家づくりについて話し合い考えてゆきます。建主さんどうしの情報交換の場ともなっています。
いろんな情報に惑わされ、家づくりにつまずいてしまったら、ぜひ「家づくりカフェ」に立ち寄ってみてください。素敵なヒントが見つかるかも知れませんよ。

これからのオープン日、@家づくりの会(千駄ヶ谷)、毎回500円(安!)
12/12(土) 「リフォームで快適な暮らしを実現!」
1/23(土) 「木の家の話」
2/13(土) 「要望の伝え方」
3/13(土) 「キッチン・水廻り」
4/10(土) 「使いやすい収納術」
吉原健一/光風舎NPO法人家づくりの会
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ
by npo-iezukurinokai | 2009-11-25 18:30 | 吉原 健一 | Comments(0)

12月家づくりカフェ:リフォーム

d0021969_1475577.jpg

(こちらの申込フォームで)  (NPO法人家づくりの会)  (会場アクセスマップ

山本ミヤ子/(一葉建築アトリエ
菊池 邦子/(㈱テリトプラン

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ
by npo-iezukurinokai | 2009-11-25 14:10 | 「家づくりの会」全体 | Comments(0)

出版のお知らせ

d0021969_16165359.jpgこんにちは。光風舎の吉原です。
npo家づくりの会は、こらから家を建てようと考えている人たちのための家づくり講座や見学会、これから建築家を目指そうといている人たちのための学校など、、、、、所属建築家が自主的に企画をたて活動しています。
そして先日、木の研究会のメンバーが中心となって進めてきた「やっぱり、木の家がほしい!」という本が出来上がりました。家づくりのプロセスやコスト、実例レポートなど充実した内容となっています。今月末ぐらいに本屋さんに並ぶ予定です。

「やっぱり、木の家が欲しい!」(アーク出版)

吉原健一/光風舎NPO法人家づくりの会

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ
by npo-iezukurinokai | 2009-11-24 16:17 | 吉原 健一 | Comments(0)

我が家の椅子 その6 最終回

d0021969_14261182.jpg


こんにちは。クラフトサイエンスの安井正です。
我が家の椅子シリーズも今回で6回目、これで最終回です。

今回は椅子というか脚立なのですが、
台所に置いて、踏み台としてだけでなく、
台所仕事の合間に、ちょっと腰掛けてひと休み・・・
といった具合に使ってもいるので
まあ、我が家の椅子の一つとして取上げさせていただきます。

この脚立、アルミ製の黒い何の変哲もないものですが、
私が自分で手を加えているところがあります。
荒縄を踏み段に巻きつけてあるのです。
グルグルと手仕事で巻きました。

実は、この荒縄巻きの手仕事は、私にとっては思い出深いものなのです。
独立して一作目の住宅をつくっているときに
階段の踏み段を「荒縄まきで仕上げる」というアイデアを思いつきました。
しかし、そんなもの世の中で見たことも無く、お手本も無く、頼める職人もいなさそうなので
自分で巻いて実現しようと考えました。

d0021969_14405492.jpg

この脚立は、そのときにの実験台なのです。
実際巻けるものなのか、
ほどけたり、緩んだりしないのか、
始まりと、終わりの結び方はどうしようか・・・
といった問題を試すために、手持ちの脚立をつかったのです。
実験結果はというと・・・
「案外、なんとかなりそうだ」というものでした。

d0021969_14411466.jpg

そうして実現した階段がこれです。
この住宅は、私が家づくりの会と出会うきっかけともなりました。
もうかれこれ10年以上前のことになります。

この階段も、この脚立も使い始めて10年以上が経ちますが
縄を巻き直すことも無く今日まで使い続けられています。
当初は、数年で切れてきて、巻きなおすようか・・・とも思って覚悟を決めていたのですが
この写真は去年撮ったものですが、まだまだ大丈夫、という感じでした。

安井正/クラフトサイエンスNPO法人家づくりの会所属)

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ
by npo-iezukurinokai | 2009-11-22 14:46 | 安井 正 | Comments(0)

我が家の椅子 その5

d0021969_1416478.jpg


こんにちはクラフトサイエンスの安井正です。
我が家の椅子シリーズも今日で5回目。
まだあります。

今回はウィンザーチェアです。

うちの連れ合いがイギリスに住んでいた時に、
古道具屋で購入したものです。

ウィンザーチェアとは17世紀後半からイギリスでつくられていた椅子で
そのデザインはいくつかのヴァリエーションがあるようです。
この写真のタイプは背の周囲と肘木が曲げ木になっていて
そこが弓状になっていることからボウバック型というそうです。

d0021969_14231486.jpg

背の部分が頭の後ろあたりまで立ち上がっているので
寄りかかったときに頭ももたれかけさせることができ
背の角度もゆるく、また肘木間のはばも広いことから、
かなりゆったりとくつろぐことができます。

d0021969_14262688.jpg

我が家のウィンザーチェアがいつの時代のものかははっきりしませんが、
かなり使いこんで、古びています。
接合部も外れたところを釘で補修したようなところが何箇所かあります。
でも、時を重ねたものもならではの存在感があって
こういう古いものを置くと、空間の質がぐっと高まったような気がします。
長く使いつづけられるものというのは本当にすばらしいですね。

安井正/クラフトサイエンスNPO法人家づくりの会所属)

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ
by npo-iezukurinokai | 2009-11-19 14:33 | 安井 正

我が家の椅子 その4

d0021969_7202367.jpg

我が家の椅子、第4弾です。
今回はトリップ・トラップ・チェア。

小さなお子さんのいる建主さんの家にいくと
じつによく見かけます。
子供の成長にあわせて、座面と足載せの高さを変えられます。
機能がそのまま形になったようなデザインです。

d0021969_7225196.jpg

真横から見ると、2枚のL型の支柱が座板や背板を支えるシンプルな構造。
この椅子はノックダウン方式の製品で、
付属の六角レンチ一つで簡単に組み立てられるようにデザインされています。
組みあがるとかなり頑丈で、子供がよじ登ったりしても倒れにくく、安心感があります。

d0021969_7293918.jpg

我が家は2歳と5歳の子供がいるので、茶と赤の二台使っています。
下の子供が生まれて、違う色にしようと思い、
どうせなら元気の出る色にしようと赤を選びました。
赤い椅子が届いた時には、ちょっと派手すぎたかなぁ・・・とも思いましたが、
慣れてみると、アクセントになって今では赤でよかったなと気に入っています。

安井正/クラフトサイエンスNPO法人家づくりの会所属)

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ
by npo-iezukurinokai | 2009-11-18 07:38 | 安井 正 | Comments(0)

我が家の椅子 その3

d0021969_765739.jpg

我が家の椅子、第三弾は名作椅子として非常にポピュラーな
Yチェアです。

背に寄りかかって脚を伸ばしてくつろいだり、
ほお杖をついて考えごとをしたり、
あぐらをかいてテレビをみたり・・・と
椅子の座ってリラックスするにはとてもよい椅子です。

d0021969_7125865.jpg

Y型にくりぬかれた背板と、ひじ掛けを支える支柱の曲線が
なんともエレガントで美しいですね。
ひじ掛けの支柱が前方に曲がって取りつき、
背板とともに、非常に安定した形で、一本の曲げ木を支持しています。
このあたりのデザインの妙が、Yチェアならではの安心感のあるくつろぎを生んでいると思います。

d0021969_7213474.jpg

しかし、このYチェア、
我が家では、先のヤナギチェアがやってきてから、
ダイニングチェアの役から降板させられてしまいました。
「姿勢を正して食事するには座りにくい」と連れ合いがいうのです。
なるほど、意識してみると膝の少し上、ももの後ろ辺りが当る感じがあって
しっくりしません。
写真で見るように、長大作の椅子と比べても、座の前の部分が1.5cmほど高い。
なるほどこれが原因か・・・。
そういえば、Yチェアは日本人の体格にはチョット高すぎるという話を思い出しました。
それを言った人は脚を少し切って短くしたということも・・・。
いっそ脚を切ろうか?と連れ合いに話すと、
絶対反対!!!
オリジナルのプロポーションが崩れ、価値が下がるというのです。
なるほどそういう考えもあるなぁと。

あらためて、脚を伸ばしてふんぞり返ってみると、この高さで座の横木があるおかげで
おしりが引っかかって、ズルズルと落ちずに安定することを発見。
そうか、Yチェアはチョットだらりんと姿勢を崩してくつろぐの向いている、
と認識を新たにしたのでした。

安井正/クラフトサイエンスNPO法人家づくりの会所属)

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ
by npo-iezukurinokai | 2009-11-17 07:42 | 安井 正 | Comments(0)